【薫風武装】

《薫風妖精コートニー》及び《薫風の面 ニャス》能力で複数の文明マナ武装を利用するデッキ

薫風妖精コートニー R 自然文明 (2)
クリーチャー:スノーフェアリー 2000
自分のマナゾーンにあるカードを、すべての文明のカードとして扱う。

薫風の面(コートニー・スタイル) ニャス P 自然文明 (3)
クリーチャー:ビーストフォーク號 3000
自分のマナゾーンにあるカードを、すべての文明のカードとして扱う。

理英雄 デカルトQ(キュー) VR 水文明 (7)
クリーチャー:クリスタル・コマンド・ドラゴン 7000
ブロッカー
マナ武装 7:このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンに水のカードが7枚以上あれば、カードを5枚まで引いてもよい。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、手札を1枚、新しいシールドとして、自分のシールドゾーンに裏向きにして加えてもよい。そうした場合、自分のシールドをひとつ選び、手札に戻す。ただし、その「S・トリガー」は使えない。
W・ブレイカー

《薫風妖精コートニー》または《薫風の面 ニャス》バトルゾーンにあれば、自分のマナゾーンカードは全ての文明を持つ扱いとなり、あらゆる文明マナ武装が使えるようになる。

この2枚を8枚体制にすることによって、安定してバトルゾーンに維持することが可能。マナ武装《フェアリー・ミラクル》によって、大幅なアドバンテージを稼ぎ、マナ武装を持つカードでフィニッシュを決める。

キーカードが存在する自然を中心に、のいずれかをタッチで投入する形となる。

また、頻繁にマナが加速されることもあり、重量級ドラグナーを何枚か入れるのも面白い。

主要カード

マナ武装の候補(クリーチャー)

マナ武装の候補(呪文)

マナ武装でない、マナの文明を参照するカード

《スペース・クロウラー》条件が揃えば山札の上5枚から手札補充
《斬撃虫ブレードワーム》条件が揃えば相手を-5000
《極楽!オンセン・ガロウズ》条件が揃えばボル白?に劣らぬ性能に
《必殺!絶対絶望!!》条件が揃えばドロー、ハンデス、除去を同時に行える

その他の候補

《未来設計図》軽量サーチ
《トレジャー・マップ》
《熱血提督 ザーク・タイザー》マッドネスコマンド・ドラゴンを手札に
《龍覇 サソリス》ドラゴンが多いので召喚する機会は多い
《古代王 ザウルピオ》サソリスと組み合わせて。ドラゴンが多いので比較的龍解し易い
《龍素解析》手札をシャッフルして4枚ドロー。5枚目のデカルトとして
《インフェルノ・サイン》除去された主要獣をリアニメイト
《地獄門デス・ゲート》
《邪帝斧 ボアロアックス》イメン=ブーゴ等との併用で全文明のコスト5以下のクリーチャーをマナゾーンから踏み倒し可能。龍解すれば更に展開力アップ

このデッキの使い方

《薫風妖精コートニー》《薫風の面 ニャス》を出し、その後《フェアリー・ミラクル》《奇跡の面 ボアロジー》マナブースト

マナ武装5のカードで相手クリーチャー除去しながら、マナ武装7を持つクリーチャーに繋げていく。

真っ先に出したいのが《理英雄 デカルトQ》。5枚ドローのおかげでマナブーストで減った手札を一気に回復し、さらなる展開が可能。こうして順当に7マナを貯めたら、状況に応じてフィニッシャーを選択する。

等々、状況に対し柔軟な対応ができる。

自然文明特有のマナ加速により、他のデッキよりも早く重量級ドラグナーを展開できるメリットも存在する。

そもそも、【薫風武装】でやっていることは、「あらゆる文明を総動員させること」の延長線上であるので、【5色デッキ】の持つロマンを備え、テンプレに縛られないデッキ構成ができ、それでいてコンボデッキとして純粋にパワーと可能性を秘めている。
また、主要カード以外であれば、カード資産に合わせたフィニッシャー選びができる。
素人から玄人まで使って楽しいデッキである。


弱点

システムクリーチャーに依存するデッキなので、《薫風妖精コートニー》《薫風の面 ニャス》を出せないと、途端にデッキが回らなくなってしまう。

パワーはそれほど高くないので、相手の除去には警戒するべき。除去されたらリアニメイトサルベージですぐにリカバリーできるようにしておきたい。


その他

  • コートニー、ニャスさえ出せれば全ての文明が扱えるため、自然文明さえあれば基本的にどんな文明とも組める。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 16:22:10