【五元神】

DM-27で登場した、5連ゴッドサイクルを起用したデッキ

それらのG・リンク形態はこちら→五元神

天神シャイン・バルキリー UC 光文明 (5)
クリーチャー:ゴッド 4000+
ブロッカー
G・リンク《地神エメラルド・ファラオ》の右横または《海神ブルー・ポセイドン》の左横。
このクリーチャーがゴッドとリンクした時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選びタップしてもよい。

海神ブルー・ポセイドン UC 水文明 (5)
クリーチャー:ゴッド 4000+
このクリーチャーはブロックされない。
自分のターンに最初のドローをする時、このカードにリンクしているカード1枚につき、さらに1枚引いてもよい。
G・リンク《天神シャイン・バルキリー》の右横または《黒神ダーク・インドラ》の左横。

黒神ダーク・インドラ R 闇文明 (6)
クリーチャー:ゴッド 4000+
このクリーチャーが攻撃する時、このカードにリンクしているカード1枚につき、相手は自分自身のクリーチャーを1体破壊し、カードを1枚マナゾーンから墓地に置く。
このクリーチャーが破壊された時、他のゴッドを1体、自分の墓地から手札に戻してもよい。
G・リンク《海神ブルー・ポセイドン》の右横または《炎神フレイム・アゴン》の左横。

炎神フレイム・アゴン UC 火文明 (5)
クリーチャー:ゴッド 4000+
このクリーチャーは、タップされていないクリーチャーを攻撃できる。
このクリーチャーは、このカードにリンクしているカード1枚につき「パワーアタッカー+2000」を得る。
G・リンク《黒神ダーク・インドラ》の右横または《地神エメラルド・ファラオ》の左横。

地神エメラルド・ファラオ VR 自然文明 (6)
クリーチャー:ゴッド 6000+
相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーを選ぶことはできない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい。)
このクリーチャーは、このカードにリンクしているゴッド1体につき、シールドをさらに1枚ブレイクする。
G・リンク《炎神フレイム・アゴン》の右横または《天神シャイン・バルキリー》の左横。

リンクすると、例えば次のようになる。

天神シャイン・バルキリー/海神ブルー・ポセイドン 光/水文明 (5+5)
クリーチャー:ゴッド 8000+
ブロッカー
このクリーチャーはブロックされない。
自分のターンに最初のドローをする時、さらに1枚引いてもよい。
G・リンク《地神エメラルド・ファラオ》の右横または《黒神ダーク・インドラ》の左横。
このクリーチャーがゴッドとリンクした時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選びタップしてもよい。

黒神ダーク・インドラ/炎神フレイム・アゴン/地神エメラルド・ファラオ 闇/火/自然文明 (6+5+6)
クリーチャー:ゴッド 14000+
このクリーチャーは、シールドを3枚ブレイクする。
パワーアタッカー+4000
このクリーチャーは、タップされていないクリーチャーを攻撃できる。
相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーを選ぶことはできない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい。)
このクリーチャーが攻撃する時、相手は自分自身のクリーチャーを2体破壊し、カードを2枚マナゾーンから墓地に置く。
このクリーチャーが破壊された時、ゴッドを1体、自分の墓地から手札に戻してもよい。
G・リンク《海神ブルー・ポセイドン》の右横または《天神シャイン・バルキリー》の左横。

天神シャイン・バルキリー/海神ブルー・ポセイドン/黒神ダーク・インドラ/炎神フレイム・アゴン/地神エメラルド・ファラオ 光/水/闇/火/自然文明 (5+5+6+5+6)
クリーチャー:ゴッド 22000+
ブロッカー
このクリーチャーはブロックされない。
このクリーチャーは、シールドを5枚ブレイクする。
自分のターンに最初のドローをする時、さらに4枚まで引いてもよい。
このクリーチャーは、タップされていないクリーチャーを攻撃できる。
相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーを選ぶことはできない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい。)
このクリーチャーが攻撃する時、相手は自分自身のクリーチャーを4体破壊し、カードを4枚マナゾーンから墓地に置く。
パワーアタッカー+8000
このクリーチャーが破壊された時、ゴッドを1体、自分の墓地から手札に戻してもよい。
G・リンク《地神エメラルド・ファラオ》の右横または《天神シャイン・バルキリー》の左横。
このクリーチャーがゴッドとリンクした時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選びタップしてもよい。

大抵は3種類のゴッドで十分。
主に使われるのは《黒神ダーク・インドラ》《地神エメラルド・ファラオ》《炎神フレイム・アゴン》の3枚。この3枚がG・リンクするだけで、攻撃時に相手のクリーチャーを2体除去し、マナゾーンのカードを2枚ランデスし、アンタップキラーアンタッチャブルという驚異のスペックとなる。

G・リンクに成功すれば、《超竜バジュラ》を上回る制圧力に加えアンタッチャブルで並の除去は受け付けない凶悪なフィニッシャーとなる。

デッキカラー《地神エメラルド・ファラオ》が使え確定除去に対する耐性が高くマナブーストが使える黒赤緑と、《海神ブルー・ポセイドン》が使えドローS・トリガーに優れる緑青黒、その2つを組み合わせた以外4型が多い。

以下に、このデッキと相性の良いカードを記載する。(あくまで相性の良いカードであり、必須カードではない。)

主要カード

その他

《炎神フレイム・アゴン》《地神エメラルド・ファラオ》《黒神ダーク・インドラ》G・リンクして殴り始めれば、除去ランデスを放ちながらアンタップキラー制圧していけるので勝利は近い。

よって、スムーズにG・リンクできるような構成を心掛けるべきである。

このデッキの使い方

定番の《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》から素早く《ライフプラン・チャージャー》《ゴッド・ガット》などのサーチカードにつなぐ。
《解体人形ジェニー》ハンデスすれば相手の除去ハンデスを封じることができる。

ハンデスを喰らっても《大地と永遠の神門》《インフェルノ・サイン》などのコスト踏み倒しでバックアップすれば心強いだろう。

マナが貯まり次第、五元神のパーツを順々に出していく。
マナコスト的には《炎神フレイム・アゴン》《地神エメラルド・ファラオ》《黒神ダーク・インドラ》と繋げることができるが、《アゴン》は除去に狙われやすい。

1ターン待って《ファラオ》→《アゴン》《インドラ》と出していくと安全なので、相手によってプレイングを工夫していきたい。

一旦3体のリンクが決まってしまえば、《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》による殴り返しなど限られた手段でしか除去することができず、ほぼゲームセットなる。

このデッキの弱点

この手のデッキの宿命として、【速攻】の相手は基本的に厳しい。この場合、G・リンクを諦めて《憎悪と怒りの獄門》による逆転を狙う方が勝ち筋としては現実的になる。

また、黒赤緑で組む場合は手札が切れやすくなるため、ハンデスの連打を受けると苦しい。今引き状態では完全に引き運に左右されることになる。

3体リンクに成功すれば除去されることはほとんどないが、《ヘブンズ・ゲート》のようなS・トリガーコスト踏み倒しには注意。W・ブレイカーが一度に2体以上出てくるため、守りが手薄なところを突かれて逆転されることもある。

大幅なコスト軽減ができる《暴走龍 5000GT》も怖い相手。除去ランデス墓地が増えたところでT・ブレイカーからこのカードを手札に加えられることもありうる。

しかし、苦手な相手と言えばせいぜいこれくらいであり、ほとんどの相手とは互角以上に戦うことができる。依然として強力なデッキタイプであることには変わりはない。

その他

  • 「輪」になっている時に、勝手に端を変えてはいけない。
  • その強さの割に比較的低予算で組むことができるデッキである。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 22:57:24