【光ハンター】

ハンターを中心に組まれた【クリーチャーコントロール】

光器セイント・アヴェ・マリア ≡V≡ 光文明 (6)
サイキック・クリーチャー:メカ・デル・ソル/ハンター 5500+
ブロッカー
ブロック中、このクリーチャーのパワーは+2000される。
自分のターンの終わりに、バトルゾーンにある自分のハンター・クリーチャーをすべてアンタップする。
《光器シャンデリア》《アルプスの使徒メリーアン》覚醒リンク後⇒《豪遊!セイント・シャン・メリー》

《光器ララバイ》をはじめとしたハンティング持ちのハンタータップキルを行っていく。攻撃後の隙は《光器セイント・アヴェ・マリア》で補えるので隙は少ない。

主に【白青コントロール】として組まれる。ドラゴン・サーガマナ武装によってフリーズを放つカードが登場したので、のみで組むことも十分可能。

デッキ全体のカードパワーは低めだが、なかなか侮れない制圧力を見せるデッキである。

主要カード

ハンターの候補

超次元の候補

その他の候補

このデッキの回し方

の軽量ハンタータップキルしながら相手を追い詰めていくのが基本戦術。

序盤は《剛厳の使徒シュライバー》《双剣の使徒ブレイ》などの軽量ハンターを並べていく。

敵獣のタップには《光器ララバイ》《超次元シャイニー・ホール》を使う。軽量ハンターを並べた後でそれらを使ってタップし、ハンティング持ちのハンターで殴り潰す。
自分のターン中に敵獣がタップするとカードを引ける《閃光娘々プリン》ドローソースとして使える。

殴り返し《光器セイント・アヴェ・マリア》アンタップで封じられるので攻守ともに隙の無い立ち回りが可能。

《無敵城 シルヴァー・グローリー》要塞化すると自分のクリーチャーすべてのバトルに勝つようになるので、ブロッカーが多く入ることもあって手がつけられない状態となる。

フィニッシュには《ダイヤモンド・ソード》《時空の雷龍チャクラ》ダイヤモンド状態を生み出すか、《光器セイント・アヴェ・マリア》《豪遊!セイント・シャン・メリー》覚醒リンクさせて止めを刺す。

もしくは《光器セイント・アヴェ・マリア》を出すのに使う《超次元マザー・ホール》から《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》を出すことも可能。

このデッキの弱点

《閃光娘々プリン》《光器ララバイ》などのシステムクリーチャーに依存しているので、それらを狙われると弱い。

ただし《光器セイント・アヴェ・マリア》ならば出すのに使った《予言者ヨーデル・ワイス》セイバーで守れるので、《爆竜 GENJI・XX》シューティングガイアールならば対処は可能。

しかし、《アポカリプス・デイ》《偽りの悪魔神王 デス・マリッジ》のような全体除去ともなると問答無用で吹き飛ばされてしまうので、それらを使われる前に決着を付けられるようにしたい。

その他

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:00:37