【轟破天九十九語】

マナブースト手札補充による《轟破天九十九語》の早打ちに特化したデッキ。この項ではいわゆる専用構築型について記述する。主に青緑ないし白緑で組まれる。

キングダム・オウ禍武斗 MAS 自然文明 (9)
クリーチャー:グランセクト 14000
マッハファイター
T・ブレイカー
破天九語:このクリーチャーがバトルに勝った時、相手のシールドを9つブレイクする。
轟破天九十九語 MAS 自然文明 (10)
呪文
各プレイヤーは、すべてのクリーチャーを自身のマナゾーンからバトルゾーンに出す。これらのクリーチャーがバトルゾーンに出ることによって起こる効果はすべて無視する。(マッハファイターなどの、そのターンの間働く能力は無視されない)

主要カード

マナブースト・手札補充

《霞み妖精ジャスミン》定番マナブースト獣。自壊するのが《水上第九院 シャコガイル》とはアンチシナジー
《タルタホル》パワー12000のクリーチャーを見せることで1ブースト。運良く終盤まで生きていれば《ユニバース》の種になる
《キング・シビレアシダケ》手札から好きな数タップインでブースト。山札利用メタに引っかからない
《ジャンボ・ラパダイス》山札の上4枚から、パワー12000以上のクリーチャーを手札
《ボント・プラントボ》最大で2ブーストの3マナ呪文
《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》呪文面でマナブーストを行い、クリーチャー面はマナゾーンから《轟破天》で出して《ユニバース》の種に
《フェアリー・シャワー》1ブースト1ドロー。《シャコガイル》のための山札削りにも有用
《コレンココ・タンク》《禍武斗/轟破天》はクリーチャー面を参照すれば手札に加えることが可能。素出しプランを取るなら手札補充も重要
《剛撃古龍テラネスク》汎用性の高い手札補充兼マナブースト
《ドルツヴァイ・アステリオ》大規模マナブーストによってマナゾーンに踏み倒し先を装填
《自然星人》

防御・妨害札

《デスマッチ・ビートル》色が合う上に高パワーコスト踏み倒しメタ
《獣軍隊 ヤドック》序盤はコスト踏み倒しへの牽制。終盤はカウンター封じ
《龍装車 トメイテオ》大抵のシステムクリーチャーマッハファイターで処理
《ナ・ハナキ・リー》《トメイテオ》とは打点、マナブーストで差別化
《ボントボルト》《轟破天》で並べた後殴り返して自分攻撃から守る能力を発動
《タマタンゴ・パンツァー》相手のチャンプアタックを誘うS・トリガー
《終末の時計 ザ・クロック》水の定番S・トリガー獣
《ドンドン吸い込むナウ》手打ちしても捲っても優秀な水のS・トリガー
《Dの牢閣 メメント守神宮》相手メインステップ開始前のオールタップによって相手を妨害。《轟破天》を打ってもすぐに勝てない場合はこれで自軍をブロッカー化してお茶を濁そう

フィニッシャー

このデッキの回し方

序盤はマナブーストや手札補充で体制を整え、10マナ貯まったら《轟破天九十九語》を唱え、そのまま《水上第九院 シャコガイル》《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》でフィニッシュに向かう。

高速のコスト踏み倒し系統に対しては《デスマッチ・ビートル》を立てて対処し、システムクリーチャーは《龍装車 トメイテオ》などのマッハファイターで対処。

フィニッシュが間に合わないと思った場合は《キングダム・オウ禍武斗》《ソイルピンプ・キャベッジ》で早出しして1ショットキルプランを取ろう。

長所

10コストを払えばマナゾーンにあるクリーチャーを何でも出せるほどデッキパワーが高いので、環境に無いようなデッキに対してはマナさえ貯めればカードパワーで押し切れる。

中盤までクリーチャーがあまり残らない(残す必要がほとんどない)デッキなので、相手の除去を腐らせることができる。

短所

良くも悪くも直線的にマナブーストして《轟破天九十九語》を唱えるだけのデッキ、いわゆるフルパワーであり序盤のメタカード対策に乏しいため、各種メタカードには脆弱。デッキの構成上そこそこのコストのクリーチャーで固まるため、【ゲイル・ヴェスパー】と異なり低コストクリーチャーを《Dの牢閣 メメント守神宮》ブロッカー化する戦略も実現困難。

マナブーストメタである《DG 〜裁キノ刻〜》を立てられると《キング・シビレアシダケ》程度でしかマナブーストできなくなる。これに加えて《奇石 ミクセル》が立つとマッハファイターを着地させるのにも難儀する。

呪文メタもキツイ。《タイム3 シド》《奇石 タスリク》などは《奇石 ミクセル》とのセットで出てくるので厄介であり、これらをマッハファイターだけで捌くのは相当の手間がかかる。《古代楽園モアイランド》に至ってはまず退かせないので、諦めて《キングダム・オウ禍武斗》を素出しするしかない。

しかし何と言っても《天使と悪魔の墳墓》に決定的に弱いのが弱点。《水上第九院 シャコガイル》軸の場合はむしろ複数枚マナゾーンに埋まってくれないと円滑なフィニッシュには繋がりづらく、《天使と悪魔の墳墓》を打たれて詰みに陥る危険性と隣り合わせであるというのはこのデッキのジレンマと言えよう。

参考


Last-modified: 2018-12-09 (日) 01:12:07