【黒ランデス】

マナを加速しながら《停滞の影タイム・トリッパー》《英知と追撃の宝剣》で相手のマナを縛りつつ、強力なハンデス呪文《ロスト・ソウル》を打ち込み、フィニッシュするランデスデッキ。

停滞の影タイム・トリッパー R 闇文明 (3)
クリーチャー:ゴースト 1000
相手のカードは、タップされた状態でマナゾーンに置かれる。

英知と追撃の宝剣(エターナル・ソード) SR 水/闇文明 (7)
呪文
マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。
バトルゾーンにある相手のクリーチャーを2体選ぶ。相手はその中から1体選んで自分自身の手札に戻し、もう1体を破壊する。
その後、自分は相手のマナゾーンからカードを2枚選ぶ。相手はその中から1枚選んで自分自身の手札に戻し、もう1枚を持ち主の墓地に置く。

ロスト・ソウル UC(R) 闇文明 (7)
呪文
相手は自分自身の手札をすべて捨てる。

基本的にの4色で構成される。
《停滞の影タイム・トリッパー》《マナ・クライシス》《焦土と開拓の天変》《ロスト・ソウル》のように流れるようなランデス、ハンデスを紡ぐことができれば完璧といえるだろう。

嵌れば相手の行動はほとんど封じられるため、【バキュームロック】のような体制に移行することも可能。

主要カード

《停滞の影タイム・トリッパー》相手の行動を遅らせるシステムクリーチャー
《青銅の鎧》序盤のブースト手段
《フェアリー・ライフ》序盤のブースト手段
《マナ・クライシス》ランデス呪文
《焦土と開拓の天変》ブースト&ランデス呪文
《ロスト・ソウル》大型ハンデス呪文
《英知と追撃の宝剣》除去&ランデス呪文

候補カード

《解体人形ジェニー》ピーピングハンデス
《パクリオ》
《バキューム・クロウラー》恒久的ドローソース、cipの使い回し
《封魔アドラク》マナ回収、バキュームと合わせてのロック
《龍神ヘヴィ》G・リンクによるビートダウン対策、アンタッチャブル対策、フィニッシャー
《龍神メタル》同上、cipでのランデスも
《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》安全にシールドをブレイクするフィニッシャー
《ボルメテウス・レッド・ドラグーン》
《真実の名 ボルメテウス・ゼロ・ドラゴン》
《超竜バジュラ》ランデスを兼ねるフィニッシャー
《緑神龍ミルドガルムス》cipでのブースト&ランデス
《緑神龍ザールベルグ》cipでのランデス
《偽りの王 ヴィルヘルム》cipによる大きなアドバンテージを入れる場合の色合わせ
《破壊神デス》G・リンクによるフィニッシャー
《バジュラズ・ソウル》ATによるランデスを付加するクロスギア
《リアリティ・ヴォイド》間接的だが軽量ランデス
《蒼狼の始祖アマテラス》ドローソースやランデス呪文を状況に応じて
《龍素記号Sr スペルサイクリカ》墓地の呪文を使いまわす

《停滞の影タイム・トリッパー》は、タップして置かれるという間接的なランデスだが、3ターン目に召喚できると相手にとっては非常に厄介。
《英知と追撃の宝剣》を撃ったあとから出しておいても、マナを回復しにくくなり脅威となる。
3ターン目に召喚しても、後攻なら《ローズ・キャッスル》《魂と記憶の盾》で除去される可能性もあるが、1ターン稼いだというポジティブな気持ちで続けよう。

  • DMR-13で登場した《龍素記号Sr スペルサイクリカ》によって《英知と追撃の宝剣》
    や《焦土と開拓の天変》、《ロスト・ソウル》などを墓地から自在に唱え、手札に加えることができるようになり相当の強化がなされた。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 15:12:37