【黒緑ドンジャングル】

《ドンジャングルS7》を主軸としたデッキで、コスト踏み倒しメタ呪文メタ墓地利用メタに強い、マナの伸びるハンデスロックマッハファイター主体のデッキとなっている。デッキ構築論は【黒緑ドルマゲドン】とある程度似通っており、《無修羅デジルムカデ》の登場によって確立した。DMSD-10あたりから流行したデッキタイプ。黒緑タッチする構築が基本。

ドンジャングルS7 SR 自然文明[ジョーカーズ] (8)
クリーチャー:ジョーカーズ 8000+
マッハファイター
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、パワー7000以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
バトル中、このクリーチャーのパワーを+6000する。
相手のクリーチャーが攻撃する時、可能ならこのクリーチャーを攻撃する。

無修羅デジルムカデ VR 闇文明 (5)
オレガ・オーラ:マフィ・ギャング/デリートロン +4000
これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする。)
相手のクリーチャーは、タップしてバトルゾーンに出る。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

主要カード

《ドンジャングルS7》マッハファイターによる除去、攻撃対象固定によるロックコスト踏み倒しなどユーティリティ
《無修羅デジルムカデ》【速攻】系統は大体これによって詰むというほど強力なタップイン能力持ち
《Dの牢閣 メメント守神宮》シノビを採用しない上にウィニーがほぼカットされた構築なので、Dスイッチによるターン稼ぎがメイン

候補カード

《フェアリー・ライフ》自然2コストの定番マナブーストS・トリガーが付いているのが美味しい
《霞み妖精ジャスミン》自然2コストの定番マナブースト【黒緑ドルマゲドン】の場合と異なり攻撃制限も付かない
《口寄の化身/強欲の王国》呪文面は手札からの大規模マナブースト、クリーチャー面は条件付きの大型ドローソース
《口寄の化身》5枚目以降のツインパクト版墳墓避けにもなるが、乱暴な手札消費を嫌うデッキなので、ツインパクト版なしの単独採用もアリ
《龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ》クリーチャー面でマナブーストマナ回収呪文面で除去マナゾーンからの踏み倒し
《ソーナンデス》マナ回収《ドンジャングルS7》へのJチェンジマッハファイターによるシステムクリーチャーの除去など
《スターダム・スタージアム》デッキをよりGR召喚に寄せるなら
《悪魔龍 ダークマスターズ》超天篇の定番ピーピングハンデス
《解体人形ジェニー》《悪魔龍 ダークマスターズ》の下位種
《幽具ランジャ》序盤に除去に使ってよし、終盤に殴り返しのサポートに使ってよしのパワー低下札。予めGRクリーチャーがあれば、召喚ロックなども回避
《魔龍バベルギヌス》墓地クリーチャーリアニメイト。既にバトルゾーンにいるクリーチャーを選んでcipを再利用することも
《真・龍覇 ヘブンズロージア》ドラグハート戦術の要
《光神龍スペル・デル・フィン》相手の呪文ロックさせるフィニッシャー
《時の法皇 ミラダンテXII》《サヴァクティス》をめくって革命チェンジ元に

超次元ゾーン

超GRゾーン

《ギラミリオン・ギラクシー》ほとんど実質4000バニラ扱い
《ヤッタレロボ》《ドンジャングルS7》《ソーナンデス》コスト軽減できる優れモノ
《バツトラの父》S・トリガーで出た《幽具ランジャ》でGR召喚すれば合計2体の攻撃を止められる
《ホッピーホップ》《口寄の化身》を考慮して種族を散らすなら3000バニラであっても採用圏内
《ワイラビIV》オレガ・オーラと種族が1つ重複しているが3コスト4000バニラはGRクリーチャーとして文句なしの水準
《純白の意志 ヴィンチ》《ギラミリオン・ギラクシー》のサポートにもなる3コスト3500バニラ
《煌銀河 サヴァクティス》種族が3つもある5コストパワー3500。名目コストが高く、《奇石 ミクセル》に注意が必要

《口寄の化身》の能力を活かすために、メインデッキのクリーチャーオレガ・オーラとは極力種族が重複しないようにする必要がある

このデッキの回し方

【速攻】に対しては早期の《ドンジャングルS7》着地を目指し、【チェンジザドンジャングル】などのコントロールに対してはハンデスを絡める。【黒緑ドルマゲドン】などの全体除去が軸のデッキに対しては早期に打点を並べて1ショットキルに向かう。

長所

マッハファイターによりシステムクリーチャーの除去はお手の物であり、マナも伸びるので特にコスト踏み倒しメタには強力。呪文も必要最小限なので相手の呪文メタを腐らせることができる。墓地もほぼ利用しないので墓地利用メタも怖くない。

《ドンジャングルS7》《無修羅デジルムカデ》などのロックがあるため、ウィニーによる速攻には強固。

極端な不利が存在しないため、安定して勝つことができる。

短所

【サッヴァーク】などのようにGR召喚によって《無修羅デジルムカデ》のタップインで縛っても処理しきれないクリーチャーを並べるデッキは強いて言えば苦手。あちらのデッキは《ドンジャングルS7》だけでは結局《煌龍 サッヴァーク》cipなどで除去されて突破されてしまう。

《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》《“必駆”蛮触礼亞》のセットによる高パワーでの効果バトルは厄介。大抵の場合《無修羅デジルムカデ》は処理されてしまうし、《ドンジャングルS7》ですら相打ちになる。

【赤白“轟轟轟”ブランド】は相手が後攻だと有利だが、先攻だと速度負けしてしまう。先攻3ターンキルが不利になる速度の基準である。

環境において

明確な不利が【サッヴァーク】程度しか存在しないデッキであり、環境中位から下位の活躍をした。

ところが2019年7月1日の殿堂レギュレーション改訂で【赤白“轟轟轟”ブランド】を始めとする【“轟轟轟”ブランド】系統が消滅し、仮想敵が減ってしまった。さらに、それに伴い【ロマノフシャコガイル】が環境上位に躍り出て、《ドンジャングルS7》の攻撃固定能力だけでは安全に勝てない場合も見られるようになった。

そのため、DMRP-10期にはGR召喚を繰り返して光のドラゴンGRを捲り当て、そこから《時の法皇 ミラダンテXII》革命チェンジする構築が成立した。

青黒緑(あおくろみどり)Q.Q.QX.(キュラックス)

【黒緑ドンジャングル】の派生形で、《Q.Q.QX.》の持つ山札操作妨害能力によるコントロールとの防御札を加えたもの。

元々【ウォズレックバジュラズテラ】への対策として考案され、DMSD-11期に流行したデッキタイプ。

Q.Q.QX. MAS 自然文明 (4)
クリーチャー:グランセクト 4000
5.S.D.:このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドのカードを手札に加えるかわりに、自身の山札の上から4枚目の位置に、横向きに刺す。
相手は、自身の山札の横向きのカードを手札に加えた時、ゲームに負ける。
相手は、自身の山札を見たり、順番を入れ替えたりできない。
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、相手は自身の山札をシャッフルする。
終葬 5.S.D. MAS 自然文明 (8)
呪文
相手のクリーチャーを1体選ぶ。相手はそれを、自身の山札の上から4枚目の位置に、横向きに刺す。
このカードをバトルゾーンに出す。

主要カード

候補カード

このデッキの回し方

序盤はマナを伸ばしつつ《デモンズ・ライト》ハンドアドバンテージフィールドアドバンテージを取る。その後、《Q.Q.QX.》で相手のシールドを山札に刺し、相手をロックハンデスでそのまま山札に刺したカードを引かせるまで粘る。

長所・短所

安全な勝ち筋を持つという意味では元の【黒緑ドンジャングル】よりも強力。

防御力も元の型より高い。

一方、元の型でタッチで加えた光のカードが入らないことから、呪文ロックブロッカー化、タップキルによる戦術は取れない。

山札見ることや表向きにすることがないデッキには《Q.Q.QX.》が刺さりづらく、3ターンキルを目指す速攻にも対応しづらい。

参考