【黒緑速攻】

自然の2色で組まれた【速攻】デッキ

豊富な1マナクリーチャーと優秀な進化クリーチャーが使えるのが特徴。

神化編環境からドラゴン・サーガ環境まで一定の活躍をしていたデッキタイプ。

/型の【墓地進化速攻】【青黒メルゲ墓地進化速攻】を参照のこと。

死神術士デスマーチ UC 闇文明 (1)
進化クリーチャー:デスパペット 1000
ブロッカー
墓地進化−闇のクリーチャーを1体自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
このクリーチャーがバトルする時、そのバトルの終わりまで、バトルしている相手クリーチャーのパワーは−4000される。

密林の総督ハックル・キリンソーヤ UC 自然文明 (3)
進化クリーチャー:ドリームメイト 5000
マナ進化−自然のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
シールド・フォース
SF−自分のクリーチャーは、それよりパワーの小さいクリーチャーにブロックされない。

軽量の墓地肥やしから軽量墓地進化クリーチャーである《死神術士デスマーチ》や軽量マナ進化クリーチャー《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》を出していく。

《ダンディ・ナスオ》《孤独の影ロンリー・ウォーカー》《ねじれる者ボーン・スライム》といった各種墓地肥やしから墓地進化クリーチャーに繋ぐ。

候補カード

1マナ

2マナ

3マナ

進化クリーチャー

その他

このデッキの戦い方

革命編まで

1ターン目からクリーチャーを展開し続け、相手を追い詰めていく。自然で12枚以上の1マナウィニーが採用できるため、初手で引けないことは滅多にないだろう。

《ねじれる者ボーン・スライム》らや《闇戦士ザビ・クロー》などのクリーチャー墓地に落ちたら、《死神術士デスマーチ》などのとして再利用する。

試合序盤から猛攻を掛けることが可能で、

  1. 《冒険妖精ポレゴン》または《ねじれる者ボーン・スライム》
  2. 《無頼封魔アニマベルギス》または《ダンディ・ナスオ》+《死神術士デスマーチ》
    などの方法で、2ターン目にシールドを2枚ブレイクできることも多い。

各種【速攻】よりも実質的にパワーが高く(《死神術士デスマーチ》は5000と考えて)、主力の《死神術士デスマーチ》ブロッカーであるため、【速攻】相手には有利である。

ウィニー除去されても墓地進化進化元になるため形勢が悪化しづらく、【青単速攻】【赤単速攻】と比して安定性が劣るわけでもない。《鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー》ハンデス能力により、【速攻】デッキの中ではニンジャ・ストライクにもかなりの耐性がある。
ただし、ドラゴン・サーガ環境以降は単純な殴り手である《鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー》を採用しないタイプも出てきており、より物量、スピード、突破力を高めた編成となっていることも。

革命ファイナル以降

《ベイB ジャック》が登場してからは《ベイB ジャック》の効果によって1コストクリーチャーを1ターンの内に一気に並べる戦術が取れるようになり、このデッキは前のめりのビートダウンから高速1ショットに姿を変えた。これによって途中で相手に手札を与えるリスクが少なくなった。相手の手札を増やして相手にターンを返すリスクを避けることから、《ベイB ジャック》軸では《無頼封魔アニマベルギス》、《ジオ・ナスオ》、《死神術士デスマーチ》は採用されないことが多い。

やや盲点だが《桜風妖精ステップル》も有用である。《ベイB ジャック》が前提となり多少の運も絡むが、マナゾーン単色ののカードが落ちればマナゾーンに余った闇のマナ1枚と《ステップル》自身によって、自然の1コストウィニーにも闇の1コストウィニーにもアクセスできる。

このデッキの弱点

【速攻】対策の定番、S・トリガーにかなり弱い。
特に《めった切り・スクラッパー》などの割り切り火力及び全体除去《凶殺皇 デス・ハンズ》のような除去持ちクリーチャーには滅法弱く、一気に失速してしまう。ブレイクした1枚目が《ヘブンズ・ゲート》なんかだと完全に阿鼻叫喚である。
《式神シシマイ》クリーチャーS・トリガーは防げるが、あまりデッキに入れるようなクリーチャーではない。S・トリガーの対策はほぼ不可能なため、この辺りは諦めるべきか。

《ノーブル・エンフォーサー》《ローズ・キャッスル》にも注意。赤緑【速攻】に比べ、こちらは全体的に基礎パワーが低めであり、最軽量の墓地進化クリーチャーである《死神術士デスマーチ》や、各種ウィニーの動きが完全に止まったり、蹴落とされてしまう。《雪要塞ダルマンディ》などでしっかりと対策を取りたい。
《ローズ・キャッスル》に関してはパワーが2000以上のクリーチャーでそのシールドを叩くだけで済むので、構築というよりはプレイング上での対策が必要となる。
また、パワー6000以上のクリーチャーデッキに入ることは少ないため、パワー5000以下を封殺する《暴走龍 5000GT》《聖霊王ジャスティウス》《諸肌の桜吹雪》などにもかなり弱い。
特に《諸肌の桜吹雪》《幻緑の双月》から繋いで最速3ターンで飛んでくるため【黒緑速攻】にも間に合う天敵。除去またはパンプアップが無ければ完全に詰むことになる。

《ベイB ジャック》軸では《メガ・マグマ・ドラゴン》が弱点として大きく、《メガ・マグマ・ドラゴン》が相手のデッキに入っていると覚った場合は、敢えてクリーチャーを出し惜しむ戦術を取ることも一考の余地がある。

またブロッカー除去が少なく、赤単などに比べると序盤からブロッカーで制圧するデッキに対して弱い。これは色的に仕方ない面もあるので、環境を読みつつ《死神竜凰ドルゲドス》《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》等で対応していきたい。

とはいえ、これらの弱点をカバーするためにメタカードを採用すると、本来の【速攻】としてのスピードが失われ本末転倒になる恐れがあるため、むしろやられたら負けと思い切ることも大事。

その他

環境において

神化編《死神術士デスマーチ》《鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー》が登場すると成立。【サイバー青単】とともにメタゲームとして活躍した。

このデッキ以前の【速攻】デッキよりも数段早いスピードで展開出来ることや、ハンデスブロックされない(条件付き)、ブロッカーなどの要素が含まれており、神化編環境覚醒編環境トップメタとして猛威を振った。

DMR-01の発売と前後して、《ダンディ・ナスオ》殿堂入りによってやや弱体化したが、調整版《ジオ・ナスオ》、新たなアタッカー《闇戦士ザビ・クロー》などを獲得。全盛期よりややスピードは落ちたが、その速さは相変わらず健在。永らく地雷として猛威を振るい続けていた。

革命編環境【レッドゾーン】が登場するとよりカードパワーの高いあちらにシェアを奪われ、S・トリガー獣の充実化からメタゲームからは脱落。だが当時は【速攻】中心の環境であったため侵略持ちを搭載しないタイプのカードパワーが低いデッキとこのデッキがかち合う機会はまだ少なくなく、そうしたデッキにはまだ速度で張り合うことができた。

しかし革命ファイナル環境では侵略や革命チェンジの勢いが全盛を迎え、カードパワーと速度を両立した構築が一般化。そうしたデッキとの対面では革命チェンジ元が務まるS・トリガー獣1体が出ただけで返しに侵略革命チェンジでシールドも盤面も荒らされるようになり、カードパワーの差が如実に表れるようになった。

一応《ベイB ジャック》《桜風妖精ステップル》などの強化パーツが存在しており、《ベイB ジャック》がプレミアム殿堂に指定されて以降も《桜風妖精ステップル》が残っている。だが、《ベイB ジャック》《桜風妖精ステップル》が使えるデッキであればより展開力の高い緑単系統のデッキを組めばよいという事態になりかねなかった。

さらに新章デュエル・マスターズ環境になると優秀なスーパー・S・トリガーが増え、【青緑コントロール】などニンジャ・ストライク持ちを始めとした受け札を延々と投げつけるデッキタイプも登場。エピソード2環境【ミラクルとミステリーの扉】に手を焼いていた時のようにカウンター札のカードパワーに押されるようになった。《ヤッタレマン》を見ればわかるようにウィニーのパワーラインも2コスト能力付きノーデメリットで2000というのがざらで、同じウィニー系統とぶつかっても殴り返しに弱いという面が目立つようになった。

双極篇環境になると【“轟轟轟”ブランド】のように2ターンキルが可能なデッキまでも登場し、この時期になると速攻の基準が2ターンキルから3ターンキルになっていた。デッキをほぼウィニーのみで固め、2ターン目から積極的にシールドをブレイクして、それでようやく安定して4ターンキルを達成できる程度のこのデッキは全く強力とは言えなくなった。《マタドール・マルクーゼ》というプレイヤーを攻撃可能な2コスト闇単色のコスト踏み倒しメタも登場しているが、これが出ても今更活躍はできず、デッキタイプとしては過去帳入りとなった。一応《“轟轟轟”ブランド》を出張させることで3ターンキルはより容易になるが、それは他のデッキでも同じことである。

それでもDMEX-03《ヘビー級ヘビー》《キノコ将軍》といった強化パーツによってパワーラインの向上やブロッカー対策の充実化は進み、デッキパワーは着実に上がった。

ウィニーで固めたデッキである都合上個々のカードパワーは非常に低いため、長らく《ダンディ・ナスオ》以来デッキパーツの規制を経験していなかった。2018年3月1日に《ベイB ジャック》プレミアム殿堂となり、これにより2枚目の規制パーツが誕生した格好となったが、これは弱体化と言うよりは《ベイB ジャック》により異常な状況となる以前の普通の【速攻】デッキに戻ったということであろう。

参考


Last-modified: 2018-11-07 (水) 23:25:30