獅子頂龍(ししちょうりゅう) ライオネル】

DMX-17で登場した《獅子頂龍 ライオネル》コンセプトにしたデッキ

獅子頂龍 ライオネル ≡V≡ 光文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン 12000
自分の手札に加える光のシールドカードはすべて「S・トリガー」を得る。
自分のシールドが1枚もない時、このクリーチャーは「ブロッカー」を得る。
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりに自分のシールドをひとつ相手に選ばせてもよい。そうした場合、そのシールドを手札に加える。(その「S・トリガー」を使ってもよい)

《獅子頂龍 ライオネル》置換効果による除去耐性を持ち、バトルゾーンから離れる時に自分のシールドを1枚回収すればバトルゾーンにとどまることができる。

さらに、自分のシールドにあるのカードを全てS・トリガー化する。シールドさえ残っていればほとんどの除去を免れることができ、非常に場持ちが良い。おまけに手札に加えたS・トリガーは使用可能であり、のカードならS・トリガーになるので、相手の除去を逆利用することができる。

9マナ重いため、自然マナブーストから素早く出されることが多い。もしくは《獰猛なる大地》《ヒラメキ・プログラム》などのコスト踏み倒しが主に利用される。

スーサイドとも噛みあうため、相性のいいカードは多い。特に決まった定型は無いので、自由にカードを選んで組むことが可能である。

主要カード

光の候補

自然の候補

水の候補

闇の候補

超次元関連

主に【白緑コントロール】として組まれ、スーサイドとのコンボを狙う場合は【白黒緑コントロール】となる。カードコスト踏み倒しを狙う場合は【白青コントロール】【白青緑コントロール】で構築される。

ただし、当然ながらカードの比率が高い方が、シールドカードコスト踏み倒しで使える確率も上がる点には留意しておきたい。

このデッキの使い方

自然を入れる場合

やはりマナブーストから素早く《獅子頂龍 ライオネル》を出していきたい。《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》からスタートし、《ライフプラン・チャージャー》などに繋ぐと効率がいい。

運よく《ライオネル》が出せたならばコンボ開始。
《緊急再誕》《獰猛なる大地》で《ライオネル》を選ぶことで置換効果を作動させ、シールドコスト踏み倒しを狙っていく。

《セブンス・タワー》《爆進イントゥ・ザ・ワイルド》ならば丁度増えた3マナ《緊急再誕》を唱えて即座に《ライオネル》を出せる可能性があるで覚えておきたい。

闇を入れる場合

《解体人形ジェニー》ピーピングハンデスが使えるほか、各種スーサイドとのコンボが可能。
《邪魂創世》ドロー《魔龍バベルギヌス》リアニメイトなどが可能。特に後者は素早くバトルゾーンに出すことにも結びつくので相性はいい。
また、変わったところでは《超神類 イズモ》を入れるのも一考である。S・トリガー獣召喚なので、cipで盾を3枚追加しつつT・ブレイカーを残すことが出来る。

《獅子頂龍 ライオネル》がなかなか出せない場合は《光器パーフェクト・マドンナ》《純潔の信者 パーフェクト・リリィ》デメリットを軽減していけばいいだろう。

サイキック・クリーチャーを無理に使う必要はないが、《時空の霊魔シュヴァル》覚醒条件を満たしやすく、《霊魔の覚醒者シューヴェルト》になるとシールド追加ができるので覚えておきたい。

《超次元ライデン・ホール》《獅子頂龍 ライオネル》破壊しようとすると、《ヴォルグ・サンダー》と同時に出せる上に、シールドカードコスト踏み倒しも狙える。

水を入れる場合

《ヒラメキ・プログラム》コスト踏み倒しできる可能性が生まれる。8マナだがコスト軽減できる《優位の守護者サメンビー》《アクア・ライブラリアン》などを餌にすれば9マナの《ライオネル》を確実に連れて来られる。

《ライオネル》を閃けば《聖霊王アルファディオス》を出せる。もったいないが、自身の置換効果で場に残った《ライオネル》を進化元にすることも出来る。

ただし、コンボが封じられた場合の立て直しが厳しいので、チャージャーマナブーストするなど、別の方法も用意しておくべき。

弱点

《獅子頂龍 ライオネル》が出てくるのはどうしても遅くなってしまうため、その間にビートダウンされると厳しい。シールドを減らされると置換効果も使いにくくなるので、シールド追加で回復させるか、別のカードで対抗したい。

また、採用率は低いものの《ライオネル》は置換効果による除去には弱い。《神羅スカル・ムーン》《恐気の覚醒者ランブル・レクター》が出てきそうならば警戒するべきだろう。


その他

  • 単色のデッキであった場合、除去しようとすると確実に何かしらのカードコスト踏み倒しされるので相手に与えるプレッシャーは非常に大きい。ただし、単色は他の文明に比べると安定しないので、構築はやや難しい。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:04:30