【準黒単】

と、タッチされたの2で構成されるビートダウンデッキ
強力単色強化カード《暗黒秘宝ザマル》効果を発動させるため、主力となる文明カードに、/多色カードと厳選されたカードを加えた形で構成される。

純粋な黒単に比べ、ドローソースが入り格段に粘り強いのが特徴。
青黒形式では使用できない《暗黒秘宝ザマル》も使えるので、黒単青黒両者の利点を併せ持った、中心のビートダウンデッキの中では最も有名かつ強力なデッキタイプと言えるだろう。

暗黒秘宝ザマル UC 闇文明 (3)
クリーチャー:パンドラボックス 2000+
自分のマナゾーンのカードがすべて闇のカードであれば、このクリーチャーのパワーは+2000される。このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンのカードがすべて闇のカードであれば、相手の手札を1枚見ないで捨てさせる。 

コアクアンのおつかい UC 水文明 (3)
呪文
自分の山札の上から3枚を、すべてのプレイヤーに見せる。その中から光と闇のカードをすべて自分の手札に加え、残りを墓地に置く。

腐敗電脳メルニア UC 水/闇文明 (2)
クリーチャー:リキッド・ピープル/ゴースト 1000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーはブロックされない。
スレイヤー

デッキの動きは基本的にウィニー+《暗黒秘宝ザマル》でのビートダウン
そのため《地獄スクラッパー》などに弱いが、《デンデン・パーカッション》《光線人形ストリウム》を採用することにより、ある程度解消可能。
《コアクアンのおつかい》等で手札を補充しつつクリーチャーを展開し、《暗黒秘宝ザマル》ハンデスビートを中心に殴っていく。

もちろんザマルの効果を発動させるため、マナを出すのは多色カードの役目。マナゾーンカードは置かないように。
+aの3レインボーを使って、ザマルを使いつつ以外の文明カードを使うという力技構成も可能だが、その場合ランデスに非常に弱くなるので注意。

主要カード

上記のメインカードデッキの骨組みにしつつ、デスパペットグランド・デビルヘドリアンなど、それぞれの種族デッキにシフトして組まれることも多い。
要はメインカード以外を種族で固めてシナジーを利用するか、それとも強いカードグッドスタッフ気味にいろいろ入れてみるのかが、デッキ構成の分かれ目だと言える。
種族デッキとして組むならもちろん進化クリーチャーは利用したい。

《クエイク・スタッフ》などのクロスギアを入れて《ツナミ・カタストロフィー》を使うのもアリ。
ただしあまりマナカーブ重くしすぎて【クリーチャーコントロール】気味になると、ザマルのビート性能が薄くなり本末転倒なので注意。

2011年1月15日に準黒単にする意義でもあった強力なドローソース《アクアン》《サイバー・ブレイン》の両方がプレミアム殿堂になってしまった。しかし、《コアクアンのおつかい》の登場もあり、準黒単の構成にする価値はいまだ健在である

参考


Last-modified: 2018-11-12 (月) 13:37:02