【神王】

神王サイクルを中心としたデッキ《神帝アージュ》をリンクしてから攻めに移る神帝と違い、序盤から積極的に攻めて行けるのが特徴。
それらのG・リンク形態はこちら→神王

神王タイタス R 火文明 (5)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 4000
G・リンク《神王マクベス》の右横、《神王リア》の上側
このクリーチャーがゴッドとリンクした時、相手のパワー2000以下のクリーチャーを1体破壊する。
このクリーチャーは、光のクリーチャーから攻撃またはブロックされない。

神王リア UC 自然文明 (4)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 2000
G・リンク《神王オセロー》の右横、《神王タイタス》の下側
このクリーチャーがゴッドとリンクした時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
このクリーチャーは、闇のクリーチャーから攻撃またはブロックされない。

神王マクベス R 自然文明 (6)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 6000+
G・リンク《神王タイタス》の左横、《神王オセロー》の上側
W・ブレイカー
このクリーチャーが4体神になったとき、ゴッドを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに置いてもよい。

神王オセロー R 火文明 (3)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 2000+
G・リンク《神王リア》の左横、《神王マクベス》の下側
このクリーチャーがゴッドとリンクした時、そのターン中、このクリーチャーのパワーは+2000され、シールドをさらにもう1枚ブレイクする。

4体がリンクすると次のようになる。

神王マクベス/神王タイタス/神王リア/神王オセロー  火文明/自然文明 (6+5+4+3)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 14000
W・ブレイカー
このクリーチャーは、闇のクリーチャーから攻撃またはブロックされない。
このクリーチャーは、光のクリーチャーから攻撃またはブロックされない。

必須である自然に、手札補充を加えた青赤緑で組まれることが多い。
のサルベージやリアニメイトを入れるのも考えられる。やや燃費は悪いが《大地と永遠の神門》で格段に粘り強さが増す。

どのように組むとしても、神王の効果を最大限に生かすためには過剰なマナブーストや大量の手札補充が必須となる。そのためのエンジンを組み込むことを念頭に置きたい。

以下には最もオーソドックスな青赤緑のタイプを紹介する。

主要カード

候補カード

《セブンス・タワー》メタモーフで爆発的マナブースト。殿堂入り
《再誕の社》墓地から2枚までマナブースト。殿堂入り
《神誕の大地ヘラクレス》マナ回収コスト軽減を行うファッティ
《爆進イントゥ・ザ・ワイルド》大型マナブースト除去としても使える
《ダンシング・フィーバー》大型マナブーストマナゾーンに神王を集めやすい
《強欲の開拓》手札から同じ種族のクリーチャーを何枚でもマナゾーンに置く。ヘラクレスで即座に回収できるのは便利
《再誕の聖地》大量マナブースト。墓地のカードを全てマナに
《モビル・フォレスト》クロスギア。コスト軽減
《サーガ・レオシェルター》クロスギア。神王に無料クロス、除去耐性を付加
《炎晶バクレツ弾》5000火力マナ回収
《蒼狼の始祖アマテラス》4コスト以下の呪文かクロスギアを踏み倒すオリジン 殿堂入り
《オリジナル・ブレイン》オリジンデッキ専用ドローソース
《プロジェクト・ゴッド》デッキからゴッドを踏み倒せる可能性がある。最悪でも墓地肥やし
《ゴッド・シグナル》ゴッドトップデックに。1マナと軽い
《蒼世神 ADAM》オリジン進化クリーチャー。マクベスでも出せる除去要員

闇を入れる場合の候補カード

このデッキの基本的な流れ

ただし、2体リンクしたばかりでは殴り返しS・トリガーであっさりリンクを崩されることが多い。また、サーチドローを多めに投入しても、それでも神王がうまく手札に揃わないこともしばしばある。


《神誕の大地ヘラクレス》を使う場合

神王と同じエキスパンションで登場した《神誕の大地ヘラクレス》の能力を活かすパターン。大量のマナブースト後、ヘラクレスのマナ回収コスト軽減で一気に神王を展開する。

神王が全てリンクすると、《神王マクベス》W・ブレイカー《神王オセロー》の能力が合わさって5枚ブレイク出来るため、そのままとどめを刺すことができる。《神王リア》《神王タイタス》の能力でのブロッカーを無視できるので、ほぼ確実に五枚ブレイクを決めることができる。

ビートダウン型と同じく、必須の自然を中心に青赤緑で組まれる。コスト軽減で一度に何体も神王を並べる都合上、のカードは9枚前後に抑えるのが望ましい。また、多色《神王リア》でブーストした直後にはすぐに使えないため、1枚も入れられない。

戦い方

《再誕の聖地》《強欲の開拓》などを利用し、積極的にマナブーストを行う。もちろん《神王リア》能力でブーストするのもいい。7マナまで貯めれば《セブンス・タワー》で爆発的なマナブーストが可能になる。

12マナ前後の十分なマナが揃ったら《神誕の大地ヘラクレス》召喚し、マナゾーンの神王をほとんど全て手札に戻す。
後は、ヘラクレスによりコストが大幅に下がった神王を、《神王オセロー》《神王リア》の二体からリンクさせる。
4体神が完成したら、《神王マクベス》能力マナゾーンからさらなる神王もしくは《破壊神デス》などを出す。

最も重要なパーツは《神王リア》である。リンクしたときのマナブースト能力により、手札の神王を片っ端から召喚出来るようになる。ゆえに《神誕の大地ヘラクレス》で神王を手札に戻すときは、このことを計算に入れて多めに戻してもよい。

このマナブーストに期待するなら、レインボーカードを投入しないほうが賢明である。タップ状態でマナに置かれるため、計算を裏切られるからだ。そして、神王の召喚のために、デッキのカードの八割は火と自然にすべきである。

  • マナの枚数によっては「1ターンで4体神が二体出現する」という事態も十分おこりえるため、爆発力は高い。しかし、ヘラクレスを返しのターンに破壊されると十分な展開が行えないまま負けたりもする。
  • オセロー+リアにマクベスがリンクすれば、T・ブレイカーシールドを3枚割りつつ、《セブンス・タワー》メタモーフの条件を満たせる。ヘラクレスは非常に重いため、状況によってはヘラクレスを出すことにこだわらず、神王のビート性能とブーストを普通に活かして戦うプレイも大切。

参考


Last-modified: 2018-11-12 (月) 00:19:36