聖獣王(せいじゅうおう)ペガサス】

DM-12で登場した進化V《聖獣王ペガサス》フィニッシャーにしたデッキ

聖獣王ペガサス SR 光/自然文明 (6)
進化クリーチャー:セイント・ペガサス 12000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
進化V−自分のホーン・ビースト1体とエンジェル・コマンド1体を重ねた上に置く。
このクリーチャーが攻撃した時またはバトルゾーンを離れた時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それが進化クリーチャー以外のクリーチャーであれば、バトルゾーンに出す。それ以外のカードであれば、自分の手札に加える。
T・ブレイカー

《聖獣王ペガサス》進化元となるエンジェル・コマンドホーン・ビーストを中心に組まれる。自然を中心に白赤緑白黒緑の構築が多い。

フルクリーチャー気味にさえすれば構築の自由度は高い。進化元となるエンジェル・コマンドホーン・ビーストはほぼ固定なので、あとは自分の好みで好きなcipクリーチャースピードアタッカーを選んでいけばよい。

主要カード

光の候補

闇の候補

火の候補

その他の候補

このデッキの使い方

自然マナブーストからスタートし、《躍動するジオ・ホーン》進化元サーチする。《我牙の精霊 HEIKE・XX》を持ってきてもいいが、自身をサーチすることでホーン・ビースト進化元を出し続けられるようにするのもよい。

5マナ貯まったら《我牙の精霊 HEIKE・XX》《光流の精霊ガガ・カリーナ》+《時空の霊魔シュヴァル》エンジェル・コマンド進化元を確保。状況を見ながら《聖獣王ペガサス》への進化を狙う。

《ペガサス》を出したらひたすら殴っていく。除去されても能力を使えるので安心して攻めていける。パワーも十分あるので殴り合いにも強い。
《ペガサス》が出せない場合は各種エンジェル・コマンドなどを使っていけるので、それなりに戦える。
例えば《太陽の精霊龍 ルルフェンズ》から《迅雷の精霊ホワイト・ヘヴン》を出すことで、流れるように相手のクリーチャーをシールド送りに出来る。

このデッキの弱点

進化クリーチャーを使う都合上、進化元除去されるとどうしようもない。特にホーン・ビーストは軽量なものが増えた一方で除去されやすさも高まった。
《超次元ボルシャック・ホール》《超次元ミカド・ホール》からの《勝利のガイアール・カイザー》などには気をつけたい。
《我牙の精霊 HEIKE・XX》を立てておくと安心感があるので、ぜひ採用したい。


その他

《聖獣王ペガサス》聖拳編で登場した当時は優秀なが少なく使いづらかったが、エピソード1で相性のいいカードがいくつか登場し、大分出しやすくなった。

特に《怒号するグリンド・ホーン》の登場により、耐久性も進化元の確保も格段に容易になった。NEO進化ツインパクト等、このデッキにフィットするカードが続出しており、大会でも名を残すカードとして広まりつつある。

正に大器晩成と言えるデッキだろう。その影響で《聖獣王ペガサス》の価格も上がりつつあるのでお財布と相談しよう。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:49:15