【青ジョーカーズ】

のジョーカーズを主体とした【ジョーカーズ】《ガンバトラーG7》の毛色が強いので【青ガンバトラー】とも呼ぶ。

ジョリー・ザ・ジョルネード MAS 水文明[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 10000
マスターJトルネード:相手のターンの終わりに、このクリーチャーが自分の手札にあり、このターン中に自分の他の「マスターJトルネード」能力をまだ使っていなければ、自分のジョーカーズ・クリーチャーをコストの合計が10以上になるように好きな数選び、手札に戻してもよい。そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚を3回する。
自分のジョーカーズはブロックされない。

主要カード

無色のジョーカーズ候補

水のジョーカーズ候補

超GRゾーン

このデッキの回し方

序盤は《ヤッタレマン》《バブるーと》を出し、その後《バブるーと》Jトルネード《オケ狭間 寛兵衛》のGR召喚でアドバンテージを取る。マナが用意でき次第《ヘルコプ太》手札補充し、《シャダンQ》をG・ゼロで立てる。あとは《ジョリー・ザ・ジョルネード》で展開し、流れで《ガンバトラーG7》を出して《ジョジョジョ・マキシマム》を絡めた1ショットキルで詰める。

弱点

全体除去クリーチャーによる過剰なカウンターの連打、《ウォズレックの審問》によりウィニーピーピングハンデスされることなどに弱い。

しかし何と言っても《奇石 ミクセル》 に弱い。除去もこのデッキには2枚投入がデフォルトの《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》程度しかないのが悩ましい。

環境において

DMRP-11発売直後はそこそこ使われたが、相手への干渉が苦手なこととマナブーストが無く着地に不安がある事から環境に入るまでとはいってはいない。
しかし、火や自然のジョーカーズと同じ様に今後強化が入る可能性もある為DMRP-11期までのカードプールだけで判断するのは時期尚早である。

参考