【青黒ハンデス超次元】

非常に強力なデッキとして知られる【ドロマー超次元】の流れをくむデッキ【ドロマー超次元】の主要パーツであった《超次元ドラヴィタ・ホール》《王機聖者ミル・アーマ》《天雷の導士アヴァラルド公》が2011年7月23日付けで殿堂入りしてしまい、デッキ内の文明の枚数を保つことが難しくなったため、代わりにDMR-01にて登場した《コアクアンのおつかい》《特攻人形ジェニー》等が搭載され、【準黒単】の様な色構成をとる。
上述の通り当初こそ弱体化したデッキのリペアであったが、革命編以降は《S級不死 デッドゾーン》などの獲得により、元となったドロマー超次元を上回る非常にカードパワーの高いデッキとなった。

特攻人形ジェニー UC 闇文明 (2)
クリーチャー:デスパペット 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、このクリーチャーを破壊してもよい。そうした場合、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

コアクアンのおつかい UC 水文明 (3)
呪文
自分の山札の上から3枚を、すべてのプレイヤーに見せる。その中から光と闇のカードをすべて自分の手札に加え、残りを墓地に置く。

主要カード

候補クリーチャー

候補呪文

候補D2フィールド

超次元ゾーン

10枚以上積まれた2コストの軽量ハンデスを連打することで相手の手札を枯れさせ、《アクア・ベララー》で反撃の芽を摘む。最後は超次元呪文から呼び出したサイキック・クリーチャーまたは《S級不死 デッドゾーン》で止めを刺すというのがコンセプトであり、勝ち筋。ハンデスで減った手札は《コアクアンのおつかい》をはじめとしたドローソースで支える。
2ターン目のハンデス。3ターン目のドロー。4ターン目のハンデス2連射が主な動きとなるだろう。
相手の手札を縛り、除去の目を潰したところでサイキック・クリーチャーを展開する。
殲滅返霊によってさらにアドバンテージ差を広げることが狙える《時空の封殺ディアス Z》クリーチャー除去しながら現れ、相手の手札の使用をためらわせる《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》は鉄板。
それらのサイキック・クリーチャーに除去耐性を付け、かつ自身もそれなりのパンチャーになる《時空の喧嘩屋キル》/《巨人の覚醒者セツダン》も堅いだろう。

上記のクリーチャーでも十分止めを刺すことは可能だが、できれば《超時空ストーム G・XX》を使用し、勝利を確実なものとしたい。
《時空の支配者ディアボロス Z》/《最凶の覚醒者デビル・ディアボロス Z》《超次元バイス・ホール》プレミアム殿堂超次元コンビに指定されてしまったため、出すのはやや苦労するものの、墓地呪文がたまったところで《時空の邪眼ロマノフZ》を出し、《邪神の覚醒者ロマノフ・Z・ウィザード》覚醒させたりと、多少工夫することで十分狙える。
《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》《時空の英雄アンタッチャブル》を並べてしまえば、相手が手札を使いきってターンを終えた時《凶刀の覚醒者ダークネス・ガンヴィート》《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》覚醒できるため、呼び出した直後にメテオバーン覚醒し、勝負を決めに行ける。

その他、《超次元バイス・ホール》プレミアム殿堂入りする前までは、マナ回収手段を与えてくれる《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》。単純な高打点持ちとして優秀な《時空の賢者ランブル》《超次元バイス・ホール》からの《時空の喧嘩屋キル》と組み合わせたスピードアタッカー付与が強力な《時空の戦猫シンカイヤヌス》/《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》。防御面では《時空の踊り子マティーニ》他、《時空の脅威スヴァ》が選択肢として入ることも。

【青黒ハンデス超次元】とあるが、《コアクアンのおつかい》文明手札に加えることができるので、枚数さえある程度確保できるのであれば投入しても全く問題はない。もちろんタッチで投入するのも良いだろう。

【ドロマー超次元】と比較した場合

全盛期の【ドロマー超次元】と比べると、単純にの選択肢が少なくなった分劣る。また《王機聖者ミル・アーマ》呪文コスト軽減による選択肢の増加がなくなっており、より注意深いプレイングが求められることとなった。
しかし、そもそも【ドロマー超次元】に数多く搭載されていたカードが大量殿堂入りしたため、仕方の無いことだろうと思われていたがカードプールの増加が変化をもたらしDMR-23DMRP-01において相性の良いカードが大量に追加されたことで2017年現在のトップメタを飾っている。プレイングをミスしなければどんなデッキともある程度は戦える対応力を持つというのが大きい。

2018年3月1日に《超次元ガロウズ・ホール》殿堂入りし、大打撃を受けたと思われたが、この殿堂レギュレーション改定と直後の《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》の登場をきっかけに、殿堂入りカードのカードパワーを《ゴクガ・ロイザー》の呪文増幅能力と《悪臭怪人ゴキーン》による再利用戦術に特化するようになった。また、《英知と追撃の宝剣》のように、むしろ殿堂入りであるからこそその流れを受けてピン挿しパーツとして主流化したカードもある。DMRP-06期になるとコントロール系統に対しては《英知と追撃の宝剣》の効果を連打してそのまま制圧できるケースが多くなり、最悪の場合でも相手のマナゾーンを空にしてからcipを使い終わったクリーチャーで無雑作に1ショットキルできるようになった。

弱点と対策

ハンデスが主体となるため、マッドネスは天敵。そんな中でも最大の天敵は《反時空の化身》デッキの動きがハンデス超次元に委ねられるため、1体出されるだけで壊滅的なまでの被害を被る可能性がある。しかし、だからと言って超次元を使うのを控えるのは本末転倒なため、バトルゾーンに出たら真っ先に除去する事を考えるべきである。環境によっては除去カードを増量することも考えたい。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 15:11:08