青黒退化(あおくろたいか)

軽量墓地進化で大型クリーチャーを進化元にし、《龍脈術 落城の計》等で退化させて大型クリーチャーをバトルゾーンに残すコンボデッキ。墓地進化の手札交換と退化を行うの2色で組まれる。「墓地退化」と呼ばれるデッキは大抵これを指す。

龍脈術 落城の計 C 水文明 (3)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにあるコスト6以下のカードを1枚選び、持ち主の手札に戻す。

死神術士デスマーチ UC 闇文明 (1)
進化クリーチャー:デスパペット 1000
ブロッカー
墓地進化−闇のクリーチャーを1体自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
このクリーチャーがバトルする時、そのバトルの終わりまで、バトルしている相手クリーチャーのパワーは-4000される。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)

世紀末ヘヴィ・デス・メタル SR 闇/火文明 (13)
クリーチャー:クリエイター/ハンター 39000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、召喚せずに出していれば、自分の山札に加えてシャッフルする。
スピードアタッカー
ワールド・ブレイカー

このデッキの動かし方

序盤に《エマージェンシー・タイフーン》《戦略のD・H アツト》でパーツを集めつつ進化元を落とす。
その後、《死神術士デスマーチ》または《鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー》に墓地進化。
その後、デスマーチまたはゴワルスキーに《龍脈術 落城の計》を撃ち、退化して攻撃してシールドを全部割って、ダイレクトアタックする。
退化先には《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》《偽りの名 シャーロック》があげられる。
前者はスピードアタッカーワールド・ブレイカーによる奇襲性が高いが除去耐性がない。
後者は1体でシールドを割りきれず、即座に攻撃することはできないが、アンタッチャブルがあるおかげで除去耐性が高い。
相手のデッキを見極め、どちらに退化させるか考えよう。

主要カード

候補カード

《エマージェンシー・タイフーン》墓地肥やし
《サイバー・チューン》
《超魔導書グリモア第I章》
《シンカイタイフーン》
《戦略のD・H アツト》
《【問2】ノロン↑》
《フェイト・カーペンター》
《斬隠蒼頭龍バイケン》《エマージェンシー・タイフーン》らをバウンスに変換
《海底鬼面城》ドローソース
《終末の時計 ザ・クロック》最も簡便な防御方法
《地獄門デス・ゲート》
《冥王の牙》
《センジュ・スプラッシュ》5枚目の落城の計
《チューン・アゲイン》一般的には5枚目だとしても《センジュ・スプラッシュ》が優先されるが、S・トリガーを重視するのであれば選択肢に入る
《ロスト・ウォーターゲイト》多色の退化先を持ってくる
《転生プログラム》《ロスト・ウォーターゲイト》とのコンボ
《死神竜凰ドルゲドス》退化元。ブロックを封じる
《偽りの名 シャーロック》退化先。除去耐性が高い
《血塗られた奈落 スクリーム》退化先。相手の攻撃をシャットアウト。効果で墓地も肥やすので相性がいい。【速攻】、ビート受けにも向いている
《FORBIDDEN 〜禁断の星〜》スピードアタッカー。攻撃時に除去リアニメイト
《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》《FORBIDDEN 〜禁断の星〜》のみをフィニッシャーに据えている場合限定

このデッキの弱点

1体の打点にかけていることもあり、ブロッカーを1体出されるだけで時間を稼がられることが多く、退化先が除去されると非常に辛い。特に、バウンス《オリオティス・ジャッジ》には注意。墓地経由で退化、という特殊な方法でバトルゾーンに出しているので墓地以外に戻されると次に出すまで非常に苦労する事になる。
手札交換は多いものの純粋な手札補充手段は少なく、手札も枯渇しやすい。貴重な《バイケン》を攻め手の補充のために泣く泣く捨てざるを得ない場面はしょっちゅうである。
試合が長引きかつ相手にブロッカーがいる場合は、《世紀末HDM》への退化を避け、《デス・シュテロン》への退化を積極的に行った方がよい。

また、デッキ構成と手札の枚数の都合上、マナゾーンマナを1枚しか用意できない場面は多く、そこをランデスで執拗に狙われると墓地進化そのものが不可能になり、機能不全を起こす危険性がある。

その他

DMデッキ開発部SAGEのVol.09にてこのデッキが紹介されているので参考にするといいだろう。

参考


Last-modified: 2018-11-12 (月) 13:37:28