【青黒緑超次元】

自然文明を採用した【超次元コントロール】
自然マナブーストドローカードを扱えるため、他の【超次元コントロール】に比べより潤滑に回すことができる。また除去ハンデスなどで相手を妨害することにも長けている。
「アナ・カラー超次元」等とも俗称される。
PSレギュレーションの【シュヴァルコントロール】の活躍により注目が集まった。

時空の封殺ディアス Z(ゼータ) SR(SSR) 闇文明 (8)
サイキック・クリーチャー:デーモン・コマンド/ドラゴン・ゾンビ 7000
E・ソウル
殲滅返霊4(このクリーチャーが攻撃する時、自分または相手の墓地からカードを4枚選んでもよい。あるいは両方の墓地からカードを4枚ずつ選んでもよい。選んだカードを好きな順序で持ち主の山札の一番下に置く。こうして選んだカード4枚につきこのクリーチャーの返霊能力を使う)
返霊−相手は、バトルゾーンまたは手札から自身のカードを1枚選び、山札の一番下に置く。
W・ブレイカー
覚醒−自分のターンの終わりに、そのターン、相手のクリーチャーが3体以上バトルゾーンを離れていた場合、このクリーチャーをコストの大きい方に裏返す。
覚醒後⇒《殲滅の覚醒者ディアボロス Z》

軽量マナ加速文明ドローで自分のペースを整えつつ、文明除去ハンデス等で妨害、サイキック・クリーチャーで止めを刺すというのが定型の動き。グッドスタッフ的な構成をとることが多く、また構築幅も広い。

主要カード

ドロー

《エナジー・ライト》基本ドローソース
《トリプル・ブレイン》マナ加速からの3ドローは強力
《爆進エナジー・スパイラル》バウンス持ち
《シークレット・クロックタワー》ランブルとの相性良

マナ加速

除去&ハンデス

《解体人形ジェニー》ピーピング
《魔刻の斬将オルゼキア》大型除去
《威牙の幻ハンゾウ》NS −6000 除去耐性
《威牙忍ヤミノザンジ》NS −2000 対速攻、Mロマノフ。苦手なゴーゴンにも効く
《ローズ・キャッスル》対ウィニー&システムクリーチャー
《ロスト・ソウル》大型ハンデス 時空ガンヴィと相性良
《ガンヴィート・ブラスター》大型ハンデス&除去 ディアス Zと相性良
《超次元ミカド・ホール》妨害兼フィニッシャーへのアクセス
《超次元バイス・ホール》同上 
《超次元ロマノフ・ホール》同上 時空の支配者を採用する場合
《リーフストーム・トラップ》S・トリガー付軽量除去
《スパイラル・ゲート》
《アクア・サーファー》対ビートダウン

サイキック・クリーチャー

《時空の封殺ディアス Z》主力 殲滅返霊によって積極的にアドバンテージ獲得を狙う
《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》除去持ち 対ビートダウンに 覚醒すれば十分な殴り手
《時空の賢者ランブル》比較的容易に覚醒が狙える高打点&高コスト
《時空の喧嘩屋キル》PCにバウンス耐性を付ける。セツダンはフェアリー・ホールから直接呼び出せる上、殴り手としても及第点
《巨人の覚醒者セツダン》
《時空の戦猫シンカイヤヌス》バイスホールからのキルヤヌス
《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》マナ回収 擬似的な置きドロー
《イオの伝道師ガガ・パックン》呪文への妨害 ザ・マンの相方
《時空の支配者ディアボロス Z》ロマノフ・ホールから

上記のカードを中心に、プレイヤーの好みや周囲の環境に合わせることが多い。《時空の賢者ランブル》覚醒条件を満たしやすくするため、《シークレット・クロックタワー》の枚数を増やしているタイプや、相手のハンデスを強く意識し、ドローに加え《ハッスル・キャッスル》を搭載するもの等、メタや戦術に合わせて様々なカードが取捨選択される。

マナブーストを採用するかコスト軽減を採用するかで構成が大きく異なる。
DMR-01以降は7マナ以上のサイキック・クリーチャーをあまり採用せず、《超次元バイス・ホール》等の小型を出せる超次元呪文に《時空の喧嘩屋キル》等の汎用的なサイキック・クリーチャーを入れたタイプが多い。
また、cipクリーチャーをコスト《復活の祈祷師ザビ・ミラ》を使用するタイプもある。

【ネクラ超次元】と似た挙動をとることができるが、あちらが《ハッスル・キャッスル》要塞化してからが土俵であるのに対し、《エナジー・ライト》等の文明ドローソースを入れることが可能であり、序盤の小型ハンデスにある程度耐性がある。
一方《時空の支配者ディアボロス Z》を呼び出すカードとして優秀な《超次元ガード・ホール》や単体でも強力な性能を誇る《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》文明呪文回収手段を取り入れることができない。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 01:29:54