【青黒GRハンデス】

【青黒ハンデス超次元】の系譜をくみ、そちらをGR召喚に寄せたデッキタイプ。DMRP-10《Wave All ウェイボール》《Wave ウェイブ》《知識と流転と時空の決断》を獲得して本格的に成立した。

Wave ウェイブ P 水文明 (5)
クリーチャー:トリックス/ワンダフォース 5000
このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、コスト4以下の呪文を1枚、自分の墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。
各ターン、自分が1枚目の呪文を唱えた時、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)
知識と流転と時空の決断 SR 水文明 (4)
呪文
自分の墓地に呪文が4枚以上あり、この呪文が自分のシールドゾーンにあれば、この呪文に「S・トリガー」を与える。
次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)
►カードを1枚引く。
►GR召喚する。
►相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。

主要カード

候補カード

《ゲオルグ・バーボシュタイン/ゴースト・タッチ》定番初動ハンデス。1ショットで勝ちに行くため生物面が付いていることは大事
《傀儡将ボルギーズ/ジェニコの知らない世界》
《マインド・リセット》《ウェイボール》全盛環境に刺さる
《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》コスト3以下の呪文2枚を墓地から唱える/軽量カードピーピングハンデス
《ブレイン・タッチ》を含むデッキで定番のキャントリップ付きハンデス
《イグゾースト・II・フォー》墓地呪文を再利用し、呪文詠唱時にプリン効果
《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》呪文面のロックがメイン。クリーチャー面による全体除去も相手GRに当てることが時にある
《アクア・ベララー》展開力を山札操作によるロックに変換するカード
《宇宙 タコンチュ》クリーチャーコマンド
《S級宇宙 アダムスキー》ライブラリアウトプランにおけるフィニッシャー
《デモンズ・ライト》除去ドローを同時に行う汎用性抜群の呪文
《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》Dスイッチで踏み倒せる呪文は【青黒ハンデス超次元】より小ぶりがちだが置きドローが優秀
《テック団の波壊Go!》青黒系の定番全体除去
《魔天降臨》フィニッシャー呪文

超GRゾーン

《マグ・カジロ》マナドライブ4によるATコスト4以下の呪文踏み倒し
《ポクタマたま》GR召喚を連打すれば直に捲れるので、墓地利用メタとしてアテにできる
《C.A.P. アアルカイト》基本は条件付き2打点として。1ターンを凌げる超天フィーバーの発動はあくまで余裕がある時に
《シェイク・シャーク》ほぼ無条件のcipプリン効果
《パス・オクタン》《ウェイボール》の風除けに
《モウドク 乙-一式》緩い条件で《堕魔 ドゥシーザ》相当となる

このデッキの回し方

《Wave All ウェイボール》軸

基本は最初に《Wave All ウェイボール》を召喚し、ハンデス除去で妨害しつつドローで手札を整える。

打点が揃ったら《マグ・カジロ》による《「本日のラッキーナンバー!」》踏み倒しで全体除去を封じつつ1ショットキルする。《無修羅デジルムカデ》によるタップインも役に立つが、デッキの枠の都合上オーラは精々付いて2枚程度となるので相手を詰ませるのには不十分であり、1ターン足止めしたらすぐに殴りかかることが推奨される。

《Wave ウェイブ》軸

序盤はハンデスと除去で相手の勢いを削ぎ、4マナ域から5マナ域のあたりで《イグゾースト・II・フォー》《知識と流転と時空の決断》《Wave ウェイブ》で一気に展開する。その後、《Wave All ウェイボール》軸と同じように1ショットキルする。

共通事項

相手の手札を枯らせたら《アクア・ベララー》山札操作ロックするプランも遂行される場合がある。安全な勝ち筋としてはGRクリーチャー《宇宙 タコンチュ》でコマンド化し、《S級宇宙 アダムスキー》ライブラリアウトさせるというものが存在する。

長所

ダイレクトアタックを目指す構築において、その実態は中速ビートダウンと呼ぶべきものであり、早ければ5ターン目にはフィニッシュできる。ハンデス系統の弱みであるキルターンの遅さが《Wave All ウェイボール》や中量級カードの展開力によって払拭されている。

メインデッキ打点要員で空費する必要が無いため、その分ハンデス除去を積み込むことができる。テンポ良く相手を妨害することに関しては、前身となるデッキである【青黒ハンデス超次元】に引けを取らない。

短所

言うまでもなく全体除去には弱い。ダラダラと打点を貯めているうちに《テック団の波壊Go!》で一掃されたら詰みに近い状況となる。3コストから4コストに優秀なGRクリーチャーが集中するため、《機術士ディール》もこのデッキに刺さる

構築上当然だが、の優秀なコスト踏み倒しメタ《Dの牢閣 メメント守神宮》は採用されないので、長期戦はある意味では苦手。

《S級宇宙 アダムスキー》《永遠の少女 ワカメチャ》を絶望的なメタカードとする。1ショットキルの開始時には相手が《永遠の少女 ワカメチャ》をデッキに搭載しているかを知っておく必要があり、もし持っていることを知ったらライブラリアウトをあきらめてダイレクトアタックを目指そう。そのために《アクア・ベララー》で山札を把握するのである。

参考