【青赤カゲキリ速攻】

進化クリーチャー《火ノ鳥カゲキリ》を主軸にした青赤【速攻】デッキ

【サイバー青単】《火ノ鳥カゲキリ》進化元ファイアー・バードオリジンを組み込んだタイプである。

火ノ鳥カゲキリ R 火文明 (2)
進化クリーチャー:ファイアー・バード/オリジン 4000
進化−自分のファイアー・バードまたはオリジン1体の上に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地においてもよい。そうした場合、このクリーチャーをアンタップする。

エンペラー・ティナ C 水文明 (1)
進化クリーチャー:サイバーロード/オリジン 4000
ブロッカー(相手のクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーをタップして、その攻撃を阻止してもよい。その後、その相手のクリーチャーとバトルする)
進化−自分の「サイバー」と種族にあるクリーチャーまたはオリジン1体の上に置く。 

軽量オリジンをタネに、【速攻】向きの軽量進化である《火ノ鳥カゲキリ》《エンペラー・ティナ》進化速攻を仕掛けていく。

の2色で組まれ、基本的には通常の青赤をオリジン中心にして組み立ててゆく。《予言者シュウ》《黙示賢者ソルハバキ》を使用する赤白のタイプは「【赤白速攻】」を参照。

主要カード

進化元の候補

火の候補

水の候補

進化の候補

《エンペラー・マリベル》メテオバーンでバウンス。ルチアーノと好相性
《エンペラー・ティナ》軽量サイバー進化。オリジン
《エンペラー・ベーシックーン》手札を切らさず殴れるサイバーロード進化
《アストラル・リーフ》殿堂入りカード。爆発力目当てに投入される。

このデッキの戦い方

手札《海底鬼面城》で賄いながら、各種ウィニービートダウンをしかける。

適当な進化元から《火ノ鳥カゲキリ》進化し、メテオバーンアンタップすることで連続攻撃を繰り出す。1マナ《ブルース・ガー》からはきれいにつながるほか、《翔天幻獣レイヴン》《電磁封魔ルチアーノ》を捨てればドローができる。

《時空工兵タイムチェンジャー》進化元を重ねればその分だけ攻撃回数が増え、S・トリガーさえ踏まなければ3回分攻撃することが可能。

このデッキの弱点

《火ノ鳥カゲキリ》に依存するデッキなので、S・トリガー除去された時のディスアドバンテージが大きい。特に、最初の一発目の攻撃で退場させられると苦しい展開となる。

場合によってはあえて進化させずに殴るといったプレイングも必要だろう。

その他

参考


Last-modified: 2018-11-07 (水) 23:23:21