【青赤緑ドギラゴン剣】

《蒼き団長 ドギラゴン剣》を主軸とした【青赤緑ビートダウン】の一種。

自然マナブーストに加え、自然の良質な超次元呪文やサーチを活かしたデッキで、コントロール寄りの構築やプレイングも可能。

DMRP-02期に完成形が誕生して知名度を上げ、DMRP-04裁期まで活躍していたデッキタイプ。
超次元呪文やマナブーストに必要な札に色を合わせた構築となっており、必然的に呪文の割合が高めになる。特に《百族の長 プチョヘンザ》《超次元フェアリー・ホール》を主力としたアーキタイプ。

蒼き団長 ドギラゴン剣(バスター) LC 火/自然文明 (8)
クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団 13000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
革命チェンジ―火または自然のコスト5以上のドラゴン
自分の多色クリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
T・ブレイカー
ファイナル革命―このクリーチャーが「革命チェンジ」によってバトルゾーンに出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、コストの合計が6以下になるよう、進化ではない多色クリーチャーを好きな数、自分のマナゾーンまたは手札から選び、バトルゾーンに出す。

超次元フェアリー・ホール C 自然文明 (5)
呪文
自分の山札の上から1枚目を自分のマナゾーンに置く。
次のうちいずれかひとつを選ぶ。
►自分の超次元ゾーンから好きな数のサイキック・クリーチャーをコストの合計が5以下になるように選び、バトルゾーンに出す。
►コスト7以下の自然のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。

概要

構想自体はDMR-22期に既に存在していたが、S・トリガーで出てきては《超次元ガロウズ・ホール》をコスト踏み倒しで唱える《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》、時にビートダウンの速度を落としてコントロール風に立ち回るのに役立つ《異端流し オニカマス》など、相性の良いカードが登場し、本格的に組まれるに至った。

【霊峰ドギラゴン剣】の成立によって見直された《漢の2号 ボスカツ剣》が、パワー2000以下のウィニーを焼きつつ《勝利のガイアール・カイザー》のようにコスト踏み倒しメタによって着地を邪魔されることがない汎用革命チェンジ元として役立つにもミソ。

時にはランデスとマナブーストなどを駆使して【青赤緑ランデス】のように立ち回ることで10マナ域に到達し、甚だしくはピン挿しの《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》エクストラウィンを狙うこともある。

一見相性の良い《伝説の禁断 ドキンダムX》は、それほど火のコマンドを連打することが自由ではなく、封印外しによる墓地肥やしがほぼ意味を持たないので、入れたり入れなかったりである。

デッキパーツ

主要カード

《蒼き団長 ドギラゴン剣》主要カード
《メガ・マナロック・ドラゴン》引けたら強力な疑似ランデス
《超次元フェアリー・ホール》コンセプトとなる超次元呪文の1つ
《勝利のアパッチ・ウララー》cippigサイキックを呼ぶ
《勝利の道標レティーシャ》サイキックリクルーター。色が役に立つこともあるので、《ウララー》とは差別化が可能
《ドンドン吸い込むナウ》水の定番サーチ
《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》水の呪文を踏み倒す。ターン終了時のドローも美味しい
《超次元ガロウズ・ホール》《勝利のリュウセイ・カイザー》などを呼ぶ。防御札にも

火文明のサポート

自然文明のサポート

《フェアリー・ライフ》定番マナ加速
《神秘の宝箱》山札を見て必要パーツをマナに置ける
《ディメンジョン・ゲート》山札から好きなクリーチャーをサーチ
《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》タッチした光や闇のおかげで5色揃うのでスーパーS・バックの発動機会は少なくない
《マナ・クライシス》ランデス軸の要

水文明のサポート

多色のサポート

《漢の2号 ボスカツ剣》超次元メタを受けない、除去付きの革命チェンジ
《焦土と開拓の天変》コントロール軸の要
《リュウセイ・ジ・アース》cipか疑似マッドネス能力としてトップ手札マナに置ける革命チェンジ元。《ドギラゴン剣》のサブの呼び出し元にも
《反撃のサイレント・スパーク》モードで2ドロー化相手オールタップ。色合わせになるので《ザ=デッドブラッキオ》とも相性が良く、既に攻撃している相手にノータッチな点もブレイクによってスーパー・S・バックを発動できるという点では同様である
《ハムカツ団の爆砕Go!》手打ちしてよし、S・トリガーで捲ってよしの汎用除去札。《オニカマス》メタにもなる
《超次元ホワイトグリーン・ホール》フルスペックを発揮した場合、1回唱えただけで手札からシールド追加、マナ回収をこなす。このデッキは光はタッチなので手打ちには工夫が実用
《音精 ラフルル》強力な呪文封じ。革命チェンジではなくドギラゴン剣で呼び出すのが殆ど

超次元ゾーン

《勝利のガイアール・カイザー》ドギラゴン剣のチェンジ元としては非常に優秀
《ガイアール・カイザー》相手の手札だった場合。素でスピードアタッカーを持つW・ブレイカー
《勝利のリュウセイ・カイザー》相手の手札//だった場合。打点強化とマナ妨害札
《紅蓮の怒 鬼流院 刃》自然に対応するW・ブレイカー
《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》に対応するW・ブレイカー
《時空の司令 コンボイ・トレーラー》ハンターサイキック獣では貴重な多色ブロッカー
《勝利のプリンプリン》//自然に対応する汎用性の高いサイキック獣
《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》コントロール寄りのプレイングを支える除去札
《巨人の覚醒者セツダン》サイキック・クリーチャーの着地を補助し、自身も除去耐性付きの2打点になる
《ヴォルグ・サンダー》基本的に《ガロウズ》のみからであるが、ライブラリアウトプランも行使可能

長所

コントロール系統や中速ビートダウンにランデスや《百族の長 プチョヘンザ》が刺さる。【緑単ループ】【ロージアミラダンテXII】などは3ターン目の《マナ・クライシス》が間に合う。赤青レッドゾーンは仮に相手の《異端流し オニカマス》《百族の長 プチョヘンザ》をバウンスされても相手は除去されただけでジリ貧になる上に、バウンスした《プチョヘンザ》は再利用できるし味方を巻き込んでマナゾーンに埋めて増えたマナを活かして次のターンに素出しするのもよいだろう。

除去も豊富であり、少数精鋭系統からウィニーを並べる物量勝負のものまで、幅広いタイプのビートダウンに耐性を持つ。《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》で抑止を行えば、今引きも怖くない。

短所

墓地回収を持たず、手札を増やす手段にも乏しいため、【青黒ハンデス超次元】などのハンデス系統には弱い。火のドラゴンをガン積みしているわけではないので《熱血提督 ザーク・タイザー》と相性もこのデッキ自体良くない。

《百族の長 プチョヘンザ》でコントロールできるマナ域に達する前に《百万超邪 クロスファイア》で殴り返したり《学校男》でポツンと1体だけで立っているところを除去したりすることができる【墓地ソース】も苦手。

【ロージアミラダンテXII】【青黒赤ドギラゴン剣】は、コントロールできる速度ではあるが、ほぼ同速の革命チェンジ系統でこれよりデッキパワーが高いという意味で、相手のカウンターが成功するとカードパワー差がもろに出てしまう。

その他

《“龍装”チュリス》が登場し、赤青ドギラゴン剣が成立すると、3ターンキルを強みとしつつウィニー戦術で各種メタをケアする赤青ドギラゴン剣の性質から、ランデスや除去などでコントロール気味に立ち回る青赤緑ドギラゴン剣の動きが通用しなくなっていった。

ほぼ同時期、《超次元ガロウズ・ホール》《音精 ラフルル》が殿堂入りし、コントロールデッキとしての機構が弱体化した。

さらに、双極篇に突入して【青黒緑シャコガイル】が成立すると、それに対してはゲームを長引かせても殴りに行っても裏目が目立つようになった。

もちろん《“龍装”チュリス》はこのデッキの強化パーツでもまたあるし、《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》のような相性の良いカードも登場しているが、やはり流動的な環境やカードプールの変遷に対応できなかったことで、赤青緑ドギラゴン剣は当初ほどの勢いを見せられなくなったのであろう。

リンク


Last-modified: 2018-11-18 (日) 20:14:20