青単(あおたん)コントロール】

単色で組まれたコントロール

ドラゴン・サーガに入ってマナ武装を持つカードが登場したことで生まれたデッキタイプである。

龍波動空母 エビデゴラス ≡V≡ 水文明 (4)
ドラグハート・フォートレス
自分のターンのはじめに、カードを1枚引いてもよい。
龍解:自分がカードを引いた時、それがそのターンに引く5枚目のカードであれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。(ゲーム開始時、ドラグハートは自身の超次元ゾーンに置き、バトルゾーンを離れた場合、そこに戻す)
龍解後⇒《最終龍理 Q.E.D.+》

理英雄 デカルトQ(キュー) VR 水文明 (7)
クリーチャー:クリスタル・コマンド・ドラゴン 7000
ブロッカー
マナ武装 7:このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンに水のカードが7枚以上あれば、カードを5枚まで引いてもよい。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、手札を1枚、新しいシールドとして、自分のシールドゾーンに裏向きにして加えてもよい。そうした場合、自分のシールドをひとつ選び、手札に戻す。ただし、その「S・トリガー」は使えない。
W・ブレイカー

マナ武装《術英雄 チュレンテンホウ》《理英雄 デカルトQ》置きドロー《龍波動空母 エビデゴラス》など、いくつかの有力なカードを中心に組まれる。

これといった定型は無く、プレイヤーの好みを活かしやすい。

ドラゴンの候補

リキッド・ピープルの候補

その他

呪文の候補

超次元の候補

このデッキの戦い方

序盤は各種リキッド・ピープルバウンスカードで凌ぎ、マナが貯まり次第、大型のドラゴンに繋いでいく。いくつかのコンボが考えられ、それを組み合わせてデッキが組まれることが多い。

例えば、《アクア大尉 ガリレオ・ガリレイ》マナ武装5で呪文コスト軽減ができる。出した次のターンには《龍素解析》が撃てるため、ドローしながらドラゴンを出せる。

また、序盤は《アクア操縦士 ニュートン》《アクア・ハルカス》《アクア隠密 アサシングリード》などで凌ぎ、シンパシーで軽くした《龍素開放》を使う手もある。

《ブレイン・チャージャー》《スペルブック・チャージャー》マナブーストし、マナ武装持ちの《理英雄 デカルトQ》などに繋ぐのもいい。

《術英雄 チュレンテンホウ》は相手クリーチャー攻撃する時に手札からS・トリガー呪文コスト踏み倒しできる。マナ武装7が起動すればさらに墓地からもう一度唱えられるため、《幾何学艦隊ピタゴラス》で4体バウンスという芸当も可能。

呪文を連射し、《龍素記号Mj リンシャンカイホ》コスト軽減するタイプもある。素のマナコストは12だが、自分の墓地呪文山札に戻すことでコスト軽減できるため、5、6枚落とせば6マナ前後での召喚も容易。ただし、呪文山札に行ってしまうため、バウンスを喰らうと再召喚に手間取る点に注意。

《龍波動空母 エビデゴラス》龍解を狙うのもいい。まずは《龍覇 メタルアベンジャー》《龍覇 M・A・S》置きドロー《龍波動空母 エビデゴラス》を建てる。
次のターンには7マナ貯まるはずなので、《理英雄 デカルトQ》マナ武装ドローすれば簡単に龍解して《最終龍理 Q.E.D.+》になれる。

S・トリガーを多めに投入し、《蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド》シールド追加で粘るタイプもある。相手にビートダウンされたら《チェンジ・ザ・ワールド》でシールドを回復させ、減った山札《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》で補充する。

様々な動きが可能でデッキビルディング自由度は高いが、その分デッキの方向性は見失わないようにしたい。

このデッキの弱点

マナブーストの手段が各種チャージャーくらいしかないので、どうしても相手の動きに出遅れがち。強力なマナ武装に必要な7マナ貯まるまで、何とか持ちこたえたい。

除去がほぼバウンスのみなので、cipを再利用されることが多い。特に《「祝」の頂 ウェディング》のような強力なcipを持つフィニッシャーには弱い。

その他

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:23:57