【青単速攻】

文明カードのみで組まれた【速攻】デッキ

軽量の質のよいドローソースにより、クリーチャーを絶え間なく展開できるのが魅力。

相対的なアドバンテージが取りやすい事などから、しばしばメタゲームに絡んでくる。
初の全国大会で優勝をさらったのも後述の《アストラル・リーフ》型青単であった。

ストリーミング・シェイパー R 水文明 (3)
呪文
自分の山札のカードを、上から4枚表向きにする。その中の水のカードをすべて自分の手札に加え、それ以外のカードを自分の墓地に置く。

単色で使えばコスト論を完全に無視したスーパードローソースに化ける《ストリーミング・シェイパー》は、どの時代でも必須カードに近いものとして認識されている。

何らかの進化クリーチャーが軸となることが多いのもこのデッキタイプにおける特徴の一つ。

これまでに中心となってきたカードは次々に殿堂入りしているが、そのたびに新しいコンセプトのデッキが開発されている。ある意味このデッキはそのようなパワーカードの移り変わりによって変遷してきたデッキと言えるかも知れない。

  1. ジャバジャック型
  2. サイバー型
  3. アストラル・リーフ型(初期)
  4. パシフィック・チャンピオン型(第2期)
  5. エンペラー・マルコ型(第3期)
  6. 殿堂ゼロデュエル型

ジャバジャック型(現在型)

超閃機 ジャバジャック SR 水文明 (4)
進化クリーチャー:リキッド・ピープル閃 6000
進化-自分のリキッド・ピープル1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを4枚引いてもよい。そうした場合、自分の手札を2枚、好きな順序で山札の一番下に置く。
W・ブレイカー

リキッド・ピープル閃の登場によって新しく登場した型。
全体的にリキッド・ピープル種族デッキといった所。《アクア・エボリューター》を組み合わせることによって3ターン目に《超閃機 ジャバジャック》を繰り出して手札補充し、高いパワーと打点で攻めていく。

cipも最終的には2枚しか手札に加わらないものの4枚めくれるので次なる一手で事故する確率を下げられ、またなにかしらでさらに1枚引けば《天災超邪 クロスファイア 2nd》も踏み倒すことができるのでピンで刺されることがある。

詳しくは【リキッド・ピープル】を参照。


サイバー型

エンペラー・ティナ C 水文明 (1)
進化クリーチャー:サイバーロード/オリジン 4000
ブロッカー
進化−自分の「サイバー」と種族にあるクリーチャーまたはオリジン1体の上に置く。

サイバーロードサイバー・ウイルスをはじめとしたサイバーを主力にするタイプ。

神化編サイバー種族から進化する有能な軽量進化クリーチャーである《エンペラー・ティナ》《エンペラー・ヒミコ》《アストラル・ラッシュ》《エンペラー・マリベル》が登場。

進化速攻のしやすいこれら進化クリーチャーを主力にして、現在、以前に劣らないほどの速さと強さを発揮している。
その後、エピソード2では《エンペラー・ベーシックーン》《トロン》が登場したことによってよりさらに高速化した。

詳しくは「【サイバー青単】」を参照。


《アストラル・リーフ》

主力種族はサイバー・ウイルスリキッド・ピープル
DM-07以前の環境である、第一次殿堂施行以前に猛威を振るったデッキタイプ

アストラル・リーフ VR 水文明 (2)
進化クリーチャー:サイバー・ウイルス 4000
進化−自分のサイバー・ウイルス1体の上に置く
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、カードを3枚引いてもよい。

《アストラル・リーフ》を初めとする優秀なドローソース群、その手札をからS・トリガーを設置する《エメラル》や、それを生かす強力なS・トリガーが搭載され、攻めにも守りにも隙のないデッキ。

詳しくは「【リーフ青単】」を参照。


《パシフィック・チャンピオン》

主力種族はマーフォークリキッド・ピープル
言わずと知れた軽量強力進化クリーチャー《パシフィック・チャンピオン》を軸にしたタイプ。2〜3ターン目から、粘り強く攻めていけるのが強み。

パシフィック・チャンピオン R 水文明 (2)
進化クリーチャー:マーフォーク 5000
進化−自分のマーフォーク1体の上に置く。
このクリーチャーは、進化クリーチャーではないクリーチャーから攻撃されない。
このクリーチャーは、進化クリーチャーではないクリーチャーにブロックされない。

詳しくは「【パシフィック青単】」を参照。


《エンペラー・マルコ》

主力種族はサイバーロードリキッド・ピープル
極神編末期〜戦国編に組まれたデッキで、《エンペラー・マルコ》による【速攻】に似合わぬビート力と粘り強さが売り。

エンペラー・マルコ SR 水文明 (5)
進化クリーチャー:サイバーロード 6000
進化−自分のサイバーロード1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを3枚まで引いてもよい。
W・ブレイカー

戦国編に入った後、《アクア・ベララー》《斬隠テンサイ・ジャニット》《海底鬼面城》《チェレンコ》と、立て続けに相性のいいカードが登場し、投入されて行った。《チェレンコ》《海底鬼面城》登場後は《パラダイス・アロマ》が投入され始め、後の「サイバー型」に近づく。
3色以上使った【マルコビート】と比べて【速攻】性では勝っていたものの、単色故のカードプールの少なさから、メタゲームでの活躍はあちらに軍配が揚がっていた。


殿堂ゼロデュエル

殿堂ゼロデュエルの青単では《アストラル・リーフ》などの殿堂カードが4枚使うことができる。サイバー型に《アストラル・リーフ》を3、4枚積む構成が考えられる。
1ターン目《トロン》から《パラダイス・アロマ》を大量展開。といったことも。
また、《音精 ラフルル》を始め強力な革命チェンジ持ちクリーチャー進化クリーチャーcipを使いまわせるため手札が枯渇しにくく、手札が増えるだけの《ストリーミング・シェイパー》は採用されないことも多い。

参考


Last-modified: 2018-11-07 (水) 23:15:14