【青緑ビートダウン】

青は、緑は自然を指し、それらの文明で組まれるビートダウンデッキ。

自然のマナブーストでマナを増やしつつ、水のドローソースによってそれらを使い切る手札枚数を確保。同時にクリーチャーを並べてビートダウンし、勝負を決めていく。

闘魂編以前はビートダウンの中ではかなりオーソドックスな色構成のデッキタイプだったが、聖拳編で各種多色カードや《無双竜機ボルバルザーク》が登場すると、も加えた【青赤緑ビートダウン】のほうが主流になっていく。

このデッキタイプに限らず、聖拳編以後、【速攻】以外のデッキは基本的に三色以上で組まれることが多い。

原因としては自然がそれぞれ手札マナを増やすことが主となってしまう為、プレイヤーへの攻撃能力が低くなる為である。だが、ドローマナブーストに特化している分展開力は非常に高く、侮れないデッキタイプも多い。

現在では、自然のみで組まれた【バニラビート】【ラムダビート】、他には【ドルゲーザ】などがこれに該当する。

参考


Last-modified: 2018-11-07 (水) 23:31:05