赤黒(あかくろ)轟轟轟(ゴゴゴ)”ブランド】

【“轟轟轟”ブランド】に闇を入れた型。闇のディスカードとハンデス、《ビックリーノ》の存在によって速攻と妨害を両立したアーキタイプとなっている。主にDM・双マーク2ブロック構築環境で見られるデッキ。DMRP-07期に成立。

“轟轟轟”ブランド MAS 火文明 (7)
クリーチャー:ビートジョッキー 9000
マスターG・G・G:自分の手札がこのカードだけなら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火のカードがあれば、カードを1枚引く。その後、自分の手札を好きな枚数捨ててもよい。こうして捨てた手札1枚につき、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体、破壊する。

ビックリーノ SR 闇文明 (5)
クリーチャー:マフィ・ギャング/スペシャルズ 5000
このクリーチャーが攻撃する時、相手は自身の手札を1枚選んで捨てる。
相手が「S・トリガー」を持つカードを使った時、このクリーチャーを破壊する。
自分のターンの終わりに、相手のクリーチャーがバトルゾーンに1体もなければ、このクリーチャーを自分の墓地からバトルゾーンに戻す。

主要カード

《“轟轟轟”ブランド》核。ディスカードを伴うハンデス手段を使って手札を消費し、高速召喚を狙う
《ビックリーノ》核。《パラスキング》への侵略元にも

ディスカード手段

《夜更人形ジェニコ》各プレイヤーに1セルフハンデス
《ルソー・モンテス/法と契約の秤》《ジェニコ》と違ってランダムハンデス 終盤は呪文面で《轟轟轟》を墓地から出せる
《堕魔 ザンバリー》1コストで1ディスカードの攻撃不能5000ブロッカー
《凶鬼02号 ドゴンギヨス》手札を2枚捨て早期召喚可能なW・ブレイカー

ウィニー候補

《凶戦士ブレイズ・クロー》定番の火の1コストウィニー
《グレイト“S-駆”》G・G・GによりSA化する1コストウィニー
《ミサイル“J-飛”》《“S-駆”》の上位種
《堕魔 ドゥシーザ》2コストウィニーにおいてかなり優秀な除去性能をもつ

その他候補カード

《堕魔 ドゥグラス》運次第で打点補強にもなる防御S・トリガー
《撃髄医 スパイナー》相手クリーチャー1体3000パワー低下を3回行う。SSTでコスト4以下を全てリアニメイト
《革命類侵略目 パラスキング》《ビックリーノ》や《ドゴンギヨス》から侵略できるT・ブレイカー
《龍装05号 イヴィルヴィ/イーヴィル・フォース》呪文面は3マナでコスト4以下の踏み倒しとその個体へのSA付与効果で、手札削りにも。クリーチャー面もシスクリ除去に使えないことはない
《TEKUTEKU・ボンバヘイ》《イーヴィル・フォース》とのシナジー抜群
《DOKIDOKI・ザイナマ》《イーヴィル・フォース》とのシナジーはより高いが、それ以外で出すことはほぼ不可能

通常のレギュレーション下で使われるカード

《闇戦士ザビ・クロー》定番の闇の1コストウィニー
《死神術士デスマーチ》墓地に置いたカードを利用して出て来る優秀な1コストウィニー
《ZEROの侵略 ブラックアウト》コスト踏み倒しに反応してタダ出しできるお手軽2打点
《福腹人形コダマンマ》cipでシールドから手札補充 ある程度手札補充は欲しくなる場面もある
《人形の裏技ペット・パペット》《夜更人形ジェニコ》《福腹人形コダマンマ》からタダでハンデスを浴びせる
《暗黒鎧 ダースシスK》1ターン目から《“轟轟轟”》を踏み倒してそのまま2ターンキルするには必須
《魔光ドラム・トレボール》《魔弾バクレツ・ストライク》との相性最高
《爆獣工師ピーカプ・フィリッパ》素のスペックは準バニラなので5枚目以降の《トレボール》に
《魔弾バクレツ・ストライク》ナイト軸のお手軽打点製造機

このデッキの回し方

1ターン目に《堕魔 ザンバリー》を出し、2ターン目までに《“轟轟轟”ブランド》マスターG・G・Gを達成するのが理想の動き。

長所・短所

2ブロック構築ではハンデスが刺さらない対面が事実上存在しないため汎用性は高い。

また、ブロッカーも積まれているため【速攻】同士の対面では比較的有利。

ただ、S・トリガー今引きには弱い。個々のカードパワーは非常に低く、スーサイドデッキであり長期戦も苦手。ハンデスが利敵行為になる相手もキツイ。よって、【サッヴァーク】や同じ【赤黒“轟轟轟”ブランド】には不利が付く。

参考