【赤黒ヒューマノイド】

《鬼斗マッスグ》コスト軽減から強力な進化ヒューマノイドを繰り出すビートダウンデッキヒューマノイド種族デッキであり、【鬼丸ビート】や【オニナグリビート】とも呼ばれる。稀に【赤黒人間】とも呼ぶ。

鬼斗(さきがけ)マッスグ C 火/闇文明 (3)
クリーチャー:ヒューマノイド/ハンター/エイリアン 3000
マナゾーンに置くときこのカードはタップして置く。
自分の進化ヒューマノイドの召喚コストを最大2少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。

黄金世代(ゴールデン・エイジ) 鬼丸「爆」 ≡V≡ 火文明 (6)
進化クリーチャー:ヒューマノイド/ハンター/エイリアン 13000
進化−自分のヒューマノイド1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーが破壊される時、自分の山札の上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せる。それがヒューマノイドであれば、このクリーチャーは墓地に置かれるかわりにバトルゾーンにとどまる。
このクリーチャーが破壊された時、このクリーチャーの下にあったクリーチャーをすべて、墓地からバトルゾーンに出してもよい。

涙の終撃(ラストアタック)オニナグリ SR 火文明 (5)
進化クリーチャー:ヒューマノイド/ハンター/エイリアン 7000
進化−自分のヒューマノイド1体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、コストの合計が6以下になるように相手のクリーチャーを好きな数選び、破壊する。
W・ブレイカー

《鬼斗マッスグ》コスト軽減により、4ターン目に《黄金世代 鬼丸「爆」》《オニナグリ・ザ・レジェンド》などの高打点進化クリーチャーをぶつけることが可能。

エピソード2ドラゴン・サーガでのフィーチャーを受けヒューマノイドにもメタカードが充実してきていることから、コントロール相手にも強い。

《マッスグ》の文明であるの2色で組まれることが多い。とはいえ自然を入れた3色で組むことも不可能ではない。水を入れる場合、《爆裂B-BOY》との相性の良さから《金属器の精獣 カーリ・ガネージャー》が採用されることもある。

非進化ヒューマノイドの候補

《鬼斗マッスグ》核。進化ヒューマノイドのコストを2軽減
《爆裂B-BOY》進化クリーチャーのコストを1軽減
《爆冒険 キルホルマン》ヒューマノイド軸なら実質2コストスピードアタッカー
《爆山伏 リンクウッド》火のマナ武装3を発動すれば、アタックトリガーヒューマノイドを手札に加えられる
《地獄のケンカボーグ》高パワー多色バニラ
《守り屋ジョーオニー》攻撃できない準バニラブロッカーだが、進化元には便利
《爆走鬼娘モエル・ゴー》cipハンターサーチ
《鬼ライダー モエル》cipで条件付き手札補充ハンターかつエイリアン手札
《爆轟 マッカラン・ファイン》火のマナ武装5で味方全員にスピードアタッカーを与える
《オニチャッカリ 爆ゾウ》やや重いコスト軽減が可能なウィニー
《オニウッカリ 爆マル》コスト軽減が可能な重量級スピードアタッカー
《モエル 鬼スナイパー》S・トリガー持ち。cipで4000火力
《待ち伏せオニゾウ》S・トリガー持ち。cipで-2000のパワー低下
《GENJI・ボーイ》アタックトリガーブロッカー破壊
《その子供、凶暴につき》自分の小型クリーチャーをSA化、相手のSAと進化をタップイン
《デュエマの鬼!キクチ師範代》プレイヤーに対し、手札補充以外、山札からのカードの移動を制限
《爆炎シューター マッカラン》火のマナ武装3で強制バトル・実質4000火力
《ハンマー野郎 オニドツキ》cipブロッカー除去
《爆鏡 ヒビキ》相手が呪文を唱える度にランデス
《白鬼ギャラガ》疑似手札補充
《龍覇 ストラス・アイラ》各文明のドラグハートによって臨機応変に戦える
《龍覇 スコッチ・フィディック》《爆熱剣 バトライ刃》《天守閣 龍王武陣 -闘魂モード-》などの強力なドラグハートを呼び出せる
《龍覇 グレンモルト》もう1つの切り札。強力なドラグハート《銀河大剣 ガイハート》を出せるのが強み
《ウソと盗みのエンターテイナー》相手の踏み倒しクリを破壊。味方がいれば攻撃されない
《無頼勇騎タイガ》自然を入れる場合。2コストスピードアタッカー
《戦略のD・H アツト》を入れる場合。ドロー墓地肥やし

進化クリーチャーの候補

ヒューマノイド以外からの進化

その他の候補カード

このデッキの使い方

《爆裂B-BOY》《鬼斗マッスグ》コスト軽減から速やかに《黄金世代 鬼丸「爆」》《オニナグリ・ザ・レジェンド》などの破壊耐性持ち大型進化に繋ぐのが定石。また、《涙の終撃オニナグリ》《滅殺鉄拳オニジゴク》によってウィニーや軽量ブロッカー、中型フィニッシャーを蹴散らして強引に攻めていくことができる。《デュエマの鬼!キクチ師範代》《ウソと盗みのエンターテイナー》といった強力なメタカードも無理なく入れることができ、ビートダウンの中でも相手の除去・妨害に優れる。

《地獄のケンカボーグ》《守り屋ジョーオニー》《オニチャッカリ 爆ゾウ》などその他のウィニーも充実しており、進化元には事欠かない。進化させるので《鉄拳制裁オニノブシ》《戦略のD・H アツト》といったcip持ちヒューマノイドも採用を考えられるだろう。特に《爆走鬼娘モエル・ゴー》は進化元となりつつ進化先や《GENJI・ボーイ》をサーチすることが可能であり優秀。もちろん《爆裂B-BOY》《鬼斗マッスグ》も進化元となる。

進化クリーチャーをうまく初手で引けなくとも、《爆走鬼娘モエル・ゴー》《鬼ライダー モエル》サーチが可能。
また、が入ることで墓地回収による手札補充もできる。
基本的に単純なビートダウンしかできないが、【速攻】などに比べるとある程度の柔軟性を持ち合わせる。

このデッキの弱点

進化クリーチャーを使用する都合上、パワーの低い進化元を次々に除去されてしまうとどうしようもない。《勝利のガイアール・カイザー》を出せる《超次元ボルシャック・ホール》《超次元ミカド・ホール》を使う相手は要注意である。

少数のフィニッシャーに頼ることになるので、《勝利のプリンプリン》《凍結の魔天ダイイング・メッセージ》《支配の精霊龍 ヴァルハラナイツ》などで動きを封じられるのも辛い。

またビートダウンの宿命として、大型フィニッシャーを軽々と踏み倒す【ヘブンズ・ゲート】【ウェディング・ゲート】【ミラクルとミステリーの扉】も不利な相手となる。対策として《ウソと盗みのエンターテイナー》《早撃人形マグナム》を挿しておくと役に立つ場合がある。

数あるデッキタイプの中でも特に相性に左右されやすく、圧倒的に勝つか、手も足も出せずに負けるかの2つになる場合が多い。


その他

  • 漫画やアニメで主人公の切札 勝太が好んで使用するデッキである。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:46:20