【赤青ブランド】

1ターンの内に文明ウィニーを複数体と《“罰怒”ブランド》を並べて約4ターンから5ターンで1ショットキルを決めるデッキ。

《“罰怒”ブランド》マスターB・A・Dスピードアタッカー付与を最大限に活かすために、極力ウィニーの展開を最小限に抑える」という従来のビートダウンでは考えられないプレイングを行う。

“罰怒(バッド)”ブランド MAS 火文明 (7)
クリーチャー:ビートジョッキー 9000
マスターB・A・D(このクリーチャーを、コストを2少なくし、さらに、このターンに召喚した自分の他の火のクリーチャー1体につき追加で2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに自分のクリーチャーを1体破壊する。ただし、このクリーチャーのコストは0以下にならない)
W・ブレイカー
自分の火のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。

単騎連射(ショートショット) マグナム P 火文明 (3)
クリーチャー:アウトレイジ 3000
自分のターン中に、相手のクリーチャーがバトルゾーンに出る時、そのクリーチャーはバトルゾーンのかわりに持ち主の墓地に置かれる。

無重力(ゼロゼロ) ナイン C 火文明 (3)
クリーチャー:アウトレイジMAX 1000
G・ゼロ―バトルゾーンに自分のアウトレイジがあれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

主要カード

《“罰怒”ブランド》フィニッシャー
《単騎連射 マグナム》《無重力 ナイン》に繋ぎ、《“罰怒”ブランド》に至るまでの3連鎖の始まり。強力なロック性能持ち。
《無重力 ナイン》クリーチャー展開の要の1つ。相手の《オニカマス》と《洗脳センノー》が刺さらない
《異端流し オニカマス》強力なコスト踏み倒しメタにして上質なウィニー。《単騎連射 マグナム》と相互補完的
《音精 ラフルル》《オニカマス》や《単騎連射 マグナム》と合わせれば相手は実質逆転不能に
《プラチナ・ワルスラS》ドローソース兼サブフィニッシャー

候補カード

コスト1

《スチーム・ハエタタキ》多くの踏み倒しメタを除去
《飢えと乾き ケローラ》コスト1のアタッカー。マナに水マナが無いと維持できないので1ターン目から展開できない
《海底鬼面城》【速攻】の動きを阻害しないドローソース
《ロスト・ウォーターゲイト》《音精 ラフルル》などの多色をサーチ

コスト2

《熱湯グレンニャー》キャントリップが付いた進化元革命チェンジ
《エメラル》シールド交換が付いた進化元革命チェンジ
《スパイラル・ゲート》軽量除去、
《勇愛の天秤》手札交換兼軽量除去マッドネス起動
《エマージェンシー・タイフーン》手札交換、マッドネス起動
《斬斬人形コダマンマ》コダマショックから《“罰怒”ブランド》に繋ぐなら
《月光電人オボロカゲロウ》手札交換が付いた進化元、革命チェンジ元

コスト3

その他

このデッキの使い方

1ショットキルが望ましいので、ウィニーの展開は必要最小限にとどめる。

できれば1ターン目には《海底鬼面城》を出しておきたいところ。
そうすれば2ターン目に《熱湯グレンニャー》《月光電人オボロカゲロウ》などの効果で大抵は綺麗に必要カードが揃う。
コスト軽減の天敵である《制御の翼 オリオティス》《スチーム・ハエタタキ》で除去しよう。《異端流し オニカマス》は無視して《“罰怒”ブランド》マスターB・A・Dを使っても構わない。

4ターン目には《単騎連射 マグナム》から《無重力 ナイン》に繋ぎ、《“罰怒”ブランド》までを1ターンの内に出せる。バトルゾーンに6打点と水のクリーチャー1体、手札に《音精 ラフルル》が揃えば、後は安全なフィニッシュに向かうだけである。

既存の【速攻】と比べると詰めの性能がものすごく高いのが特徴。全体除去は弱点だが、身も蓋もない言い方をすると高コストの全体除去を打たれる前に殴り切ってしまえば良い。
《異端流し オニカマス》を搭載しているので侵略革命チェンジにも滅法強い。

意外なところで《メガ・マグマ・ドラゴン》も刺さりにくい。水のウィニーは大抵《プラチナ・ワルスラS》進化してしまうので5000除去ラインを超えてしまうのと、火のウィニーはマスターB・A・Dのために手札で温存されるためそもそも展開されていないからである。展開するときには《単騎連射 マグナム》《音精 ラフルル》が並んで1ショットキルされるだけなので、そもそも《メガ・マグマ》の出る幕が無いのだ。

このデッキの弱点

そもそも話として《“罰怒”ブランド》1ショットキル性能ありきで構成されているので、《プラチナ・ワルスラS》ビートダウンし続ける試合運びは比較的不利な展開である。

またカツカツな手札から1ショット打点を最速で揃える都合上、6打点を超す打点は形成しにくい。そこを《Dの牢閣 メメント守神宮》と相手クリーチャーに防がれると巻き返される危険性がある。マスターB・A・Dによりターン終了時に打点が減るのも痛手。

《デスマッチ・ビートル》は刺さりやすく、マスターB・A・Dのために展開される《無重力 ナイン》が全滅されるので打点形成の難易度が格段に上がる。詰めの《音精 ラフルル》への革命チェンジも呪文封殺と引き換えに打点が減るため打点計算が狂うことも。パワーがやたら高いため《スチーム・ハエタタキ》も無力である。

赤青ブランド自体はニンジャ・ストライクを抑制する潜在力を備えているのだが、《デスマッチ・ビートル》《Dの牢閣 メメント守神宮》を獲得した【シノビドルゲーザ】の前では不利が付きやすい。

その他

人によっては、《火炎流星弾》のように、低コストとは言え1枚が担う仕事が少ないカードとして、《スチーム・ハエタタキ》を採用することに抵抗感を覚えるプレイヤーもいる。《スチーム・ハエタタキ》を採用するくらいなら《超次元キル・ホール》を積んだほうがマシだという意見すらある。
いくら《スチーム・ハエタタキ》がコスト1だからといっても、相手がコスト踏み倒しメタを出すタイミングによっては、それを除去することが1ターン分のテンポロスを生む。そのため、《制御の翼 オリオティス》の射程範囲内であり、なおかつ火のクリーチャーが残る《ナグナグ・チュリス》という選択肢を視野に入れるプレイヤーもいる。

真木孝一郎氏が自身のTwitterで公開しているCSヒストリー&デッキ分布図には「罰怒レイジ」というデッキタイプがあるが、アウトレイジに特化したこのデッキを指しているのだと思われる。

「赤青“罰怒”ブランド」とも呼ぶが、ビートジョッキーはデッキ内に[[《“罰怒”ブランド》」程度しか入らない構築がざらなので「赤青ビートジョッキー」とは言わない。

2018年3月1日の殿堂レギュレーション改定により《単騎連射 マグナム》《音精 ラフルル》の両方が殿堂入り赤青《“罰怒”ブランド》主体の構築自体は組めるが、大前提であるフィニッシュ手段の規制により事実上アーキタイプとしては消滅。


参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 23:21:41