【赤単ガトリング】

《音速 ガトリング》で3ターンキルを理想とするデッキ。《爆冒険 キルホルマン》を採用しているためデッキがヒューマイノドで固められているのが特徴。

音速 ガトリング UC 火文明 (4)
進化クリーチャー:ヒューマノイド爆/侵略者 6000+
進化―自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
侵略―火の侵略者または火のヒューマノイド(自分の火の侵略者または火のヒューマノイドが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
パワーアタッカー+1000(攻撃中、このクリーチャーのパワーを+1000する)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)

主要カード

《音速 ガトリング》侵略者かヒューマノイドから侵略できる。主に2コストのスピードアタッカーヒューマノイドから侵略する
《爆冒険 キルホルマン》2コストのヒューマノイド。山札の上のカードがヒューマノイドかドラゴンであればスピードアタッカーになる
《炎舌実況DJ・ショー》2コストのヒューマノイド。じゃんけんに勝つとスピードアタッカーになる

候補カード

《凶戦士ブレイズ・クロー》2ターン目に殴れる1コスト
《螺神兵ボロック》
《ブルース・ガー》
《爆裂B-BOY》進化クリーチャーのコスト軽減ができるヒューマノイド
《斬込隊長マサト》詰めの打点稼ぎ
《爆山伏 リンクウッド》マナ武装3でアタック時にヒューマイドを山札の上から手札に加えられる
《鬼切丸》3コストヒューマノイドのスピードアタッカー
《音速 シュタタ》
《爆熱血 ナレ太郎》
《爆炎シューター マッカラン》コスト踏み倒しメタクリーチャーを破壊する
《爆熱血 ロイヤル・アイラ》マナ武装3で手札補充。ガトリングを引けなかったとき用
《龍覇 アイラ・フィズ》ドラグナー
《音速 ニトロフラグ》相手のシールドが2枚以下なら火のクリーチャーすべてにスピードアタッカー付与。詰め用
《その子供、凶暴につき》相手の進化とスピードアタッカーをタップイン。3コスト以下のクリーチャーにスピードアタッカーを付与
《ボルシャック・ドギラゴン》防御札
《モエル 鬼スナイパー》S・トリガーcipと自分のコスト7以上のクリーチャーを出したとき4000以下を破壊
《龍装者 バルチュリス》最速2ターン目に出てくるお手軽打点補強
《ハロウェーイ》実質コスト4。進化が捲れればSA2打点となる

デュアルショック型

《斬斬人形コダマンマ》シールドを手札に加える。S・バックの起動役
《花美師ハナコ》
《デュアルショック・ドラゴン》3ターンキルサブプラン。ミラーマッチ対策にも
《爆壁 ヒビキ 18y》エスケープ時にS・バック

サイノス型

《獣軍隊 サイノス》ビーストフォーク版ガトリング
《無頼勇騎タイガ》《獣軍隊 サイノス》《音速 ガトリング》のどちらにも侵略可能

このデッキの回し方

理想の動きは、
1ターン目:《凶戦士ブレイズ・クロー》などの1コストアタッカー召喚
2ターン目:《爆冒険 キルホルマン》などを召喚し、《音速 ガトリング》に侵略させ総攻撃。相手シールド残り2枚。
3ターン目:《音速 ガトリング》で攻撃し、残ったクリーチャーでダイレクトアタック
3ターンキル達成。

概要

スピードアタッカーを持ち、侵略対象になるカードで最も軽いカードは現時点で2コストの《爆冒険 キルホルマン》《炎舌実況DJ・ショー》《斬込隊長マサト》《無頼勇騎タイガ》の4体。

《無頼勇騎タイガ》以外は条件付きなものの単色である為、色事故を起こさないという点で優秀。
基本的なスペックはほぼ準バニラとはいえ、2ターン目に出てくるとなるとかなりの驚異である。

もとは【赤単ヴァルボーグ】《機神装甲ヴァルボーグ》《音速 ガトリング》に入れ替えたデッキであった。《機神装甲ヴァルボーグ》は5枚目以降の《音速 ガトリング》に成り下がってしまった。また、《無頼勇騎タイガ》ビーストフォークでもある事を利用し、《無頼勇騎タイガ》から《音速 ガトリング》《獣軍隊 サイノス》に侵略させて攻めるタイプも登場した。

《音速 ガトリング》の登場した当初は【レッドゾーン】より速攻性能が高く評価が上回っていたが、DMD-27の登場後は【レッドゾーン】が十分な安定性とデッキパワーを手に入れたため、あちらに一歩譲る存在となり、革命ファイナル環境以降はデッキパワーの問題から環境とは縁が無くなった。

その後、《ハロウェーイ》《龍装者 バルチュリス》など強化札は得ている。

参考


Last-modified: 2018-11-07 (水) 23:12:18