赤白(あかしろ)轟轟轟(ゴゴゴ)”ブランド】

概要

【“轟轟轟”ブランド】に光を入れた型。従来の2ターンキルを目指す【“轟轟轟”ブランド】とは違い、《ヘブンズ・フォース》からメタクリーチャーなどを展開するデッキとなっている。2018年7月から8月にかけて使用された、《“轟轟轟”ブランド》《単騎連射 マグナム》以外はすべて光のカードという【白単“轟轟轟”ブランド】が原型。

ヘブンズ・フォース UC 光文明 (2)
呪文
S・トリガー
コストの合計が4以下になるように、好きな数の進化ではないクリーチャーを自分の手札からバトルゾーンに出す。

“轟轟轟”ブランド MAS 火文明 (7)
クリーチャー:ビートジョッキー 9000
マスターG・G・G:自分の手札がこのカードだけなら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火のカードがあれば、カードを1枚引く。その後、自分の手札を好きな枚数捨ててもよい。こうして捨てた手札1枚につき、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体、破壊する。

ナゾの光・リリアング SR 光文明 (2)
クリーチャー:メタリカ/スペシャルズ 2000
キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体のK能力を使う)
K−光のコスト3以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分の手札から唱えてもよい。
エスケープ(このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分のシールドを1つ手札に加えてもよい。ただし、その「S・トリガー」は使えない)

主要カード

《“轟轟轟”ブランド》核。《ヘブンズ・フォース》を使って手札を消費し、召喚を狙う
《ヘブンズ・フォース》核。メタクリーチャーを展開する。
《ナゾの光・リリアング》光のコスト3以下の呪文を踏み倒す2コストウィニー。呪文手打ちよりも激しく手札消費できる

ヘブンズフォースから出す候補カード

《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》タップされているとS・トリガー呪文を使えなくさせることができる
《スニーク戦車 オーリー/トゲ玉・キャノンボール》ヘブンズフォースからサグラダと一緒に出してスピードアタッカーにすることで1ターン早く殴れる
《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》コスト踏み倒しメタクリーチャー
《制御の翼 オリオティス》ミラーマッチで打点ずらしが光るブロッカー付きコスト踏み倒しメタクリーチャー
《紅の猛り 天鎖》ラビリンスドロー。次々とG・G・G持ちを投げると強い
《正義の煌き オーリリア》ラビリンスで相手はコスト5以下の呪文を唱えられなくなる。手札消費が減るがロック性能は強力
《こたつむり》相手のスピードアタッカーなどを止める
《グレイト“S-駆”》G・G・Gスピードアタッカーになる
《ミサイル“J-飛”》
《単騎連射 マグナム》強力無比なカウンター獣封じ
《轟車 “G-突”》G・G・Gで攻撃可能になるW・ブレイカー。打点が高くブロッカーを突破できる
《希望の親衛隊ラプソディ》1コストクリーチャー
《予言者クルト》
《黙示賢者ソルハバキ》実質1コストのクリーチャー
《ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー》4コストにしてデメリットなしの2打点

その他候補カード

超次元ゾーン

《時空の戦猫シンカイヤヌス》《“轟轟轟”》などで瞬時にループ覚醒し、出したばかりの光のウィニーなどをSA化しよう
《時空の英雄アンタッチャブル》素のコストが相手の《ミクセル》に引っかかりにくい。《シンカイヤヌス》のループ覚醒から連鎖的に覚醒すると吉
《イオの伝道師ガガ・パックン》呪文メタ
《小結 座美の花》相手のブロッカーを一体の攻撃だけで全てタップさせることが出来る

このデッキの回し方

《ヘブンズ・フォース》で手札を激しく消費する点とG・G・Gを組み合わせたデッキで、《ヘブンズ・フォース》で手札を消費し《“轟轟轟”ブランド》を早期に踏み倒すのが理想の流れ。

長所

《ヘブンズ・フォース》から出すクリーチャーの候補は基本的にメタができるクリーチャーが多い。

優秀な軽量システムクリーチャーを多数採用しているため、最悪《“轟轟轟”ブランド》が引けなくても勝てる。《“轟轟轟”ブランド》への依存度が低い点では赤単の【“轟轟轟”ブランド】より優秀。

《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》《正義の煌き オーリリア》のおかげである程度詰めの性能も発揮できる。
《正義の煌き オーリリア》は、1ターン目に殴れるクリーチャーを出しておき、2ターン目に《ヘブンズ・フォース》から出し、先ほど出したクリーチャーで殴るとラビリンスを発動できる。先行であれば《フェアリー・ライフ》などの初動を封じたり、ミラーマッチで相手の《ヘブンズ・フォース》を封じる動きが出来たり、《ドンドン吸い込むナウ》《オリオティス・ジャッジ》の手打ちやS・トリガーを防いだりできるため決まれば非常に強力である。

《ヘブンズ・フォース》S・トリガープレイするタイミングによっては《制御の翼 オリオティス》で攻めを防いだ後、返しのターンに並べたウィニーで猛攻を仕掛けるということも十分できる。

一見すると《紅の猛り 天鎖》はG・G・Gを阻害してしまうが、採用カードの多くが低コストなので要は片っ端からプレイしてしまえば手札がG・G・Gの邪魔になることはない。

短所

《ヘブンズ・フォース》から出すクリーチャーの大半が2コストなので、《キング・ザ・スロットン7/7777777》に弱い。たった3コストで場が壊滅してしまうので対策が必要。

2コスト帯の踏み倒しメタクリーチャーなどに弱い。《ヘブンズ・フォース》はコスト踏み倒しなので場に出されると《ヘブンズ・フォース》から一気に手札消費することが出来ないどころか、《“轟轟轟”ブランド》が着地しづらい状況になる。

採用しているコスト踏み倒しメタマナゾーンの枚数を上回るコストのクリーチャーの着地を阻害する方式なので、低コスト高パワーの上に革命チェンジで非力なウィニーを変換する《タイム3 シド》は厄介。《Dの牢閣 メメント守神宮》Dスイッチで貯めた打点をタップされてから《龍装者 バルチュリス》を追加の殴り返しに出されたら大打撃。

参考