【赤緑速攻】

自然で組まれた【速攻】デッキ。
ステロイド【速攻】とも言う。

赤の【速攻】クリーチャーと軽量火力呪文に加え、緑の軽量高パワークリーチャーが使えるのが長所。

戦国編以降でマナ進化が主力となったため、「マナ【進化速攻】」と呼ばれることも多い。

無頼勇騎タイガ P 火/自然文明 (2)
クリーチャー:ヒューマノイド/ビーストフォーク 2000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
スピードアタッカー

密林の総督ハックル・キリンソーヤ UC 自然文明 (3)
進化クリーチャー:ドリームメイト 5000
マナ進化−自然のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
シールド・フォース
SF−自分のクリーチャーは、それよりパワーの小さいクリーチャーにブロックされない。

候補となるクリーチャー

1マナ

2マナ

3マナ

4マナ

その他

《パワフル・ビーム》ブロッカー破壊&打点増加
《火炎流星弾》主力ブロッカー破壊
《獅子幻獣砲》クロスギア対策&ミラーマッチ対策
《ボルカニック・アロー》ブロッカー破壊&ミラーマッチ対策
《デュアルショック・ドラゴン》ミラーマッチ対策。マナ進化のタネにも
《めった切り・スクラッパー》ミラーマッチ対策のS・トリガー
《破壊者 シュトルム》6000の割り振り火力を放つS・トリガー獣
《ビースト・チャージ》かなりクセが強い手札補充
《フェアリー・ギフト》大幅なコスト軽減。4マナ以上のカードを使うなら

このデッキの戦い方

【速攻】の定石通り、1ターン目からクリーチャーを展開し、絶え間ない攻撃を加えていく。

《凶戦士ブレイズ・クロー》《スナイプ・モスキート》《冒険妖精ポレゴン》などの1マナ自然クリーチャーからスタート。

2ターン目には《無頼勇騎タイガ》《斬斬人形コダマンマ》などに繋ぎ、展開を助長。
そして3ターン目には各種スピードアタッカーや、マナ進化《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》《ブレードグレンオー・マックス》をぶつける。

革命編からは侵略を活用するタイプも出現。《無頼勇騎タイガ》《情熱のD・H ユウ》攻撃する時、《音速 ガトリング》《獣軍隊 サイノス》進化して殴ることが可能。

【速攻】の中では基礎パワーが高めであり、《スーパー炎獄スクラッパー》《ハンマー・ストライク》を踏んでもなかなか止まらないのが強み。

マナ進化をフルに積む場合、呪文は8枚前後にし、きちんと考えてマナを置いていかないと、進化元が不足してデッキが回リづらくなるので注意。

1コストが増えすぎると手札消費が激しいため、《スナイプ・モスキート》《冒険妖精ポレゴン》は計4枚ほどにして1コストカードは12枚程度にするのが普通である。
《スナイプ・モスキート》を使う場合、《幻緑の双月》などのマナブーストを使うという絡め手もある。

自然は強力ウィニーのメッカであり、速さやブロッカー対策に長けるウィニーを使うか、パワーマナブーストに長ける自然のものを使うかで構成が多少変わる。プレイヤーの好みやメタ次第だろう。

弱点

オーソドックスな【速攻】であるため、弱点も他のデッキと同様。S・トリガー踏むなどして攻めの手を止められると、息切れして巻き返されることが多い。

【トリガービート】【ヘブンズ・ゲート】に対しては、致命的に相性が悪いためいいカモにされやすい。幸い《早撃人形マグナム》コスト踏み倒しを規制できるため、何とかこれで対抗したい。

また、各種単色【速攻】に対しては、マナ進化マナが減りやすいこと、《無頼勇騎タイガ》などの多色が入ることで多少の色事故の可能性があること、一撃奪取によるコスト軽減が使いづらいなどの点で劣る。

一長一短なので、環境や好みに合わせて使い分けるべきだろう。

その他


【赤緑速攻】の変遷

【赤単速攻】同様、元々古くから組まれてきたデッキタイプ
DM-09までは《スナイプ・モスキート》マナ回収を生かしたやや中速ぎみの【速攻】として作られていた。

DM-10からは《無頼勇騎ゴンタ》などの高パワークリーチャーを軸にした場持ちの良いことがウリになった。

マナ進化クリーチャーが登場する以前の不死鳥編から極神編では、《ブレイブハート・ドラグーン》《早食王のリンパオ》などの3コストスピードアタッカーがその穴を埋めていた。

戦国編ではDM-28で強力マナ進化《ブレードグレンオー・マックス》《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》を獲得。メタゲームでも活躍した。

革命編では侵略の登場で【赤単速攻】などとともに強化された。《無頼勇騎タイガ》《情熱のD・H ユウ》攻撃すれば、《音速 ガトリング》《獣軍隊 サイノス》進化できるため、これまで以上に高いパワークリーチャーで押すことができる。

参考


Last-modified: 2018-11-07 (水) 23:52:25