太陽王(たいようおう)ソウル・フェニックス】

DM-12で登場した5体の王の1つ、《太陽王ソウル・フェニックス》コンセプトにしたデッキ

相性のいいファイアー・バードアース・ドラゴンを中心に構成される。

太陽王ソウル・フェニックス VR 火/自然文明 (4)
進化クリーチャー:フェニックス 13000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
進化V−自分のファイアー・バード1体とアース・ドラゴン1体を重ねた上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、一番上のカードだけがバトルゾーンから離れる。(下の2枚は別々のクリーチャーとなる)

《太陽王ソウル・フェニックス》ファイアー・バードアース・ドラゴンから進化する進化Vである。

わずか4マナにしてT・ブレイカーという打点の高さを誇るが、進化元が2体必要なので思いのほか出しにくい。基本的には《コッコ・ルピア》コスト軽減したアース・ドラゴン進化元にすることで早期の召喚を狙う。

《太陽王ソウル・フェニックス》自然を軸に組まれる。ドローソースか、《神滅翔天ポッポ・ジュヴィラ》が存在するを加えて構成されることも多い。

主要カード

進化元の候補

その他の候補

超次元の候補

このデッキの戦い方

ドラゴンを2マナ軽くする《コッコ・ルピア》を活用し、進化元となるアース・ドラゴンを素早く出す。破壊置換効果マナゾーンに行く《緑神龍カミナリズム》あたりが手頃なところで、除去されてもアドバンテージを失いづらい。

その他、《超次元フェアリー・ホール》から出せる《時空の役者カンクロウ》や、実質G・ゼロ召喚できる《ボルバルザーク・エクス》などが使用可能。

《神滅翔天ポッポ・ジュヴィラ》の登場で、墓地ファイアー・バードアース・ドラゴン進化元召喚できるようになった。その場合は《ライク・ア・ローリング・ストーム》などの墓地肥やしでサポートするのが良い。

《ジュヴィラ》を使う場合、墓地から《剛撃無双カンクロウ》《翔竜提督ザークピッチ》などの重量級を墓地に用意し、《ソウル・フェニックス》が除去されたらそれらをバトルゾーンに残すというプレイングも可能。

《太陽王ソウル・フェニックス》召喚したら、あとはひたすらビートダウンを行う。除去されても2体の進化元バトルゾーンに残せるのが利点である。

このデッキの弱点

進化Vを使う都合上、進化元を次々に除去されると苦しい。特に《コッコ・ルピア》は生命線となるので、なおさら狙われやすい。マナブーストと併用するのが無難だろう。

また、《太陽王ソウル・フェニックス》タップ状態でバトルゾーンを離れた場合、進化元タップされたままでバトルゾーンに残る。そのため、殴り返しによって完全に処理されてしまうことも珍しくない。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:49:49