大地(だいち)サイクリカ】

殿堂ゼロデュエル環境に存在する、《龍素記号Sr スペルサイクリカ》《母なる大地》のコンボでcipや呪文をループさせるデッキ。サイクリカループとも呼ばれる。

龍素記号Sr(エスアール) スペルサイクリカ SR 水文明 (7)
クリーチャー:クリスタル・コマンド・ドラゴン 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト7以下の呪文を1枚、自分の墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。そうした場合、唱えた後、墓地に置くかわりに自分の手札に加える。
W・ブレイカー
このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分の山札の一番下に置く。

母なる大地 R 自然文明 (3)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置いてもよい。そうした場合、そのマナゾーンにあるカードの枚数とコストが同じかそれ以下の、進化クリーチャーではないクリーチャーを1体、そのマナゾーンから選ぶ。そのプレイヤーはそのクリーチャーをバトルゾーンに出す。
※プレミアム殿堂

殿堂ゼロでは《母なる大地》《龍素記号Sr スペルサイクリカ》を出すと、《母なる大地》を消費せずにマナクリーチャーを踏み倒すという動きが簡単にできる。これによってcipを使いまわす無限ループデッキである。

主要カード

《母なる大地》ループパーツ、ループ始動、メタクリーチャー除去など八面六臂の動き
《蒼狼の始祖アマテラス》ループパーツ。《母なる大地》などコスト4以下の呪文を自在に打ち分けられる
《龍素記号Sr スペルサイクリカ》ループパーツ。引いてもマナに埋めることがほとんど
《ドンドン吸い込むナウ》《母なる大地》《オブラディ・ホーネット/「Let it Bee!」》をサーチしつつ除去
《マーシャル・クロウラー》盾落ちケアを兼ねたループパーツ

ブーストカードの候補

その他

《ヒラメキ・プログラム》《アマテラス》から《サイクリカ》をリクルートできる
《オブラディ・ホーネット/「Let it Bee!」》《正義の煌き オーリリア》《奇天烈 シャッフ》といった各種メタカードへの回答
《原始 サンナップ》マナを無限に起こすためのカード
《ハリケーン・クロウラー/ブレイン・チャージャー》
《水上第九院 シャコガイル》無限ブーストを活かした勝ち筋。上の二枚を採用する必要がなくなる

ループの手順

  1. 場に適当なクリーチャーがあり、マナゾーンが6マナ以上でコンボパーツ(《龍素記号Sr スペルサイクリカ》、ループさせたいクリーチャー、《ボルバルザーク・エクス》などマナ回復ができるクリーチャー)が埋まっている状態を作る。
  2. ここで《母なる大地》を唱えてマナから《サイクリカ》を出す。《サイクリカ》の効果で墓地の《母なる大地》をもう一度唱え、サイクリカをマナに戻した後ループさせたいcip持ちのクリーチャーを場に出す。その後《サイクリカ》の効果で《母なる大地》は手札に戻ってくる。
  3. 再度手札から《母なる大地》を唱えて《サイクリカ》を出し、同じ要領でマナから《ボルバルザーク・エクス》などを出す。マナが回復して《母なる大地》も手札に戻ってくるのでループを繰り返せる。

2.の時にはサイクリカ自体をもう一度出してもよいので、墓地の呪文(7マナ以下)を唱えながら回収することもできる。こうやってループを繰り返し、cipや呪文を使いまわして手札とマナを増やしながら、《黒神龍ザルバ》などの勝利手段にもっていく。
フィニッシャーには《黒神龍ザルバ》や《トンギヌスの槍》をループさせるタイプの他、いわゆる【パクリオループ】が使われることもある。また、《次元流の豪力》からの《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》を何度もループ覚醒させてドローしながらスピードアタッカーを量産するタイプもあり、このタイプは《奇天烈 シャッフ》の登場で安定性が増している。

ループに入るルートが多彩であり、5マナでも《母なる大地》《蒼狼の始祖アマテラス》《ヒラメキ・プログラム》と繋げることで、先行3ターン目に更地からループ始動が可能。
制圧されていても今引きの《アマテラス》だけでゲームエンドへ持ち込める爆発力と安定性を持ち、相手への妨害手段や妨害への対抗策を積む余裕もありデッキ全体のカードパワーが高い。
速攻対策のカードは多く積まれないが、4投されやすい《母なる大地》《ドンドン吸い込むナウ》S・トリガーを持つため、《蒼き団長 ドギラゴン剣》などで1ショットキルを狙おうものなら大抵耐えられて逆に返しのターンで1ショットキルされてしまう。
《龍素記号Sr スペルサイクリカ》登場後殿堂ゼロデュエルを象徴するデッキのひとつになっている。


参考