【単色速攻】

単一の文明のカードのみを用いた【速攻】の総称。

【速攻】では3色以上を使うデッキはほぼあり得ないため、実質的には2色の【速攻】に対する用語である。

単色ゆえに色事故は絶対に起こらず、また多色カードを使用しないため、タップインも存在しない。このため、非常にスムーズに展開できるという点で勝る。

また《鬼切丸》《クラウド・メイフライ》《暗黒秘宝ザマル》をはじめ、各種マナ武装持ちなど、単色デッキで力を発揮するカードを活用することができる。

さらに、一撃奪取サイクルの登場により、自然ではない単色デッキでも4コストクリーチャーを入れやすくなった。《早撃人形マグナム》《サイレンス トパーズ》などが出しやすくなったことで、単色デッキの平均カードパワーは上昇したといえる。

しかし欠点もいくつかある。
まず、他の色を加えられないため、特定の文明に対するメタに非常に弱い。例えば《剛厳の使徒シュライバー》《結界するブロークン・ホーン》などの影響をもろに受けてしまう。単色かつ速攻ではこれらに対する対策が非常に少ない。

また、単一の文明だけでは、その文明の弱点を補い切れないことが多々ある。例えば【赤単速攻】手札補充が苦手なため、すぐに手札が尽きてしまうが、を加えた【ガネージャビート】ならば、手札を確保しながらビートダウンし続けることができる。

2つ以上の文明で組まれた【赤緑速攻】【黒緑速攻】等に比べると性能は一長一短。好みや環境に合わせてうまく使い分けたいところである。

参考


Last-modified: 2018-10-31 (水) 13:23:04