【知新ジャスティス】

《聖霊左神ジャスティス》《龍素知新》シナジーを利用したコンボデッキ
「ジャスティスループ」、または【天門ループ】に準えて「【祝門ループ】」とも呼ばれる。

聖霊左神ジャスティス VR 無色 (7)
クリーチャー:ゴッド・ノヴァ/エンジェル・コマンド 8000+
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から5枚を見る。その中からコスト6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。残りを自分の墓地に置く。
W・ブレイカー
左G・リンク
このクリーチャーがリンクしている間、このクリーチャーはシールドをさらに1枚ブレイクする。

龍素知新(ドラグメント・イノベーション) R 水文明 (5)
呪文
コスト7以下の呪文を1枚、自分の墓地からコストを支払わずに唱える。唱えた後、その呪文を墓地に置くかわりに自分の山札の一番下に置く。

《聖霊左神ジャスティス》能力を駆使して自分の山札を5枚以下まで減らし、墓地から呪文を唱えて山札の下に戻す《龍素知新》山札を固定することで、ライブラリアウトを防止しつつ毎ターン同じ呪文を唱えることが出来る。更に特定条件下で《ウェディング・ゲート》などを絡めることで無限ループが発生し、特定の呪文を連発することも可能。
デッキカラー青黒緑のアナ・カラーに無色を加えたものが多く、稀に文明タッチされる。

主要カード

《聖霊左神ジャスティス》cipでコスト6以下の呪文を踏み倒す
《龍素知新》墓地からコスト7以下の呪文を唱える
《ウェディング・ゲート》《聖霊左神ジャスティス》を場に出す
《大地と永遠の神門》
《フォース・アゲイン》《聖霊左神ジャスティス》のcipを再発動
《連弾スパイラル》《ジャスティス》を回収するループパーツ
《ハイドロ・コミューン》
《蓄積された魔力の渦》

候補カード

《フェアリー・ライフ》コスト2のマナブースト
《ピクシー・ライフ》マナブースト+《ジャスティス》をマナ回収
《ダーク・ライフ》マナブースト+墓地肥やし
《神秘の宝箱》自然以外のカードをサーチ
《フェアリー・シャワー》マナブースト+手札補充
《カラフル・ダンス》山札を大量に削る
《怒りの赤髭 ゴセントラス/目覚めし鋼牙のブレイン》
《ストリーミング・シェイパー》
《サイバー・チューン》
《エマージェンシー・タイフーン》引かずにディスカード可能
《レアリティ・レジスタンス》チェイン・コンボの継続において、《連弾スパイラル》《ミスティック・クリエーション》が持つ役割を1枚でこなせる。チャンピオンシップによっては使用不可能
《デビル・ドレーン》シールドに埋まったキーカードを回収
《サイキック・ユー》
《黒神龍ブライゼナーガ》
《呪術と脈動の刃》《聖霊左神ジャスティス》と《龍素知新》の補助
《ホーガン・ブラスター》
《インフェルノ・サイン》
《ドレミ団の光魂Go!》
《目的不明の作戦》《龍素知新》の補助
《超次元ガロウズ・ホール》コスト踏み倒し候補となるエンドカード
《英知と追撃の宝剣》
《トンギヌスの槍》
《ロスト・ソウル》
《魔天降臨》
《光牙忍ハヤブサマル》防御札
《聖霊王アルファリオン》《ジャスティス》×4と《時空の霊魔シュヴァル》を並べることでG・ゼロ達成
《超次元の手ホワイト・ブラックホール》フィニッシャー
《夢の兵器 デュエロウ》
《テック団の波壊Go!》1ショットキル軸ならこれを途中で唱えてコスト踏み倒しメタを退かし、ダイレクトアタックを阻害させないようにしよう。S・トリガーが付いているので普通の防御札としても利用可能
《テキサス・ストーム》《聖霊左神ジャスティス》を山札とバトルゾーンを往復させcip再利用しつつシールドブレイク

無限ループの手順は以下の通り。

  1. 事前に山札《龍素知新》含む5枚以下の状態にする。
  2. 《ウェディング・ゲート》《聖霊左神ジャスティス》(A)(B)の2体を踏み倒す。
  3. 《ジャスティス》(A)の能力で《龍素知新》→墓地の《龍素知新》と経由して墓地の《ウェディング・ゲート》を唱え、新たに《ジャスティス》(C)(D)の2体を踏み倒す。
  4. 《ジャスティス》(B)で《知新》→墓地の《知新》→《連弾スパイラル》と唱え、バトルゾーンの《ジャスティス》(A)(B)(C)(D)を全て手札に戻す。
  5. 《ジャスティス》(C)で《知新》→墓地の《知新》→《ウェディング・ゲート》と唱え、再び《ジャスティス》(A)(B)を踏み倒す。
  6. 《ジャスティス》(D)で《知新》→墓地の《知新》→《ウェディング・ゲート》と唱え、再び《ジャスティス》(C)(D)を踏み倒す。
  7. 再び踏み倒した《ジャスティス》(A)で《知新》→墓地の《知新》→《超次元の手ホワイト・ブラックホール》などのループさせたい呪文を唱える。
  8. 4.に戻る。

つまり、《ジャスティス》を4体出すために必要な《ジャスティス》cipが3体分に抑えられているので、残りの1回分を好きな様に使えるというのが肝。この1回分をスタックに乗せたまま任意回数繰り返すことで、1回が100回、100回が1万回と積み重なり、実質的に墓地のコスト7以下の呪文を「トリガー能力の連続処理の過程の中で」自由自在に唱えることが可能になる。

上記のループで重要となるのは「《ジャスティス》で唱えるのは必ず《知新》」・「《知新》がデッキに残るようにする」の二点。《知新》を唱えなければ《ジャスティス》の能力解決後ライブラリアウトで敗北し、デッキに《知新》が無ければ《ジャスティス》で《知新》を唱えられない。
上記の他にも様々なループのルートが存在し、また複数の《聖霊左神ジャスティス》の効果を何度も重ね掛けするため混乱しやすく、Deadmanをしてプレイング難易度が非常に高いと言わしめるデッキでもあり、ルールに詳しいプレイヤーがいなければ効果の処理順に関するルールミスをしたまま勝敗が決まってしまうことも多々ある。

初期状態

  1. 墓地の《龍素知新》を唱えて《インフェルノ・サイン》を唱え、《夢の兵器 デュエロウ》リアニメイトする。(山札残り2枚)
  2. 墓地の《龍素知新》を3枚連続で唱える。さらに《連弾スパイラル》を唱え、《夢の兵器 デュエロウ》バウンスする。(山札残り4枚)
  3. 《夢の兵器 デュエロウ》cip解決《連弾スパイラル》《龍素知新》を引き、相手も1ドローする。(山札残り2枚)
  4. 墓地の《龍素知新》を唱えて《エマージェンシー・タイフーン》を唱える。この時《エマージェンシー・タイフーン》ドローはせずにディスカードのみを行う。ドローしてしまうと唱えなかった方の《龍素知新》を引くことになり、こちらがライブラリアウトしてしまう。この過程を3回繰り返し、《夢の兵器 デュエロウ》《連弾スパイラル》《龍素知新》の3枚を墓地に落とす。《エマージェンシー・タイフーン》が1枚しかない場合は、《インフェルノ・サイン》等を空撃ちする工程を挟む。(山札残り2枚)
  5. 初期状態に戻る。
  1. 《ジャスティス》のcip、山札の《龍素知新》で墓地の《龍素知新》を唱え、さらに墓地からの唱えた《龍素知新》の効果で《テキサス・ストーム》を唱える。
  2. 《テキサス・ストーム》で《ジャスティス》を対象に。
  3. 1に戻る。

サンプルレシピ

「デュエル・マスターズ グランプリ-5th 」ベスト8
レシピは大会事務局が公表

メインデッキ

超次元ゾーン

その他

2016年9月15日付で《フォース・アゲイン》が殿堂入りとなり、相方として名を馳せた《目的不明の作戦》も2017年7月8日に殿堂入り。さらにデッキの根幹部である《龍素知新》も2018年3月1日付で殿堂入りとなった。理論上は《邪眼右神ニューオーダー》を挟んでループに入ることが可能だが、これ以上のリペアをしてもガチデッキとしては存続することが非常に困難だと見られている。

参考


Last-modified: 2018-11-09 (金) 00:44:03