【超剛勇幻風ジャガスター】

《超剛勇幻風ジャガスター》《霊騎マルディス》を中核とし、ワイルド・ベジーズを大量展開するコントロールデッキ

超剛勇幻風ジャガスター R 光/自然文明 (4)
クリーチャー:ワイルド・ベジーズ/レインボー・ファントム 5500
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
進化−自分のワイルド・ベジーズまたはレインボー・ファントム1体の上に置く。
バトルゾーンにある自分の他のワイルド・ベジーズとレインボー・ファントムすべてのパワーは+2000される。
自分のターンの終わりに、バトルゾーンにある自分のワイルド・ベジーズとレインボー・ファントムを、好きな数アンタップしてもよい。

霊騎マルディス R 光文明 (4)
クリーチャー:アーク・セラフィム 4500
バトルゾーンにある自分のアーク・セラフィムとワイルド・ベジーズはすべて「ブロッカー」を得る。
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。

序盤はワイルド・ベジーズを展開もしくはマナブースト《雷鳴の守護者ミスト・リエス》《ハッスル・キャッスル》に繋げる。
そこからさらに大量展開をし、《霊騎マルディス》と《超剛勇幻風ジャガスター》を召喚
一斉攻撃でフィニッシュとなる。
《超剛勇幻風ジャガスター》の効果で、ワイルド・ベジーズがパンプアップするため、場を固めやすく、《光器ペトローバ》もそこまで必要でないため、結果的にデッキの圧縮に繋がる。ミスト・リエスが入るので、《光渦の守護者フォル・レガイア》を使ってもいいだろう。

序盤に展開するワイルド・ベジーズは2、3コストで固められた自然ウェーブストライカーに優秀なものが多い。

基本的にはタップキルなどではなく、大量のブロッカーで消極的にコントロールするのだが、《ダンディ・ナスオ》《護聖妖精トビ・ゴンゴン》とのコンボや、《スーパー・スパーク》を使い、タップキルでコントロールすることも可能。
どちらか一つに絞ったほうがよいだろう。
《霊騎マルディス》が除去されると、一斉攻撃で負ける可能性があるため、《ペトリアル・フレーム》で保護するとよい。

《アポカリプス・デイ》《バイオレンス・ヘヴン》を打たれると、一瞬にして自軍が壊滅するため、注意が必要。
また、パワーが固まりやすいので、《ドラゴン・シャウト》などにも注意。

このサイクル全般に言えることだが、ファンデッキとして楽しんだほうがよいだろう。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:42:11