【超次元デッドゾーン】

手札だけでなく、墓地からも侵略できるS級侵略者《S級不死 デッドゾーン》を軸にしたデッキ侵略元となる《勝利のガイアール・カイザー》を呼び出す超次元呪文を唱えるために自然をメインカラーにし、が加わる事が多い。

S級不死(ゾンビ) デッドゾーン SR 闇文明 (6)
進化クリーチャー:ソニック・コマンド/S級侵略者 12000
進化−自分の闇のクリーチャー1体の上に置く。
S級侵略[不死]−闇のコマンド(自分の闇のコマンドが攻撃する時、自分の手札または墓地にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーのパワーを-9000する。

勝利のガイアール・カイザー ≡V≡ 闇/火/自然文明 (7)
サイキック・クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター 5000
スピードアタッカー
このクリーチャーは、バトルゾーンに出したターン、アンタップされているクリーチャーを攻撃できる。
《勝利のプリンプリン》《勝利のリュウセイ・カイザー》V覚醒リンク後⇒《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》

主要カード

候補カード

このデッキの使い方

超次元呪文を唱えて《勝利のガイアール・カイザー》バトルゾーンに出して攻撃コマンド攻撃することで、《S級不死 デッドゾーン》《復讐 ブラックサイコ》侵略してハンデス除去を放つ中速コントロールデッキ
2ターン目には《フェアリー・ライフ》《ダーク・ライフ》マナブーストし、3ターン目に《解体人形ジェニー》を出す、2→4→5の流れが理想的。
切り札である《S級不死 デッドゾーン》墓地からも侵略できるS級侵略を持っているので、ただ破壊しただけでは何度でも侵略して逆に破壊し返す、まさにやられたらやり返す文明侵略者らしい立ち回りができる。
また《勝利のガイアール・カイザー》アンタップキラー能力と《S級不死 デッドゾーン》パワー低下《復讐 ブラックサイコ》ハンデスが合わさることで簡単に相手の場と手札を制圧できる。さらに《勝利のガイアール・カイザー》から侵略してcipを使い切った《S級不死 デッドゾーン》《復讐 ブラックサイコ》《超次元ガロウズ・ホール》を用いればバウンスで回収しつつ《勝利のガイアール・カイザー》を出し直し再侵略が可能。
まさにビートダウンコントロールを同時にこなせる万能型なデッキと言えよう。

弱点

デッキの構造を見れば分かる通り、侵略元となる《勝利のガイアール・カイザー》超次元呪文でしか呼べない。《解体人形ジェニー》《復讐 ブラックサイコ》進化できればまだなんとかなるが、呪文メタをされると失速は免れないだろう。また、サイキック・クリーチャーをメインに扱うデッキの宿命として、《希望の親衛隊ファンク》《暴走龍 5000GT》は天敵である。前者なら【黒単ドラグナー】《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》リアニメイトできるコストであり、後者なら【レッドゾーン】《禁断〜封印されしX〜》封印解除による疑似墓地肥やしを絡ませた奥の手で使用されることがある。これらのデッキと鉢合わせた場合は、展開される前に侵略を使いまくり、ビートダウンで押し切るべきだろう。またこれらの対サイキックのメタカードにはバウンス可能な《超次元ガロウズ・ホール》が有効。

環境において

「デュエルマ・スターカップ全国大会2015 日本一決定戦」で準優勝を果たすなどの実績を残している。
上述の通り攻守ともに優れたテクニカルなデッキではあったものの、展開を呪文に完全に依存しているという分かりやすい弱点があり、《タイム3 シド》《音精 ラフルル》などの強力な呪文メタの登場から環境から次第に失墜。
やがて《S級不死 デッドゾーン》は、よりビートダウン色を強めた赤黒デッドゾーンや【ドルマゲドンX】などのデッキで採用されていくことになる。
しかし、DMR-23《テック団の波壊Go!》《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》を獲得。上記の呪文メタクリーチャーの採用率が低下すると共に、ある程度環境上で活躍するデッキタイプとなった。《復讐 ブラックサイコ》の殿堂入り後はサーチカードの採用も主流化している。

サンプルレシピ

2015年全国大会「デュエルマ☆スターカップ」オープンクラス決勝トーナメント準優勝
レシピは大会事務局が公表

メインデッキ

超次元ゾーン

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 01:30:12