【転生オルテギア】

《転生プログラム》を使用し、最速4ターン目に強力なクロスギアがついた《神武の精霊オルテギア》を登場させるコンボデッキ。

神武の精霊オルテギア VR 光文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、クロスギアを1枚、自分のマナゾーンまたは墓地からバトルゾーンに出してもよい。そのクロスギアをこのクリーチャーに、コストを支払わずにクロスする。
W・ブレイカー

転生プログラム R 水文明 (3)
呪文
S・トリガー
クリーチャーを1体選び、破壊する。そうした場合、そのクリーチャーの持ち主は自分自身の山札の上から、進化クリーチャーでないクリーチャーが出るまでカードを表向きにする。そのプレイヤーは、出たクリーチャーをバトルゾーンに出し、表向きにしたそれ以外のカードを持ち主の墓地に置く。
※プレミアム殿堂

主に併用されるクロスギア《バジュラズ・ソウル》《ペトリアル・フレーム》など。前者の場合マナを2枚破壊しながらT・ブレイクをしてくるクリーチャーが4ターン目に降臨し、後者の場合はパワー6000でW・ブレイカーアンタッチャブルクリーチャーが4ターン目に登場する。

理想の流れは3ターン目に《パルピィ・ゴービー》など山札操作系クリーチャーを召喚して適当なカード→クロスギア→《神武の精霊オルテギア》という順番に山札を組み替え、4ターン目に《転生プログラム》を使用して墓地にクロスギアを落としつつ《神武の精霊オルテギア》を場に出すというもの。

うまく決まるとそれだけでデュエルの勝敗が決することもあるぐらい強力だが、逆に事故ると立て直しがキツくなる。

  • 2ターン目に《予言者ファルシ》召喚から3ターン目に《転生プログラム》を使用するというパターンもある。この場合コンボが決まるかどうかは運任せであるが、《予言者ファルシ》の能力で《転生プログラム》を回収できるという長所がある。
  • どうしても山札操作を行いたいのであれば1ターン目に《シナプス・キューブ》を使用するという方法もある。

参考


Last-modified: 2018-11-12 (月) 00:32:52