【闘龍鬼ジャック・ライドウ】

《闘龍鬼ジャック・ライドウ》から《超竜バジュラ》を初めとする各種進化ドラゴンをサーチして進化するデッキ。

闘龍鬼ジャック・ライドウ UC 火文明 (5)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/ティラノ・ドレイク/サムライ 5000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中から、このクリーチャーと同じ種族をひとつでも持つ進化クリーチャーを1体選び、相手に見せてから手札に加える。その後、山札をシャッフルする。

候補として優秀な《超竜騎神ボルガウルジャック》《九龍騎神ドラン・ギレオス》の存在、マナブーストによるバックアップのために黒赤緑で組まれる事が多い。

《コッコ・ルピア》によるコスト軽減や各種マナブーストを用いて《闘龍鬼ジャック・ライドウ》を召喚、《超竜バジュラ》等をサーチして高速召喚する。

主要カード

《闘龍鬼ジャック・ライドウ》コンセプトカード
《コッコ・ルピア》必須。ライドウのサーチ先の高速召喚を可能に

進化ドラゴンの候補

自然の候補

闇の候補

その他の候補

このデッキの使い方

《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》からスタートし、《解体人形ジェニー》《ライフプラン・チャージャー》に繋ぐ。
もしくはコスト軽減《コッコ・ルピア》を出す。

その後《闘龍鬼ジャック・ライドウ》を出して進化ドラゴンサーチマナが貯まりしだい進化してビートダウンを開始する。

殿堂入り進化ドラゴン《超竜バジュラ》を安定して召喚できるのが強みである。
《九龍騎神ドラン・ギレオス》《闘龍鬼ジャック・ライドウ》から進化すればハンデス除去が可能。除去されない限り制圧し続けられる。

このデッキの弱点

大型進化クリーチャーを使う都合上、一発の除去に対して脆い。進化元除去されたりS・トリガー《デーモン・ハンド》《アクア・サーファー》などを踏むと再展開に手間取ってしまう。

また、黒赤緑で組まれる都合上手札が枯渇しやすい。ハンデスを連続して喰らったりすると苦しいだろう。守りも手薄になりやすいので、ビートダウンの相手も厳しい。


その他

殿堂入りカードの《超竜バジュラ》の召喚をかなり安定させられることがこのデッキの魅力の一つ。見方を変えれば【ターボバジュラ】リペアとも取れる。

参考


Last-modified: 2018-11-18 (日) 01:03:12