【白青黒赤ライブラリアウト】

白は、青は、黒は、赤はを指し、それらのカードによって構成される、ライブラリアウトを勝ち筋におく【除去コントロール】デッキ

聖拳編当時メタゲームの中心デッキだった【アクアンホワイトブラック】、各種【速攻】デッキ、新興勢力の【ボルバルステロイド】【ボルバルブルー】らに対抗するため、【青黒赤ライブラリアウト】DM-11で登場した《魂と記憶の盾》《宣凶師ベリックス》などの光クリーチャーを投入してできたデッキタイプである。

その後、プレミアム殿堂でライブラリアウトが全規制されるまで、環境によって少しずつ構成を変えていきながら、常にメタゲームの一角を占めていた。
ある意味ライブラリアウトデッキの最終完成系とも言える。

魂と記憶の盾(エターナル・ガード) VR 光/水文明 (3)
呪文
マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。
バトルゾーンにある、進化クリーチャーでないクリーチャーを1体選び、裏向きにして持ち主のシールドに加える。
※殿堂入り

ライブラリアウトの手段はマナ、墓地回収を絡めて山札破壊呪文を使い回す、というオーソドックスな方法を継承しているが、相手クリーチャーに対しての防御手段は全体除去からブロッカーにかかる比率が大きくなっており、《ブラッディ・イヤリング》程度しか優秀なブロッカーを揃えられなかった【青黒赤ライブラリアウト】に比べて格段に粘り強い。

文明の役割は大きく分けて

光:ブロッカー、呪文回収
水:ドローソース、呪文回収
闇:ライブラリアウト呪文、確定除去ハンデス
火:全体除去、各種S・トリガー

となっていて、新たなカードが増えるたびによりよいパーツを当てはめ、グッドスタッフ的構成をとっていた。

ロスト・チャージャー R 闇文明 (3)
呪文
自分または相手の山札を見る。その中からカードを1枚選び、持ち主の墓地に置いてもよい。その後、そのカードの持ち主は山札をシャッフルする。
チャージャー(この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く)
※プレミアム殿堂入り

現在ではライブラリアウト系カードは根こそぎプレミアム殿堂になってしまったためこのデッキタイプは消滅したといっていい。制限されていないカードでなんとかライブラリアウトを狙うこともできなくないが、わざわざ勝ち手段を山札切れに頼らずとも、フィニッシャー型の【除去コントロール】を組んだ方が強いだろう。

デッキを動かすノウハウ自体は残っているため、動きはフィニッシャー型、ライブラリアウト型両方の各種【除去コントロール】デッキに継承されている。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 00:57:58