【白青赤ドギラゴン剣】

《蒼き団長 ドギラゴン剣》系列のデッキの一種で、構築をウィニーの防御・メタ性能、果ては《武闘世代 カツキングJr.》能力に特化させたアーキタイプ。DMRP-04魔期に流行し始めた、【赤青ドギラゴン剣】の亜種。

蒼き団長 ドギラゴン剣 LC 火/自然文明 (8)
クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団 13000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
革命チェンジ―火または自然のコスト5以上のドラゴン
自分の多色クリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
T・ブレイカー
ファイナル革命―このクリーチャーが「革命チェンジ」によってバトルゾーンに出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、コストの合計が6以下になるよう、進化ではない多色クリーチャーを好きな数、自分のマナゾーンまたは手札から選び、バトルゾーンに出す。

武闘世代 カツキングJr. SR 光/火文明 (8)
クリーチャー:アウトレイジMAX/レッド・コマンド・ドラゴン/ハムカツ団 10500
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
革命チェンジ:光または火のコスト5以上のドラゴン
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。その後、このクリーチャーは相手のシールドを1つブレイクする。

タイム3 シド UC 光/水文明 (3)
クリーチャー:エンジェル・ドラゴン/革命軍/ドレミ団 4000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
革命チェンジ−光または水のクリーチャー
相手の呪文を唱えるコストは2多くなる。

主要カード

《蒼き団長 ドギラゴン剣》1ショットキルの要
《“龍装”チュリス》革命チェンジ
《勝利のアパッチ・ウララー》打点補強の要
《プラチナ・ワルスラS》ドローソース兼サブフィニッシャー
《武闘世代 カツキングJr.》シールド追加によって打点計算を狂わせ、cipアタックトリガーブレイクコスト踏み倒しメタをケア
《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》序盤はコスト踏み倒しを規制。終盤は呪文ロック。クリーチャー面が優先であり、大抵は呪文面を使う前に殴り切ってしまう
《守護炎龍 レヴィヤ・ターン》打点補強の要。単色のウィニーにもアクセス可能

候補カード

《海底鬼面城》パーツ収集、《2nd》のG・ゼロ達成要因
《タイム1 ドレミ》キャントリップ、《ラフルル》への革命チェンジ元、進化元。いざという時に《ドギラゴン剣》の踏み倒し先にもなれるので非常に用途が広い
《タイム3 シド》呪文メタ。革命チェンジ、《ドギラゴン剣》による呼び出しなど、運用性はピカイチ
《月光電人オボロカゲロウ》手札交換による事故回避、《ラフルル》への革命チェンジ元。赤青ドギラゴン剣よりも手札交換範囲の期待値が高い
《異端流し オニカマス》強力なコスト踏み倒しメタにして上質なウィニー。《単騎連射 マグナム》と相互補完的
《ゴーゴー・ジゴッチ》山札の上から5枚を見てドラゴンサーチ
《勝利の道標レティーシャ》サイキックリクルートが無条件である点で《ウララー》とは差別化可能。赤青ドギラゴン剣とは異なり光のマナ基盤になる部分も
《音精 ラフルル》《オニカマス》や《単騎連射 マグナム》と合わせれば相手は実質逆転不能に。
《単騎連射 マグナム》《ラフルル》との並びで安全な勝利を目指す。
《エメラル》シールド交換が付いた《ラフルル》への革命チェンジ元。
《スパイラル・ゲート》確定バウンス
《終末の時計 ザ・クロック》の定番S・トリガー
《ドンドン吸い込むナウ》万能サーチ、除去。S・トリガー
《爆殺!! 覇悪怒楽苦》SSTによるコスト踏み倒し先が少ないので単純な除去S・トリガーとしての運用が主体
《閃光の守護者ホーリー》シールド追加のおかげで比較的安定してタップキル要因として利用可能
《天災超邪 クロスファイア 2nd》《オボロカゲロウ》と《海底鬼面城》の複合により、やや遅いが踏み倒しはある程度自在
《Dの牢閣 メメント守神宮》防御用S・トリガー。素出しも楽
《光牙忍ハヤブサマル》色の合う汎用防御札

超次元ゾーン

《勝利のガイアール・カイザー》ドギラゴン剣のチェンジ元としては非常に優秀
《ガイアール・カイザー》相手の手札だった場合。素でスピードアタッカーを持つW・ブレイカー
《勝利のリュウセイ・カイザー》相手の手札//だった場合。打点強化とマナ妨害札
《紅蓮の怒 鬼流院 刃》自然に対応するW・ブレイカー
《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》に対応するW・ブレイカー
《時空の司令 コンボイ・トレーラー》ハンターサイキック獣では貴重な多色ブロッカー
《勝利のプリンプリン》//自然に対応する汎用性の高いサイキック獣。コントロール風に立ち回るとしたら多めに搭載することになるだろう
《レッド・ABYTHEN・カイザー》選ばれたら相手にオールランデス。コントロール力を上げるためにはこれが適任
《ヴォルグ・サンダー》《シド》が刺さる相手にはこれも刺さるが、キルターンを考えるとライブラリアウトプランは取りづらいか

サンプルレシピ

「超CS II」優勝

メインデッキ

超次元ゾーン

デッキの回し方


概要

初期型

構築、プレイングの流れとしては基本的に赤青ドギラゴン剣を多少なれど踏襲しており、弱点の多くも共通しているが、コンセプトとしてはの色が強く出る傾向にある。

単純なビートダウンとしては色が少ない赤青ドギラゴン剣の方が勝るが、《武闘世代 カツキングJr.》シールド追加から《閃光の守護者ホーリー》S・トリガーで踏み倒すことによるタップキル、パワーの差で《熱湯グレンニャー》を一方的に殴り返せる《タイム1 ドレミ》の存在など、ほぼ同型である赤青ドギラゴン剣への優位がうかがえる。

《タイム1 ドレミ》《タイム3 シド》の8枚体制を行っている構築の場合、サイキック・リクルーターが引けなくともそれらを踏み倒すことによって強引に1ショットキルを行うことが可能。

超CS II以降

序盤は《奇石 ミクセル》で相手のコスト踏み倒しを牽制しつつ《ゴーゴー・ジゴッチ》で必要パーツをサーチ、《“龍装”チュリス》から革命チェンジして、《蒼き団長 ドギラゴン剣》《守護炎龍 レヴィヤ・ターン》→3コスト以下のウィニーの3連鎖で1ショットキルを仕掛ける。相手のコスト踏み倒しメタがあれば、《守護炎龍 レヴィヤ・ターン》《終末の時計 ザ・クロック》を呼び出し、相手のコスト踏み倒しメタの能力を解決する前にターンの残りをとばす

ミラーマッチの場合は《Dの牢閣 メメント守神宮》を絡めたロングゲームになることもあるので、こちらも《“龍装”チュリス》から《Dの牢閣 メメント守神宮》へ3→4と繋げるために《蒼き団長 ドギラゴン剣》のファイナル革命でマナを減らさないことを心掛ける必要が時にはある。

この頃になると《卍 デ・スザーク 卍》S・トリガーで退かしてからサーチで必要パーツを持ってくることができる《ドンドン吸い込むナウ》が必須レベルになった。

また、DMRP-07期の環境を意識した場合、《守護炎龍 レヴィヤ・ターン》に特化するなら《Dの牢閣 メメント守神宮》などのロングゲーム用のカードは削り、コスト踏み倒しメタはより攻撃性の高い《異端流し オニカマス》を優先するとよい。


環境において

2018年7月14日の殿堂レギュレーション改訂で【赤青ドギラゴン剣】が弱体化したため、《タイム1 ドレミ》《タイム3 シド》を積める点でそちらに取って代わるようになった。

超CS IIでは《守護炎龍 レヴィヤ・ターン》を軸にした型が著名になり、優勝を果たしている。

参考


Last-modified: 2018-11-07 (水) 23:48:46