【白青赤ミッツァイル】

《BAKUOOON・ミッツァイル》を主軸としつつデッキを呪文《Wave All ウェイボール》シナジーに寄せたアーキタイプ。DMRP-10期に成立。【赤白ミッツァイル】とはメインデッキのパーツが《ナゾの光・リリアング》《BAKUOOON・ミッツァイル》《Dの牢閣 メメント守神宮》程度しか共通せず、派生形とは言い難いほぼ別物のデッキとなっている。

Wave All ウェイボール MAS 水文明 (2)
クリーチャー:トリックス/ワンダフォース 5000
このクリーチャーは攻撃できない。
各ターン、自分がはじめて呪文を唱えた時、GR召喚する。
クリーチャーの能力によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。
BAKUOOON・ミッツァイル SR 火文明 (9)
クリーチャー:ビートジョッキー/ワンダフォース 9000
このクリーチャーを召喚する時、自分のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。こうして破壊したクリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを召喚する時に破壊されたクリーチャー1体につき、GR召喚する。
自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。

主要カード

候補カード

超次元ゾーン

超GRゾーン

このデッキの回し方

まず《Wave All ウェイボール》を立てる。それからドローソースGR召喚呪文などで盤面と手札を整え、毎ターン《Wave All ウェイボール》のGR召喚を発動する。準備ができたら《BAKUOOON・ミッツァイル》を召喚し、1ショットキルする。《マグ・カジロ》《「本日のラッキーナンバー!」》を唱えてカウンターを封じることができると尚良い。

邪魔なブロッカーは《Dの牢閣 メメント守神宮》のDスイッチや《叡智の聖騎士 スクアーロ》で処理する。

長所

ドローソースが少なくないので事故率は低めで、ブロッカー対策もばっちりのデッキである。

【ロマノフシャコガイル】との対面では《蝕王の晩餐》の「3」を《「本日のラッキーナンバー!」》で宣言するだけでカウンターを封じることができる。

GRクリーチャーの多くがコスト4なので一見すると《奇石 ミクセル》を前にワンテンポ遅れそうだが、《KAMASE-BURN!》で普通に除去することができる上に、着地を妨害されたことによる遅れを《Wave All ウェイボール》の展開力で取り戻すことが可能。

短所

呪文メタ全体除去には弱い。一応軽量のコスト増加系の呪文メタなら《スチーム・ハエタタキ》で何とかできるが、汎用性の低いそちらを投入すべきかどうかは別の話。

大型クリーチャーを再利用困難なゾーンへ除去することが不得手。《イグゾースト・II・フォー》は除去が付いているといってもあくまでも足止めしかできず、《知識と流転と時空の決断》もバウンスである。せいぜい《Dの牢閣 メメント守神宮》によるタップキルで破壊する程度しか再利用しづらいゾーンへ飛ばす手段がない。

《「本日のラッキーナンバー!」》で防ぎ切れないほど受け札が厚いデッキもキツイ。

参考