【白青緑コントロール】

白、青、緑はそれぞれ自然を指し、それらのカードによって構成されたコントロールの総称。
【クリーチャーコントロール】コンボデッキである場合が多い。

【白緑コントロール】をベースに【白青コントロール】の要素を加えたデッキ《雷鳴の守護者ミスト・リエス》を軸としつつも水のドローや、自然のマナブーストの効果で多角的なアドバンテージを取りつづけ相手を圧倒するスタイルである。

白緑コントロールに比べると、《陽炎の守護者ブルー・メルキス》のようなを含む多色や、《エナジー・ライト》をはじめとした手軽なドローソースが積めるのが強み。

雷鳴の守護者ミスト・リエス UC 光文明 (5)
クリーチャー:ガーディアン 2000
他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。

このデッキドローマナブーストなど自分のアドバンテージをとりにいくばかりで、ハンデスランデスなどの相手の妨害が苦手だったためアクアンホワイトブラック?などの入りの方が優勢であったが、《クローン・バイス》などの強力な闇呪文の殿堂入りによってこのカラーのデッキも見直されるようになった。

ハンデス除去を中心にした一般的なコントロールを行うならばを使った方が安定する。こちらはドロー自然マナブーストマナ回収呪文サルベージを活かし、何らかのコンボを行うなど、別の方向性を模索していきたい。

なお、には《パクリオ》には《巡霊者キャバルト》などが存在し、完全にハンデスが不可能なわけではない。
また、除去に関しても《パニック・ルーム》などのシールド送り《アクア・サーファー》などのバウンス自然《父なる大地》などのマナ送りがある。
《湧水の光陣》によるリアニメイトや、《天真妖精オチャッピィ》《再誕の社》からのマナ回収墓地カードを再利用することも可能であり、かなり器用な動きができる。

有名なデッキタイプには【ラララオプティマス】【不滅オロチ】がある。やはりコンボデッキに向いていると言えるか。

  • マイナーな理由も、一般的なコントロールにはハンデス除去が必要不可欠であり、それらを扱うためにはのカードを入れた方が効率が良いためである。このデッキタイプも弱いと言い切れる訳では無いが、純粋なコントロール型がそれほどの戦績を残せていない所を見ると、コンボファンデッキ特化として使われ続けるのであろう。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 01:17:54