【白単ドラグハート】

ドラグハートドラグナーを駆使して戦う【クリーチャーコントロール】

真・龍覇 ヘブンズロージア R 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン/ジャスティス・ウイング/ドラグナー 5500
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト3以下のドラグハート1枚、または、光のコスト5以下のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
マナ武装 5:自分のマナゾーンに光のカードが5枚以上あれば、バトルゾーンにある自分の光のクリーチャーはすべて「シールド・セイバー」を得る。

真聖教会 エンドレス・ヘヴン ≡V≡ 光文明 (5)
ドラグハート・フォートレス
自分のクリーチャーが破壊された時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加えてもよい。
龍解:自分のターンの終わりに自分のシールドの数が相手のより多ければ、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。
龍解後⇒《真・天命王 ネバーエンド》

各種ジャスティス・ウイングエンジェル・コマンド・ドラゴンを中心に組まれる。《一撃奪取 アクロアイト》コスト軽減したり、《ドラゴンズ・サイン》でのコスト踏み倒しを狙っていく。

《真・龍覇 ヘブンズロージア》マナ武装や、《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》コスト踏み倒しを有効に利用するために白単で組まれる。

手札補充に関しては《ジャスティス・プラン》エスケープで賄えるのであまり問題は無い。

クリーチャーの候補

呪文の候補

ドラグナーの候補

ドラグハートの候補

|《真聖教会 エンドレス・ヘヴン》|自分のクリーチャー破壊されるとシールド追加|

このデッキの使い方

ウィニーを展開したのち、各種ドラグハートを出して戦闘を補助していく。

ドラグハート・フォートレス《真聖教会 エンドレス・ヘヴン》は自分のクリーチャー破壊された時にシールド追加ができる。これは《真・龍覇 ヘブンズロージア》マナ武装シナジーしており、シールド・セイバーシールドを守りつつシールドを増やすことができる。

この能力などでシールドの枚数を相手より多くできれば、龍解して《真・天命王 ネバーエンド》になる。
この状態になると、自分のドラゴン攻撃するたびに相手クリーチャーを1体フリーズできる。さらに真・エスケープで増やしたシールド手札に加えられるので、能力を無駄なく活用できる。

この能力は特にビートダウンに対して有効。《真・龍覇 ヘブンズロージア》から《真聖教会 エンドレス・ヘヴン》を出してしまえば、お互いの能力シールドを増やしつつ守りを固めることができる。

《真・龍覇 ヘブンズロージア》《ドラゴンズ・サイン》から出せるので、相手の攻撃を利用してS・トリガーコスト踏み倒しを行うこともできる。

あまり攻撃を行わない相手には《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》ブロッカーコスト踏み倒しする。ターン終了時にブロッカー1体を手札から出せるので、こちらも展開の補助に役立つ。

自分のターンのはじめに自分のブロッカーが3体以上あれば龍解して《天命讃華 ネバーラスト》になる。
この状態では、自分のクリーチャーすべてのバトルに勝つようになり、お互いの以外のコスト5以下の呪文を封じる。さらに、こちらもエスケープを持つので、シールド手札に加えることで除去を逃れることができる。

カードらしく守備にかけてはどのカードも一級品であるため、うまくデッキを組んでやりたい。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 01:12:30