【白単速攻】

文明カードのみで構成された【速攻】/ビートダウンデッキ
コスト3以下の光クリーチャーを主に組まれ、《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》で手札補充しつつ戦う。
《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》などのイニシエートで相手の呪文を封じられ、《純潔の翼 メダロス》といったジャスティス・ウイングのおかげでアタッカーの場持ちが良いのが強み。
主要のデッキパーツは収録弾こそバラバラなものの、大半はレアリティが低く再録されたカードも多いため安価で組めるのも特徴。

共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス VR 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン 7000
ブロッカー
シンパシー:光のコスト3以下のクリーチャー(このクリーチャーの召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分の光のコスト3以下のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは1より少なくならない)
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分の光のコスト3以下のクリーチャー1体につき、カードを1枚引いてもよい。
W・ブレイカー

瞬封の使徒サグラダ・ファミリア UC 光文明 (2)
クリーチャー:イニシエート/ハンター 1500
このクリーチャーがタップされている時、相手は呪文の「S・トリガー」能力を使えない。

純潔の翼 メダロス R 光文明 (2)
クリーチャー:ジャスティス・ウイング 2000
マナ武装 3:このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンに光のカードが3枚以上あれば、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、タップしてもよい。
マナ武装 5:このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、そのパワーが0より大きく、自分のマナゾーンに光のカードが5枚以上あれば、このクリーチャーはバトルゾーンを離れるかわりにとどまる。

今まで文明には軽量クリーチャーこそ多かったものの、【速攻】を組むなら他の色を加えた方がよく、白単色で【速攻】を組む意義はほとんどなかった。
しかし《サイレンス トパーズ》を筆頭に、同じくDMR-09で登場した《剛厳の使徒シュライバー》や、DMR-07《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》を使うことで、相手の呪文をほとんど封殺しながら殴れるようになり、白単も一つの強力なデッキタイプとなった。

主要カード

《希望の親衛隊ラプソディ》《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》《剛厳の使徒シュライバー》《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》とできれば理想的。呪文を用いる相手ならば《サイレンス トパーズ》を採用して、《希望の親衛隊ラプソディ》《一撃奪取 アクロアイト》《サイレンス トパーズ》を狙ってもよい。

候補カード

1コスト

2コスト

3コスト

その他

基本的には【速攻】らしく序盤から攻め込んでいけばよい。
白単の強みは相手の呪文を封じながらビートダウンが行えることで、超次元呪文などによる反撃はほとんど恐れずに攻めていける。【ヘブンズ・ゲート】等強力な呪文S・トリガーが多い相手ならば、基本的に《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》から攻撃することになる。そうでなければ、S・トリガー獣はどの道防げないので積極的に攻撃しよう。
ブロッカー《束縛の守護者ユッパール》《光牙忍ライデン》《クイック・スパーク》など様々な手段で封じることができる。また文明なので当然優秀なブロッカーを扱うこともでき、他の【速攻】に対して有利なのも特徴。

弱点は、強みが呪文メタであるがゆえに、クリーチャー中心のデッキに対しては主要カードがあまり効力を発揮しないこと。【マーシャルビートダウン】【トリガービート】等、S・トリガー獣が豊富なデッキが相手だとどうしようもない。その場合は何とか速さで押し切るしかない。
また、《サイレンス トパーズ》の効果は本人のターンにしか及ばないため、自分が攻撃する際のS・トリガー呪文はトパーズだけでは防げない。システムクリーチャーが多い都合上、万が一《めった切り・スクラッパー》など踏んでしまうと、他の【速攻】以上に立て直しがつらい。パワーラインが低いため、《火焔タイガーグレンオー》を踏むとかなり致命的。
また、基本的にタップフリーズでしか相手クリーチャーに関与できないのも厳しい。上述のパワーラインの低さもタップ&デストロイを難しくしている。相手の数が少なければそのまま押しきれることも少なくないが、《剛厳の使徒シュライバー》《サイレンス トパーズ》が間に合わず、そのまま超次元呪文除去られながらサイキック・クリーチャーを展開され続けると辛い展開となる。

総じて、環境に左右されやすいデッキタイプである。呪文中心の環境であれば猛威を振るうだろう。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:11:32