【白緑ツインパクト】

《コンダマ/魂フエミドロ》の能力を活かすためにデッキの大半をツインパクトで固めた【白緑コントロール】マナブーストマナゾーンからのコスト踏み倒しなど、豊富に用意したマナゾーンのリソースを利用して息切れを防ぎ、果ては罠金乱舞でのカウンターを行う。

新章デュエル・マスターズ双極篇の2ブロック構築下で存在するデッキ

コンダマ P 自然文明 (4)
クリーチャー:グランセクト 4000
ツインパクトカードを自分のマナゾーンに置いた時、自分のマナゾーンにあるカードを1枚アンタップする。
魂フエミドロ P 自然文明 (3)
呪文
自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。それがツインパクトカードなら、自分の山札の上からもう1枚、マナゾーンに置く。

虹出づる繭 ミノガミ SR 自然文明 (6)
クリーチャー:グランセクト 7000
このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。
W・ブレイカー
自分のターンのはじめに、ツインパクトカードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。
自分のマナゾーンにあるツインパクトカードをすべての文明のカードとして扱う。
帝の目覚め SR 自然文明 (3)
呪文
カードを1枚、自分の墓地からマナゾーンにタップして置く。その後、ツインパクトカードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

主要カード

《コンダマ/魂フエミドロ》核。クリーチャー面はアンタップ生成を担い、呪文面は3コストで最大2マナブースト
《レレディ・バ・グーバ/ツインパクト・マップ》初動。このデッキでは《アヴァラルド》を除けば何でもサーチできると言ってもよい
《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》序盤はコスト踏み倒しメタとして、終盤は詰めの呪文ロック札として
《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》このデッキの初動マナブースト
《天雷の導士アヴァラルド公》このデッキではこのカード以外なら何でも手札補充できる
《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》テンポアドバンテージを取りづらいため、クリーチャー面のロック性能を中心にするつもりで1枚積みにするのが吉
《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》呪文面のS・トリガーが中心
《無双の縛り 達閃/パシフィック・スパーク》クリーチャー面は大量展開メタ。呪文面は3マナオールタッパー
《龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ》相手の盤面に干渉しつつマナゾーンからコスト踏み倒し
《超機動罠 デンジャデオン/地獄極楽トラップ黙示録》カウンター戦術の要
《ナ・チュラルゴ・デンジャー/ナチュラル・トラップ》cipまたトラップ呪文詠唱トリガーでコスト踏み倒し。7マナパワー12000のマッハファイターとしても有用
《虹出づる繭 ミノガミ/帝の目覚め》《デンジャデオン》の罠金乱舞に使うトラップ呪文や《ジャミング・チャフ》マナ回収
《キング・ザ・スロットン7/7777777》コストが重複しやすいデッキへの対策。2枚以上入れると腐る恐れがある

このデッキの回し方

序盤はサーチ手札補充で必要パーツを集めつつ、《奇石 ミクセル》を立てたり《レッツ・ゴイチゴ》を打ったりする。かき集めた《魂フエミドロ》を連打して一気にマナを伸ばしたり、《コンダマ》を立ててソリティアのようにリソースを稼いだするのが理想の流れ。

相手の除去やハンデスに対してはマナ回収やマナゾーンからのコスト踏み倒しでケアし、ビートダウン《超機動罠 デンジャデオン》罠金乱舞で牽制。十分体制が整ったらマナ回収で《ジャミング・チャフ》を引きこんでそのまま詰める。

長所・短所

登場時の2ブロック環境で言えば【デ・スザーク】には有利。増えたマナで妨害をケアすることができ、大した除去耐性の無い相手クリーチャーはマッハファイターやマナ送りによって対処可能。ただし無月の門持ちは、罠金乱舞で処理することによってマナ増やした状態でターンを渡さないようにすることができなければ、増えたマナから展開されてそのまま首が締まることも。

防御S・トリガーである呪文面が豊富に揃っているので、ビートダウンを受けるのは比較的容易。だが、言い換えると防御をS・トリガー呪文にある程度依存しているため、《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》を絡めて押してくる相手は苦手。


その他

DMBD-08の自然大暴走の方はこのデッキの雛型に最適といっても過言ではない。

2018年全国大会エリア代表決定戦北東北大会ベスト16に残ったデッキはこのアーキタイプであった。

参考


Last-modified: 2018-12-06 (木) 17:53:59