【武者ワンショット】

《ボルメテウス・武者・ドラゴン》《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》《バルケリオス・武者・ドラゴン》シナジーを活かした1ショットキルデッキ

大量のドラゴンを並べて一気にシールドブレイクする。

ボルメテウス・武者・ドラゴン SR 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドを1枚、墓地に置いてもよい。そうした場合、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。

竜装 ザンゲキ・マッハアーマー R 火文明 (4)
クロスギア:サムライ
このカードがどのクリーチャーにもクロスされていない時、自分のドラゴンとサムライ・クリーチャーの召喚コストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。
このカードがドラゴンまたはサムライにクロスされている時、バトルゾーンにある自分のドラゴンとサムライ・クリーチャーのパワーは+2000され、「スピードアタッカー」を得る。
このカードは、コストを支払わずに《ボルメテウス・武者・ドラゴン》にクロスしてもよい。

バルケリオス・武者・ドラゴン P 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/サムライ 6000
G・ゼロ−バトルゾーンに自分の《ボルメテウス・武者・ドラゴン》があれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
バトルゾーンにある自分のドラゴンはすべて、種族にサムライを追加する。
W・ブレイカー

《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》コスト軽減から《ボルメテウス・武者・ドラゴン》召喚し、無料でクロス

同時にG・ゼロ《バルケリオス・武者・ドラゴン》召喚すれば《バルケリオス・ドラゴン》の条件も満たし、爆発的な展開ができる。《バルケリオス・武者・ドラゴン》は自分のドラゴンサムライを付与するのでうまく展開することができれば《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》まで出せてしまう。

《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》《ボルメテウス・武者・ドラゴン》クロスことで自分のドラゴンサムライはすべてスピードアタッカーになるので、展開したクリーチャーで一気に攻撃して勝負を決める。

大量のドローが必要不可欠のため、主にの2色で組まれる。《ディメンジョン・チョーカー》による大量墓地回収活かして青黒赤で組まれることも。

主要カード

候補カード

このデッキの動かし方

1ターン目から《海底鬼面城》要塞化するなど、序盤からドローソースをフル活用して必要な手札を集める。

4ターン目には《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》を出し、コンボに備える。手札に十分な量のドラゴンが揃ったら《ボルメテウス・武者・ドラゴン》召喚。そこから、《バルケリオス・武者・ドラゴン》《バルケリオス・ドラゴン》《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》G・ゼロで踏み倒す。

最後に《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》を《武者・ドラゴン》か《剣誠・ドラゴン》に無料でクロス。するとドラゴンサムライが全てスピードアタッカーになるので、そのまま殴って1ショットキルを決める。

仮にS・トリガーを踏んで止めを刺し切れなくなっても、数が並んでいるのでそのまま押し切ることができるだろう。

理想的な動きは以下

1ターン目:《海底鬼面城》要塞化
2ターン目:《シークレット・クロックタワー》《エマージェンシー・タイフーン》ドロー
3ターン目:《エナジー・ライト》でさらにドロー
4ターン目:《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》ジェネレート
5ターン目:《ボルメテウス・武者・ドラゴン》召喚G・ゼロ《バルケリオス・武者・ドラゴン》召喚G・ゼロ《バルケリオス・ドラゴン》召喚召喚数に応じて《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》G・ゼロ召喚《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》効果スピードアタッカー化した複数のドラゴンで殴りきる。

弱点と対策

《ボルメテウス・武者・ドラゴン》《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》に大きく依存するコンボデッキのため、《解体人形ジェニー》《パクリオ》などのピーピングハンデスに弱い。《武者・ドラゴン》と《ザンゲキ》は全ての起点になるカードであり、意地でも握っておきたい。

《ゴースト・タッチ》などランダムのハンデスならば、《翔竜提督ザークピッチ》を投入することで逆利用できる。《アクア・アンカー》《エマージェンシー・タイフーン》《斬隠蒼頭龍バイケン》を投入してマッドネスで防御と手札補充を同時にこなすという芸当も可能である。

コスト踏み倒しを多用するので、《早撃人形マグナム》《ウソと盗みのエンターテイナー》は天敵。出されたら速やかに除去できるようにしたい。

《天使と悪魔の墳墓》も天敵。大半のカードが4枚積みになるためである。よく相手を見極め、時にはセーブしつつ展開するプレイングも必要である。


その他

参照


Last-modified: 2018-12-05 (水) 15:30:51