【変換アマテラス】

【アマテラスエンジン】【変換エンドレス】の融合と呼べる即死コンボデッキ
しかし、一般的な《蒼狼の始祖アマテラス》のエンジンとは違い、《フォース・アゲイン》《氷牙レオポル・ディーネ公》などの流れは使わなくともよい。
そもそも《フォース・アゲイン》と変換が絶望的に噛み合わない(マナにいくため、アマテラスのcipを使い回せないから)ため、一般的なアマテラスデッキとは構成が異なる。

生命と霊力の変換 UC 闇/自然文明 (5)
呪文
S・トリガー
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このターン、このカード以外のカードが自分の墓地に置かれる時、そのカードを墓地に置くかわりにタップして自分のマナゾーンに置く。

基本は【変換エンドレス】である。

基本的な流れ

1. 《ラブ・エルフィン》《氷牙フランツI世》などからスタートして呪文を軽くする。
2. 6マナ溜まったところで4コストになった《生命と霊力の変換》を唱える。その後、2コストになった母なる〜系もしくは《緊急再誕》からアマテラス降臨
3. アマテラスで山札のすべての母なる〜系を撃ち、すべてマナに埋める。最後に《悪魔の契約》を撃ち、10枚ほどドローする。
4. この時点で相手を圧倒する二桁以上のマナ・手札が手に入っているが、次のターンに何らかの手段で《ハリケーン・クロウラー》を出し、あとは変換エンドレスの要領で勝利。

違和感無く《アマテラス》を組み込んだ、【変換エンドレス】のほとんど上位版と言える性能を持つ即死コンボデッキである。
とはいえ、《母なる大地》《母なる紋章》をなるべくフルに使うデッキであるため、それらがプレミアム殿堂殿堂入りされた後はかなり弱体化する。
《母なる紋章》一枚でも苦心して回らないことはないのだが、非常に厳しい。その場合、《呪術と脈動の刃》などを駆使して選択肢を広げたほうがいいだろう。

参考


Last-modified: 2018-11-09 (金) 00:56:06