墓地(ぼち)ソース】

《百万超邪 クロスファイア》の登場により考案されるようになり、《暴走龍 5000GT》の登場で一気にメタ格に食い込むほどの躍進を見せた墓地利用デッキの総称。
基本的にはまたはを中心に組まれ、はタッチ気味に投入されるが、《百万超邪 クロスファイア》のほかに積むアタッカーや、《暴走龍 5000GT》を搭載するかしないかで構成は大きく変わる。そのため、どちらかといえば「《百万超邪 クロスファイア》が早めにでてくるビートダウンデッキ」というイメージで差支えない。
とはいえ、墓地が増えるほど強力なカードを出しやすいことや《盗掘人形モールス》の存在から従来のビートダウンに比べて破壊に強い側面を持ち、非常に強力である。

百万超邪(ミリオネア) クロスファイア P 火文明 (7)
クリーチャー:アウトレイジ 7000+
G・ゼロ−自分の墓地にクリーチャーが6体以上あり、自分の《百万超邪 クロスファイア》がバトルゾーンになければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
スピードアタッカー
パワーアタッカー+1000000(攻撃中、このクリーチャーのパワーは+1000000される)
W・ブレイカー

暴走龍(ライオット) 5000GT ≡V≡ 火文明 (12)
クリーチャー:アウトレイジ 12000
このクリーチャーを召喚するコストは、自分の墓地のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは1より少なくならない。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、サイキック・クリーチャーを全て破壊する。その後、パワー5000以下のクリーチャーを全て破壊する。
誰もパワー5000以下のクリーチャーを召喚できず、サイキック・クリーチャーをバトルゾーンに出すことができない。
スピードアタッカー
T・ブレイカー

主要カード

候補カード

カード名役割
《アクア・メルゲ》手札交換墓地肥やし要員
《一なる部隊 イワシン》墓地に落ちればタダで手札交換
《戦略のD・H アツト》手札交換墓地肥やし要員
《【問2】ノロン↑》
《フェイト・カーペンター》
《シンカイタイフーン》
《禍々しき取引 パルサー》
《日曜日よりの使者 メーテル》
《盗掘人形モールス》墓地回収要員
《白骨の守護者ホネンビー》墓地肥やし墓地回収ブロッカー
《埋葬の守護者ドルル・フィン》墓地肥やしブロッカー
《学校男》墓地肥やし除去
《堕魔 ドゥポイズ》
《双砲 ロードスター》墓地肥やし、ビートダウン要員
《プラチナ・ワルスラS》手札補充、ビートダウン要員
《疾封怒闘 キューブリック》条件を満たせばノーコストバウンス
《暗黒鎧 ダースシスK》代替コストとして3枚の墓地肥やし
《終末の時計 ザ・クロック》防御用S・トリガー
《唸る鉄腕 ギリガザミ》
《炸裂の影デス・サークル》
《黒神龍オドル・ニードル》
《地獄門デス・ゲート》
《熱血龍 バトクロス・バトル》
《撃髄医 スパイナー》
《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》
《エメラル》シールド交換S・トリガーを仕込む
《アクア・スーパーエメラル》同上 ブロッカー
《インフェルノ・サイン》リアニメイトS・トリガー
《光牙忍ハヤブサマル》シノビ 墓地回収と合わせて使いまわす
《怒りの赤髭 ゴセントラス/目覚めし鋼牙のブレイン》手札補充墓地肥やしをしつつ《天災超邪 クロスファイア 2nd》G・ゼロ条件を満たす
《新世界 シューマッハ》
《追憶人形ラビリピト》《5000GT》召喚に反応して全ハンデス
《“轟轟轟”ブランド》手札がこのカードのみならG・ゼロ
《堕魔 グリール》アタックトリガーで墓地を肥やすNEOクリーチャー
《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》クリーチャー面でコスト踏み倒しメタ対策、呪文面でロックかつ墓地肥やし
《龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢》墓地のクリーチャーの数を参照するコスト軽減かつcipでのパワー低下、呪文面で墓地肥やし
《カツラデランス/「アフロ行きま〜す!!」》手札交換しつつ実質2枚の墓地肥やし

ベースとなるカードは上に挙げたようなカードたちであるが、【ヴィルジニアリアニメイト】との混合タイプや、アウトレイジの種族シナジーを生かしたタイプ、《ヒラメキ・プログラム》を使って高速で墓地を肥やしてくるタイプなどバリエーションは豊富である。以下は、フィニッシャーの一例。

フィニッシャー

序盤は《戦略のD・H アツト》《フェイト・カーペンター》を始めとした各種手札交換カードを使い墓地を溜める。この過程でフィニッシャーである上記2体が墓地に行ってしまうこともあるが、あとで《白骨の守護者ホネンビー》《盗掘人形モールス》等で墓地回収できる。
理想の流れとしては
2T目に《戦略のD・H アツト》
3T目に《フェイト・カーペンター》
4T目に《白骨の守護者ホネンビー》
と繋いで《百万超邪 クロスファイア》を呼び出す。その後は、増えた墓地を利用しつつ攻撃していく。

初期は【メルゲループワンショット】に近い構成だったが、《アクア・メルゲ》《盗掘人形モールス》殿堂入りに伴い、《金属器の精獣 カーリ・ガネージャー》ビートダウンを仕掛けつつ、《百万超邪 クロスファイア》《暴走龍 5000GT》に繋ぐタイプが主流となった。

DMR-11《天災超邪 クロスファイア 2nd》が登場してからは、《スクランブル・タイフーン》《日曜日よりの使者 メーテル》によって《天災超邪 クロスファイア 2nd》《百万超邪 クロスファイア》を手札に呼びつつ、両方のG・ゼロを同時に満たして攻めるタイプも登場した。《疾封怒闘 キューブリック》の存在もあり、「《スクランブル・タイフーン》を唱えるだけでバトルゾーンクリーチャーを1〜3体バウンスしつつ、スピードアタッカーW・ブレイカー持ちが2体並ぶ」という超強力なビートダウンが可能だった。

上記のコンボが強力すぎたためか、2014年5月24日付けで《疾封怒闘 キューブリック》殿堂入り。それからは元のように墓地を肥やしつつ《金属器の精獣 カーリ・ガネージャー》《百万超邪 クロスファイア》《暴走龍 5000GT》でビートダウンを仕掛けるフルクリーチャー気味の構成が主流となり、ドラゴン・サーガ環境でも結果を残している。DMR-13で登場した超強力フィニッシャー《熱血星龍 ガイギンガ》《百万超邪 クロスファイア》で殴り返せるところ、ドラグナーサイキック・クリーチャーのほとんどを《暴走龍 5000GT》で封殺できるところも環境にマッチしている。

基本的には墓地肥やしが主戦術であるため、墓地を更地にする《お清めトラップ》《サイバー・N・ワールド》《埋没のカルマ オリーブオイル》を使われると展開が遅れてしまい厳しくなる。また、《疾封怒闘 キューブリック》殿堂入りしてからは相手クリーチャーの除去手段が乏しくなったため、殲滅返霊持ちの《時空の封殺ディアス Z》に完封されることが増えた。
しかしながら、デッキ全体としてビートダウン力が非常に高いために、《百万超邪 クロスファイア》さえ出せれば物量で押し切れてしまうこともよくあるのが、このデッキが環境に残った理由だろう。

その後、DMD-22で殴れるホネンビーとも言える《夢幻騎士 ダースレイン》が登場し、最速で4ターンキルが可能なまでに速効性が増した。進化元になれるクリーチャーであり、墓地肥やしも行える《オタカラ・アッタカラ》も注目されている。

DMR-23期には《プラチナ・ワルスラS》《【問2】ノロン↑》を、そしてDMRP-01期には《異端流し オニカマス》をそれぞれ獲得。
これらは《夢幻騎士 ダースレイン》と異なりオーソドックスなタイプの【墓地ソース】の構築をほとんど崩さずそのまま挿すことができる。
これらによって相手のコスト踏み倒しを封じつつ、ドローと墓地肥やしのついでに5ターン程度で殴り切ることができるようになった。防御性能、安定感、攻撃性の3つが同時に増した点からこれらのカードの登場は大きな転機であった。

更にDMRP-03では更なる新規戦力《一なる部隊 イワシン》《爆撃男》を獲得。特に《イワシン》の存在は大きく、殿堂入りした《アクア・メルゲ》の様に流れるように墓地を肥やすことが可能になった。
一部トッププレイヤーの積極的な宣伝もあり、再び環境上位に舞い戻る事になる。大半のパーツが数多く採録されておりフィニッシャーたる5000GTを何とかすれば構築難易度は易いという事、デッキの動きやギミック自体も簡単という事もあり、なかなか流行しているデッキと言える。

2018年3月1日の殿堂レギュレーション改訂では構築によって出張することがあった《単騎連射 マグナム》《音精 ラフルル》が殿堂入りとなるが、元々なくても十分に環境で戦えたので大した弱体化にはならなかった。

同時期のDMRP-04魔にてスーパー・S・トリガークリーチャーリアニメイトする《撃髄医 スパイナー》を投入しているデッキも現れはじめた。

2018年7月14日には《プラチナ・ワルスラS》が殿堂入りし、手札を貯めこみつつ墓地を肥やす戦法は困難になった一方、それによって空いた3ターン目に《埋葬の守護者ドルル・フィン》《終焉の開闢》等を使用することでいかに早く墓地を肥やすかが重要になった。《戦略のD・H アツト》《【問2】ノロン↑》進化元にする必要性も薄れたことで、《暗黒鎧 ダースシスK》も注目されている。
また、手札の消費が激しいことを逆手にとって《“轟轟轟”ブランド》が採用されるようになった。
他にはツインパクトと言う特性上、呪文唱えることでクリーチャーも確実に1枚墓地に送り込める《「アフロ行きま〜す!!」》《勇愛の天秤》にはないメリットを持った新たな墓地肥やしとして注目されている。

このように主に赤黒型が模索されておりそうしたリペア型のチャンピオンシップ上位入賞が相次いだが、2018年8月11日の超CS IIでベスト8入賞を果たした構築は青黒赤構築であり、《終焉の開闢》《追憶人形ラビリピト》などの闇単色、《龍装者 バルチュリス》《“乱振”舞神 G・W・D》のような火単色を組み込みつつも、基本は《プラチナ・ワルスラS》殿堂入り以前のように水のカードを中心としたものであった。当該プレイヤーは《龍装鬼 オブザ08号》によるコントロールという意味合いがあったと話している。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:07:22