【脈城神帝】

神帝専用のコスト踏み倒し能力を持った《新月の脈城オリジナル・ハート》を使用した神帝デッキDMC-63 「ルナティック・ゴッド」はこのデッキの雛型である。

新月の脈城オリジナル・ハート P 水/闇文明 (5)
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
自分のゴッドをバトルゾーンに出した時、カードを1枚引いてもよい。
自分のクリーチャーが攻撃する時、名前に《神帝》とあるゴッドを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。

各種手札補充手札交換墓地肥やし神帝手札または墓地に集め、クリーチャーの連続攻撃から《新月の脈城オリジナル・ハート》能力及び神帝リンク時の効果を使用し、一気に神帝完成を狙う。
非常に高い爆発力を持ち、G・リンクした神帝除去耐性を持っていることも相まって、スーパーデッキ・ショックシリーズの派生デッキながら十分に強力なデッキタイプである。

主要カード

候補カード

《電脳妖魔メルゲイナー》神帝がいれば攻撃時ドロー
《戦略のD・H アツト》手札交換によるソース確保
《アクア・メルゲ》手札交換によるソース確保
《クゥリャン》ドロー付きウィニー
《セブ・コアクマン》大きく山札を掘るドロー付きウィニー
《ルナ・リボルバーホイール》連続攻撃可能なクリーチャー
《エマージェンシー・タイフーン》手札交換
《エナジー・ライト》手札補充
《フォーチュン・スロット》

《新月の脈城オリジナル・ハート》要塞化する前に、できるだけ多くの神帝を確保しておくのが重要。神帝手札に保つのが難しくとも墓地にあれば《神帝ムーラ》で回収できるため、単純なドロー以外にも、手札交換でソース確保を早め山札を掘り進めるようにしておくと速度・安定性ともに向上し、絡め手や小回りも効く。そもそも《新月の脈城オリジナル・ハート》がなければスタートそのものが出来ないため、総合的に山札からソースを確保する要員を多く求められる。
また、《新月の脈城オリジナル・ハート》を起動させるには攻撃出来るクリーチャーが必要となる。3体クリーチャーがいれば神帝完成を狙えるため、ソース確保はもちろんのこと場もしっかり並べておきたい。

《神帝ムーラ》《神帝マニ》等はコストが軽いため、あらかじめ展開しておくのも良い。

《セブ・コアクマン》は手札に神帝をかき集めつつも《新月の脈城オリジナル・ハート》を掘り出すことが出来、強力かつ強固な基盤を作り上げることが出来る。手札に入らない神帝も手札に入る《神帝ムーラ》で回収することが出来るため、結果として神帝ソースを大量に手元に用意出来、安定性・爆発力ともに大きく向上させる。《新月の脈城オリジナル・ハート》につながるマナカーブや、自身が《新月の脈城オリジナル・ハート》の効果起動するための打点となることからも極めて相性がいい。
《ルナ・リボルバーホイール》は脈城の効果で神帝が展開されるたびアンタップされるので複数打点を1体で確保出来る。かわりに良質かつ大量の手札を要するものの、打点にまわすデッキスロットを空けることが出来、打点を並べる手間を軽減出来る。ただし、結果としてシステムのこのクリーチャーへの依存度が高くなるため、除去が刺さりやすくなる・ソース確保の上で《ルナ・リボルバーホイール》を立てる手間を要するなど、構築は極めて難しい。それでも爆発力は魅力的で、派手さはピカイチ。強みを生かした上で安定性のあるデッキを作るとこが出来れば一気に躍進する。

通常の神帝デッキの場合バトルゾーンに出した神帝は即リンクさせるのが定石だが、このデッキの場合《新月の脈城オリジナル・ハート》の起動要員であるクリーチャーの数を用意したいことから、G・リンクさせないほうが良いことも間々ある。しかしその場合火力などの除去に耐性が薄くなってしまうので、相手のデッキをよく見て、除去が打たれそうであればリンクしてしまっても構わない。目指すはあくまでも神帝の完成なので、そこを忘れずに試合を構築したい。

また、このデッキ神帝を含めたクリーチャーが極めて並びやすく、《新月の脈城オリジナル・ハート》起動のために積極的に攻撃していくことから、ビートダウンとしての性質を持つ。そのため、もたついてまで無理に神帝の完成を狙うよりも並んだ場で押し切ってしまう方が直接勝利につながる時が多い。上記に、目指すはあくまでも神帝の完成とはしたものの、さらに言えば真に目指すは試合の勝利なので、そこは見失わないようにプレイしたい。

神帝完成を覚醒条件とする《時空の脅威スヴァ》/《神の覚醒者サイキック・スヴァ》だが、オーバーキル感が否めなく運用も難しい。しかし《超次元リバイヴ・ホール》墓地神帝回収でき、低コストサイキック・クリーチャーや《激天下!シャチホコ・カイザー》で殴り手を手軽に増やすことができるので、ついでに差し込んでおくと案外覚醒の機会に恵まれるため損はない。実際、《時空の脅威スヴァ》/《神の覚醒者サイキック・スヴァ》覚醒したらオーバーキル故に勝ち確であり、完成した神帝もスパーク系・《クロック》等で止まりやすくなっている上に、返しのターンで《プリンプリン》での凍結や、高速化した環境特有の手痛い反撃で敗北につながることも多々あるので、実用性は十分にある。

またデッキの核である《新月の脈城オリジナル・ハート》要塞化するシールドがなくなってしまうと非常に苦しい戦いとなる。対策するならばルナティック・ゴッドの様にS・トリガーを増やすなど工夫が必要だろう。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 01:25:21