【悠久チェンジ】

《蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド》の能力でシールドを増やし、減った山札《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》で回復しつつ時間稼ぎし、伸びたマナなどを活かしてフィニッシュを行うデッキ。デッキカラーは青緑だが、の比率を極力高める構築が主流。
デッキ自体は遅くとも革命ファイナルにすでに存在していたが、DMBD-02の発売と共に青緑のカラーが大幅に強化されたと共に環境デッキへの仲間入りを果たす。新章デュエル・マスターズ環境での強烈な地雷デッキとしての立ち位置を確立した。

蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド SR 水文明 (7)
クリーチャー:ポセイディア・ドラゴン 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札の枚数を数えてからすべて捨てる。その後、自分のシールドをすべて手札に加える。(ただし、その「S・トリガー」能力は使えない) その後、こうして捨てた手札1枚につき、自分の山札の上から1枚ずつ、裏向きのままシールドに加える。
W・ブレイカー

悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス P 火/自然文明 (8)
クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター/エイリアン 8000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
相手がコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを持ち主のマナゾーンに置く。
このクリーチャーがどこからでも自分の墓地に置かれる時、かわりにこのクリーチャーと自分の墓地を山札に加えてシャッフルする。

主要カード

《蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド》
《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》
《電脳鎧冑アナリス》青の比率を下げずに積める初動マナ加速
《フェアリー・シャワー》ドローとマナ加速をこれ1枚で行える。《アナリス》と同じ理由で積まれる
《怒流牙 佐助の超人》手札交換、マナ加速、マッドネス起動。ニンジャ・ストライク5を持つ
《水晶の記憶 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》ビッグマナ御用達の万能サーチ
《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》リソース確保、防御の要
《英雄奥義 スパイラル・ハリケーン》条件付きだが全体バウンスが可能。《サイバーダイス・ベガス》の踏み倒し先
《超次元ガロウズ・ホール》味方のcip再利用、敵の除去、サイキック獣展開など抜群の汎用性を誇る超次元呪文

候補カード

《異端流し オニカマス》色の合う強力なコスト踏み倒しメタ
《ブレイン・ストーム》《エビデゴラス》の龍解補助、《悠久》の手札落ちケア
《ストリーミング・シェイパー》3マナで最大4枚手札補充
《パクリオ》言わずと知れたデッキ御用達のハンデス
《奇天烈 シャッフ》序盤の妨害の要
《ハリケーン・クロウラー》タイミング次第ではタダ同然の大量マナ回収に
《龍素記号Sr スペルサイクリカ》単色のパワーカード
《龍覇 M・A・S》《エビデゴラス》を呼び出す
《斬隠蒼頭龍バイケン》強力無比なマッドネス《時の法皇 ミラダンテXII》革命チェンジ元にも
《テック団の波壊Go!》強力な全体除去《伝説の禁断 ドキンダムX》のメタ。S・トリガーが合わないのが難点か
《終末の時計 ザ・クロック》通常の状況ではまず1ターンを凌げるS・トリガー

超次元

フィニッシャー

《ヴォルグ・サンダー》定番ライブラリアウト手段
《オールデリート》決まれば勝ち確
《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》邪魔者を予め《スパイラル・ハリケーン》や《バイケン》で退かして使おう
《時の法皇 ミラダンテXII》終盤に出しても十分強いファイナル革命持ち
《勝利宣言 鬼丸「覇」》ビッグマナではお馴染みのフィニッシャー
《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》

このデッキの使い方

序盤はマナ加速を行う。中盤はビートダウンが相手ならさらにマナを伸ばすか、シールドがなければ《蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド》の能力でシールドを増やす。コントロールが相手なら《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》《龍覇 M・A・S》で体勢を整えると良かろう。

フィニッシャーは《ヴォルグ・サンダー》《オールデリート》《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》など、ビッグマナで扱うカードなら何でも利用できると言っても良い。増えたシールドを保険にして、オーソドックスな【5色フェアリー・ミラクル】と同じように《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》《勝利宣言 鬼丸「覇」》を並べて1ショットキルを目指しても良い。

長所

とにかく受けが強く、ビートダウンやハンデスに対しては強気に出ることができる。青黒ハンデス超次元?モルト NEXT?が大暴れしている新章デュエル・マスターズ環境に食い下がるのは、そういう意味で必然と言える。
《怒流牙 佐助の超人》《フェアリー・シャワー》で早期にあっさり7マナまで伸びて《蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド》が間に合うケースが少なくない上に、《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》から踏み倒した呪文で盤面は処理できるため、3ターンキルが横行するような速攻に対しては「殴り切られたら負け」と割り切って構えても不適切ではない。
青を軸としているため恒久的にバトルゾーンから離しておく手段が乏しいが、邪魔なクリーチャーは《奇天烈 シャッフ》で足止めしてしまえば良い。
シールドが増えるので、フィニッシュに窮した場合はシールドに防御を任せて無造作にあるだけのクリーチャーで攻撃を仕掛けるのもアリ。

短所

《蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド》を活かすための手札が整う前に《父なる大地》《デュエマの鬼!キクチ師範代》などでバトルゾーンに引きずり出されるとコントロール力が発揮できなくなる。

ハンデスに強いといってもそれはあくまで《斬隠蒼頭龍バイケン》で食い下がれるという意味であって、手札が切れると《蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド》が途端に腐るので、大量ハンデスはさすがに対処しきれない。

しかし何と言っても大変なのがプレイング。基本的に臨機応変なプレイングが求められるため、テンプレ的な回し方にこだわるとその持ち味を殺してしまうこともある。


その他

  • 遅延の限りを尽くすデッキなので、相手方に理解がない限りカジュアルプレイでは嫌われやすいデッキタイプ。一見すると時間切れを狙ってシールドの枚数差で判定勝ちを狙うデッキに見えるので、大会でも不興を買いかねない。尤も、時間を意識すれば制限時間内にフィニッシュに持ち込むことはまるで不可能ではなく、このデッキの完成系の考案者は明確にシールド差で判定勝ちするデッキであることを否定している。
  • 重要な裏テクニックとして、《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》のイラストを全て変えて置く事が奨励されている(枠やイラストの使用が再録される毎に変わる)。サーチやドローなどの回収を繰り返すこのデッキは、常にデッキを高速で回転させるのが持ち味。デッキ内における《フォーエバー・プリンセス》の位置を常に確認する為に、自分が簡単に区別できるようにする為である。
  • 「デュエル・マスターズグランプリ-5th」でベスト64に入賞したデッキのレシピは悠久チェンジから《蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド》を抜きつつもそのデッキのノウハウをそのまま生かした青緑コントロールとなっている。悠久チェンジとはあくまでデッキカラーに基づく方法論、プレイングによって、個々のカードのスペックを極限まで引き出す青緑コントロールに過ぎず、《蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド》の存在は絶対不可欠という訳ではない。そのことがこの結果によって明らかになっている。

参考


Last-modified: 2018-11-18 (日) 20:06:42