【竜脈噴火】

《竜脈噴火》を使ったランデスデッキの一種。

竜脈噴火 R 火文明 (8)
呪文
バトルゾーンにある自分の自然のクリーチャー1体につき、相手のマナゾーンから1枚選び、持ち主の墓地に置いてもよい。

雷鳴の守護者ミスト・リエス UC(R) 光文明 (5)
クリーチャー:ガーディアン 2000
他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。

ハッスル・キャッスル R 自然文明 (5)
城−自分のシールドをひとつ選び、このカードを付けて要塞化する。 その要塞化されたシールドがシールドゾーンから離れた時、このカードを自分の墓地に置く。(「S・トリガー」能力を使う場合は、このカードを墓地に置く前に使う)
自分のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。
この城を付けて要塞化したシールドが他の城によって要塞化されていなければ、そのシールドが相手のクリーチャーにブレイクされる時、かわりに自分のシールドを1枚手札に加えてもよい。

キーカードとなる《竜脈噴火》文明効果の対象になる自然文明、大量展開の軸として文明《雷鳴の守護者ミスト・リエス》を組み合わせた白赤緑で構成されることが多い。

基本的な戦法は、マナブーストから《雷鳴の守護者ミスト・リエス》及び《ハッスル・キャッスル》による大量展開に持ち込み《竜脈噴火》を打ち込むというもの。

DM-24で登場した《幻染妖精リリアン》がいれば、クリーチャー《竜脈噴火》に参照されるので、《雷鳴の守護者ミスト・リエス》と並ぶ重要なデッキパーツと言える。

幻染妖精(げんせんようせい)リリアン UC 自然文明 (3)
クリーチャー:スノーフェアリー 2000
バトルゾーンにある自分の火のクリーチャーと光のクリーチャーはすべて、自然のクリーチャーでもある。
バトルゾーンにある自分の他の自然のクリーチャーすべてのパワーは+1000される。

また、青赤緑《西南の超人》《大神秘ビシャモン》コスト軽減と、《剛撃戦攻ドルゲーザ》ドローを利用して自然クリーチャーを大量展開するタイプもある。

大神秘ビシャモン SR 自然文明 (7)
進化クリーチャー:ジャイアント/サムライ 5000
マナ進化−自然のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
自分の自然クリーチャーを召喚するコストを最大2少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。

とくに《大神秘ビシャモン》はすべての自然クリーチャーコスト軽減してくれるので、可能な限り投入したい。
また《ボルバルザーク・エクス》の投入によりマナの再利用も期待できる。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 15:13:04