(みどり)ジョーカーズ】

DMRP-07で登場した自然ジョーカーズを中心に組むビートダウンデッキで、タッチすることもある。【自然ジョーカーズ】とも呼ばれる。Jチェンジバトルゾーンマナゾーンのクリーチャーを交換しながら強力なクリーチャーを展開していく。

ドンジャングルS7 SR 自然文明[ジョーカーズ] (8)
クリーチャー:ジョーカーズ 8000+
マッハファイター
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、パワー7000以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
バトル中、このクリーチャーのパワーを+6000する。
相手のクリーチャーが攻撃する時、可能ならこのクリーチャーを攻撃する。

ソーナンデス VR 自然文明[ジョーカーズ] (6)
クリーチャー:ジョーカーズ 7000
マッハファイター
Jチェンジ8
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから手札に戻す。

候補カード

主要Jチェンジ要員

クリーチャーJチェンジ用途
《タイク・タイソンズ》4場を離れた時に1マナ加速
《シューズッキュン》4マッハファイター。ミクセルやオニカマスと相打ちする役目も考慮するなら。
《シロイヌムサシ》6場を離れた時に2マナ加速して1マナ山札の下へ。
《グレープ・ダール》6マッハファイターcipマナ交換。
《ソーナンデス》8マッハファイターで敵を殴りつつ、手札を捨ててマナ回収。
《ジャンゴ・ニャーンズ》8NEO進化。Jチェンジ先を強化しながらJチェンジ。
《スコプンプン》10マナ送り持ち。10コストへチェンジできるのはこれだけ。

自然

《ガガガン・ジョーカーズ》クリーチャーサーチ呪文。自然の比率を高めたい場合は《ジョジョジョ・ジョーカーズ》より優先できる。
《オラオラ・ジョーカーズ》マナ加速と条件付きでドローが出来る呪文
《メイプル超もみ人》cipでブースト。
《天体かんそ君》cipでブースト+山札操作。
《バングリッドX7》マナ召喚で展開の補助。
《ニルバーナー》非常に優秀な除去獣。
《虫取りアーミー》ハンデスメタ。このデッキならマナ加速からの素出しも余裕。
《ドンジャングルS7》フィニッシャーマッハファイター+中型展開+相手の攻撃を抑制。
《オラマッハ・ザ・ジョニー》フィニッシャー。マスター・マッハファイター呪文対策で攻防に活躍。
《パック・リーマン》強力な除去獣。主に《ジョット・ガン・ジョラゴン》のタネに。
《ジョラゴン・ビッグ100》同上。同コスト帯へ多大な被害を与える。
《ラドン・ベップバーン》フィニッシャー。タダ出しへのロックと効果バトル、展開力強化を持つ。

無色

《ジョジョジョ・ジョーカーズ》《トレジャー・マップ》のようなサーチ呪文
《ジョジョジョ・マキシマム》フィニッシャー呪文。マナ加速を行うので条件達成は他のジョーカーズより楽。
《ヤッタレマン》ジョーカーズコスト軽減
《ポクチンちん》cipで墓地リセット、コスト踏み倒しを妨害。
《ガヨウ神》cipで大量ドロー
《ヘルコプ太》
《あたりポンの助》相手クリーチャーを無力化。ドンジャングルS7から展開出来る。
《ジョット・ガン・ジョラゴン》フィニッシャー。ジョラゴン・ビッグ1手札から捨てたジョーカーズcipを使える。
《キング・ザ・スロットン7/7777777》展開補助及び相手依存のS・トリガー付き除去札。
《バイナラドア》非常に優秀な除去獣。

概要

序盤は軽量クリーチャーによるブーストで素早くマナを確保して、そのまま一気に大型クリーチャーを呼び出してフィニッシュに持ち込む。Jチェンジはマナからクリーチャーを引っ張るため、必要なカードを意識してマナに溜めておく必要がある。

理想的な流れは、2ターン目に《タイク・タイソンズ》召喚、3ターン目に《メイプル超もみ人》を出して+1マナ、さらにタイソンズの攻撃でJチェンジを発動して《天体かんそ君》にチェンジ、これでタイソンズが離れた時の能力と合わせて+2マナが溜まる。4ターン目のマナチャージで合計で7マナに達するので、大型クリーチャーを素出ししたり、あるいは《ソーナンデス》《ジャンゴ・ニャーンズ》などのJチェンジ8持ちから《ドンジャングルS7》などの大型を展開していく。必要なカードがない場合は《ジョジョジョ・ジョーカーズ》で適宜サーチする。

長所・短所

無色の【ジョーカーズ】よりマナの貯まり方が早いので、これまで敬遠されがちだったファッティも採用出来るのが強みである。またマナの数以下の踏み倒しを妨害する《奇石 ミクセル》のようなシステムクリーチャーもある程度は克服出来るようになっている。採用するウィニーの多くはcipマナブーストした時点で一仕事が終わっているため、全体除去ウィニーを一掃されても立て直しが効きやすい。

コスト4、5帯のJチェンジ4〜6持ちは、ブーストによって上位種が呼び出せるため基本的に入らない。
強力なマナ加速持ちの《シロイヌムサシ》《グレープ・ダール》でギリギリといった処。一応、こちらも《ヤッタレマン》《メイプル超もみ人》から繋がる。

弱点は《グングン☆マグネットマン》などのマナブーストメタ。ブーストした後であれば《ソーナンデス》等のマッハファイターで除去出来るが、加速する前に立たされると展開が大きく遅れて不利となる。またマナ加速にデッキの枠を割いた分だけS・トリガーなどの防御が薄くなっているので、こちらが展開する前に先に殴られると脆い。

環境において

DMRP-07期では自然ジョーカーズだけで組むとパワー不足であり、必然的に無色ジョーカーズデッキに入った。特に強力な《ジョット・ガン・ジョラゴン》擁する【ジョット・ガン・ジョラゴン】と自然ジョーカーズを合体させる形になっていたため、【緑ジョラゴン】と呼ばれる事もあった。この場合はジョラゴン・ビッグ1のアシストに《アイアン・マンハッタン》を入れて3色となる事もある。

DMRP-08期において【ジョーカーズ】系統の最大多数であったが、DMEX-04期になると自然のジョーカーズ単体ではマッハファイターくらいでしか相手に干渉できないことから勢いが衰え、旧来の緑をタッチした【ジョット・ガン・ジョラゴン】が多数派になった。

デュエル・マスターズ全国大会2018で優勝を飾ったのも【緑ジョラゴン】である。

DMSD-08期にはGR召喚を獲得。GRクリーチャーで盤面を補強した後で《ガンバトラーG7》1ショットキルを仕掛け、《ジョジョジョ・マキシマム》《消王ケシカス》で詰める型が成立した(【GRジョーカーズ】)。

超天篇環境が始まって3か月強の間は雌伏の時を過ごしたが、2019年7月1日の殿堂レギュレーション改訂で《ガヨウ神》殿堂入りに指定されて【無色ジョラゴン】が弱体化した影響で、このデッキが相対的に強化された。

サンプルレシピ

デュエル・マスターズ全国大会2018優勝

その他

派生形には《Dの牢閣 メメント守神宮》ブロッカー化手段として、《光神龍スペル・デル・フィン》《ドンジャングルS7》から出る呪文ロックとして、《マスター・スパーク》|をカウンター札として採用したタッチコントロール型の【白緑ジョーカーズ】が存在する。これは、《ドンジャングルS7》による継続的な足止めがあるからこその芸当である。

参考