【緑単サソリス】

《龍覇 サソリス》《邪帝斧 ボアロアックス》コンボを利用する緑単デッキドラゴン・サーガ期ではビートダウン型が、革命編期ではコントロール型が結果を残した。構築の自由度が高くいずれも強力なデッキタイプである。

龍覇 サソリス R 自然文明 (6)
クリーチャー:ビーストフォーク號/ドラグナー 4000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト2以下のドラグハート1枚、または、コスト4以下の自然のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く。

邪帝斧(イビルトマホーク) ボアロアックス P 自然文明 (4)
ドラグハート・ウエポン
このウエポンをバトルゾーンに出した時またはこれを装備したクリーチャーが攻撃する時、自然のコスト5以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
龍解:自分のターンの終わりに、バトルゾーンにある自分のクリーチャーのコストの合計が20以上であれば、このドラグハートをフォートレス側に裏返してもよい。
龍解後⇒《邪帝遺跡 ボアロパゴス》
※殿堂入り

中速ビートダウン型

完全にビートダウンに特化させたタイプ。いわゆる「殴リス」と呼ばれるデッキ。

《邪帝斧 ボアロアックス》は、装備した時と装備しているクリーチャー攻撃する時にマナゾーンから5マナ以下のクリーチャーコスト踏み倒しできる。

ここで《邪帝斧 ボアロアックス》を出すのに使った《龍覇 サソリス》を適当な進化クリーチャーに重ねれば、すぐさま攻撃に移れる。

このコンボを利用してW・ブレイカー進化クリーチャーを一気に2体展開するのがこのデッキコンセプトである。

主要カード

ウィニーの候補

進化クリーチャーの候補

呪文の候補

サイキックの候補

このデッキの使い方

《幻緑の双月》《青銅の面 ナム=ダエッド》《成長の面 ナム=アウェイキ》などのマナブーストを駆使して《龍覇 サソリス》を速やかに召喚《邪帝斧 ボアロアックス》装備する。

すると《邪帝斧 ボアロアックス》能力トリガーするので、《サソリス》を適当な進化クリーチャー進化させる。そのまま攻撃に参加できるので、再びマナゾーンから進化クリーチャーコスト踏み倒し。合計2体のW・ブレイカーで攻め込んでいく。

出す候補としては、失ったマナを回復できる《ベル・ザ・エレメンタル》、相手からの殴り返しを牽制できる《諸肌の桜吹雪》コストパフォーマンスのいいマナ進化《大神秘イダ》《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》などがある。
いずれも優秀なので、選択肢には困らないだろう。

このデッキの弱点

キーカードである《龍覇 サソリス》ハンデスを狙われると弱い。《解体人形ジェニー》を使われると真っ先に落とされるのは間違いないだろう。《天真妖精オチャッピィ》マナゾーンに置いてマナ回収で再利用するといい。

また、マナゾーンカードがどんどん無くなっていくため、クリーチャー除去されてしまうと後続が続かなくなることもある。マナブーストによって回復させることも考えたい。


コントロール

こちらは完全にコントロールに寄せたタイプである。

主に《革命目 ギョギョウ》《掘師の銀》による半ロック状態で相手を足止めし、《邪帝遺跡 ボアロパゴス》クリーチャーを展開した後《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》を呼び出すことでスピードアタッカーを付与し一斉攻撃、もしくは《曲芸メイド・リン・ララバイ》を用いた無限ループライブラリアウトを狙う。

主要カード

《龍覇 サソリス》《邪帝遺跡 ボアロパゴス》を用意する
《革命目 ギョギョウ》非常に強力な防御札
《掘師の銀》上記の組み合わせで擬似的なロックを形成
《霊騎ラグマール》
《龍覇 マリニャン》コスト3ドラグハートを呼び出す万能札

候補カード

《トレジャー・マップ》初動
《霞み妖精ジャスミン》初動
《ダンディ・ナスオ》必要なパーツをマナに置く
《天真妖精オチャッピィ》S・バックによる防御兼展開札
《雪精 ジャーベル》生きるトレジャー・マップ
《青銅の面 ナム=ダエッド》cipでブースト
《S級原始 サンマッド》打点と除去、《邪帝遺跡 ボアロパゴス》下での防御の要
《獣軍隊 シュパック》マナ召喚、ホーリーメタ
《呪紋のカルマ インカ》クリーチャーのSトリガーを封殺
《侵革目 パラスラプト》マナ召喚能力を備えた強力なリカバリー札
《陰陽の舞》龍解補助
《雪精 チャケ》シールド・セイバー持ちの防御札
《次元流の豪力》龍解補助
《バロン・ゴーヤマ》ワイルド・ベジーズリクルート。龍解補助
《原始 サンナップ》マナ武装3でマナ3枚をアンタップ
《獣軍隊 ヤドック》コスト踏み倒し対策
《成長目 ギョウ》擬似シールド回収
《曲芸メイド・リン・ララバイ》無限ループのパーツ
《アラゴト・ムスビ》
《獣王の手甲》
《罠の超人》《ナチュラル・トラップ》内蔵のS・トリガー獣
《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》展開したクリーチャーをスピードアタッカー
《古龍遺跡エウル=ブッカ》S・トリガー
《光牙忍ハヤブサマル》防御札
《光牙忍ライデン》

候補ドラグハート

このデッキの使い方

序盤はマナブーストをしつつ、必要なパーツをマナゾーンに揃えていく。主に《S級原始 サンマッド》《掘師の銀》《侵革目 パラスラプト》《雪精 チャケ》などから相手のデッキタイプに合わせて仕込んでいく。

《革命目 ギョギョウ》を着地させることで相手に圧力をかけ、場をコントロールしつつ《龍覇 サソリス》《雪精 ジャーベル》を用いてクリーチャーを展開していき、打点を形成して総攻撃する。

《革命目 ギョギョウ》《掘師の銀》コンボはもちろん、《邪帝遺跡 ボアロパゴス》下での《天真妖精オチャッピィ》など防御手段も豊富であり、もし全体除去や立て続けのハンデスなどを受けても《侵革目 パラスラプト》で墓地を逆にリソースに変えるなど非常に粘り強いデッキタイプである。

このデッキの弱点

自然単色なうえ《ダイヤモンド・ソード》などの対抗手段がないため《調和と繁栄の罠》《龍素記号Sr スペルサイクリカ》で回されると非常に苦しい。また小型が多いため、《メガ・マグマ・ドラゴン》《暴走龍 5000GT》なども脅威である。

また必要な準備が整う前にシールドを空にし、《獣軍隊 ベアッサー》《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》が《ギョギョウ》によるロックをすり抜けてくる【緑単ベアフガン】や、先攻《一撃奪取 トップギア》が決まった時の【レッドゾーン】など、速すぎるデッキに対しては気を抜くとすぐ轢き殺されてしまう。


参考


Last-modified: 2018-11-09 (金) 00:12:46